One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 屋敷林は天然のバードフィーダー by T2020/07/14

ヤブデマリの赤い実
金山里山に家を新築した約20年前、田舎に住めば放っておいても当然のように、野鳥たちが庭先にやって来てくれるものと思っていました。ところがサッパリ来てくれません。仕方なくデッキに餌皿(バードフィーダー)を置いて見ましたが、やっぱりサッパリ。

一方、薪ストーブ煙突にスズメが落ちて、薪ストーブの扉を開くと部屋中を飛び回ったりテンテコ舞い。ヤレヤレ、自然は人間の思うようにはいきません。

家の周りに雑木を移植し、樹木が年々大きくなってくると、ようやくチラホラ野鳥たちが庭を訪れてくれるようになってきました。更に樹木が大きくなった最近は、梅雨の雨宿りにも来てくれて羽根を休めています。野鳥を呼び寄せるには宿り木が必要なようです。

野鳥は赤い実に集まります。この時期ヤブデマリの赤い実がたわわに実っています。ヤブデマリは我が家の屋敷林辺縁部を占めているマント植生です。当然の如く入れ替わり立ち替わり野鳥たちが訪れてくれます。そのせいだと思われますが、近くの我が菜園では、トマトの実が食べ頃になったと思いきや、たくさん食べられてしまうようになりました。野鳥たちは訪問ついでにトマトも召し上がっていかれるようです。

やっぱり自然は人間の思うようにはいきません。

■ 雑草エクササイズ by T2020/07/13

雨に濡れるキンシバイ
先日ある人が話していました。

雑草取りは良い運動になる。しゃがんだり立ったり、これはスクワットトレーニング。ただ漫然とウォーキングするよりも、集めた雑草を運びながら歩いたりした方が、庭をきれいにしながら同時に運動にもなって一石二鳥。

ただし、雑草を根こそぎ根絶しなければと脅迫的になると強ストレスになって不健康、しかもガーデニングが長続きしない。雑草を無くすことを目標にせず雑草を抑制することを目標に。

雑草を抑制するポイントは、①種を作らせないために花を咲かせないことと、②根を太らせないために葉をつけさせないこと。だから根っこが残ってもあまり神経質にならない方がよろしい。

そして何より、雑草を抑制する最大のポイントは、③光を遮断すること。たとえ雑草を根絶したとしても、それは日当たりの良い地面を露出させることになり、新たな雑草に再び育って下さいとお願いしているようなもの。だからなるべく地面を露出させないことが大事。日光が照射されなければ逞しい雑草も繁殖できない。

地面への日光照射を遮断する効果的方法の一つが、ウッドチップや腐葉土を敷く方法。景観上綺麗だしウッドチップや腐葉土は堆肥化する。

以上、とても参考になる話しでした。

僕の所属している金山里山の会では、時々山の枝をチッパー機にて粉砕する作業を行っています。それを庭に撒けば運動にもなり雑草抑制にも。

雑草を使ってエクササイズに汗を流しましょう。

■ ほどほどのバランス by T2020/07/12

考えるアマガエル

今の時代こそ、バランス感覚が大切だと考えます。

野菜を育てるとき、虫や鳥たちと共生しながら、ほどほどの収穫があれば良し。
潔癖に駆除しようとすると、益虫も益鳥も駆除され、かえって悪い。
生態系の良いバランス関係が、環境の免疫力。

健康を維持するためには、雑多な菌との共生関係が大事。
体内の腸内細菌や発酵食品の摂取に見られるように、人間は無数の菌たちとバランスをとりながら生きています。
除菌滅菌に神経質過ぎると強ストレスの生活になる。強ストレスは人間の免疫力を著しく低下させます。
ほどほどバランスのとれた清潔感が健康の秘訣。

運動もほどほどが良い。過酷な運動は活性酸素を増やし健康を損ねる。でも殆ど運動すること無く発汗新陳代謝しないのは危険。体温が高いのは感染の疑いアリですが、筋力低下と代謝不全で低体温な状態もかなり危険。ほどほどの体温を一定に保つのが健康。

多様な考えを持つ人々の中で折り合いをつけながら共存共生するのがバランスのとれた社会。気を付けたいのは絶対を主張する全か無かの原理主義者。さらに危険なのは、根拠に基づく自分の考えを持たず、ただ原理主義者に盲従する世人。だが最も危険なのは、自分の考えを持っていないことさえ自覚しておらず、刷り込まれた原理主義をあたかも自分の考えだと勘違いしている頑固な俗人。

でも、そんな俗人ともほどほどに付き合いながら、バランス良く生きるのが賢明な生き方。

■ みにくいカモの子 by T2020/07/11

ガーデニング
正常性バイアスとは社会心理学用語の一つで、自分にとって都合の悪い情報を無視したり過小評価したりする人間特性のことです。

例えば、災害の危険が迫っていても、まだ大丈夫だ、自分には関係ない、というふうに正常な日常が継続するかのように自分を思い込ませてしまったりしがち。自分の未来の悪い面をなるべく考えないようにする傾向が人間に備わっています。

また、行動経済学用語に時間割引率というものがあります。今この瞬間の利益と時間の経過した将来の利益を比較したとき、どれだけ利益の嬉しさが減少するか、その減少率が時間割引率です。例えば今、ケーキをあげるよと言われたときの嬉しさに対し、1週間後にケーキをあげるよと言われた時の嬉しさは低下しがち。時間割引率の高い人は今すぐケーキを食べてしまうということです。

モラルライセンシングという人間特性もあります。良いことをしたら少々悪いことをしても自分を許してしまう、自己正当化してしまう特性です。「毎月の貯金しようと思ってるんだけどできない自分が情けない」。こんな状況の背後には「反省するという良い行いをしたんだから、貯金できないという悪い行いは許される」というモラルライセンシングが働き、概して反省の弁を連発する人はいつまで経っても貯金できません。

総合的に見ると、人間は合理的に生きることが難しく、損失を最小限に留め利益を最大限に獲得することが難しく、思考することをめんどくさいと思いがちで、常に感覚や雰囲気に左右される特性を持った、言わば、いいカモ。

そんなカモから脱皮するにはどうすれば良いか?僕が選択した手段、それがガーデニングで自分を鍛えることでした。

ガーデニングは常に未来を思い描きながら、今の暑さ寒さを我慢して作業しなければなりません。成果をじっと待つことが重要です。計画性もとても重要です。でも自然の脅威の前に努力が無に帰すことだってあります。誰かに責任転嫁することもできません。それを受容する懐の深さが必要です。つまり出来る限り合理的に行動しつつ不条理を受け入れる能力をガーデニングは鍛えてくれると考えます。

「みにくいカモの子は、大きくなったらデキル人間に成長した」という寓話を目指して、今日も土いじりを頑張ります。

■ 知ろうとしなかった by T2020/07/10

クリーン里山

妻が先日書いた「想定外の想定外」というブログに刺激を受けて書きます。

知らなかった 騙された 教えてくれなかった こんなことになるとは思いもよらなかった・・これら全ての言葉は何を意味しているのでしょうか?

私たちが住む地域では、金山クリーン作戦という清掃ボランティア活動が年に数回行われています。日時は事前に地域振興会便りや回覧板でお知らせされています。

A「昨日のクリーン作戦に参加した?」
B「えっ、・・知らなかったんだ。」

AさんはBさんに参加したか参加しなかったかを尋ねただけですが、Bさんはズレた返答をしています。Aさんは、ボランティアとは自由意志なのだから、参加する権利はもちろん参加しない権利も保証されるべきと考えており、別にBさんを詰問しているわけではありません。でもBさんは何故か「知らなかった」と答えました。

Bさんは何を弁解しているのでしょうか、それとも想定外ということで自分には責任がないと主張しているのでしょうか?
結局Bさんは墓穴を掘ってしまいました。というのは、回覧板等でクリーン作戦が告知されていたにもかかわらず、「知らなかった」と自白してしまったからです。

Bさんの非を咎めるならば、その非はボランティア不参加であった点でなく、誰もが知り得た状況にも関わらず知ろうとしなかった、知る努力をしなかった点にあるでしょう。

■ 家具職人がメルセデス by T2020/07/09

KAKI製カップ棚

30年以上前のことです。粟巣野にある家具製造メーカーKAKIの起業者、柿谷誠氏が述べていました。
「家具職人がメルセデス・ベンツに乗って何が悪い?」

今の時代こそ輸入車が普及していますが、当時、外車に乗ることを自ら不相応とする風潮が感じられました。特に世間の目を気にする田舎ではその傾向が強かった。「出る杭は打たれる」として皆で萎縮し、脚の引っ張っぱりあいをしていたように感じます。

そんな空気の中で「家具職人がメルセデス・ベンツに乗って何が悪い?」と言い切り、堂々と黒塗りに乗っていた柿谷氏は正に「出過ぎた杭は打てない」状態で、幼い僕にとっては凄くカッコいい存在でした。

1960年代に登場したアイビールックの生みの親、VAN創設者の石津謙介氏とも親交のあった柿谷氏は、住んでいる場所や環境、職業や家柄などで自分のアイデンティティに自ら規制を加えない、言わば世界標準の生き方を貫いていたように思います。

ところで昨日のことです。「今日はオレちょっとオシャレしてきた」と言いながら金山里山の会長が我が家にいらっしゃいました。それです!嬉しかったです。ドンドン出過ぎた杭になりましょう!萎縮するのはやめましょう。堂々と世界をいきましょう。

東京という名の田舎の模倣ぐらいじゃ、いつまで経っても世界の片田舎に過ぎません。里山で世界のど真ん中を生きましょう。

ちなみに、メルセデス・ベンツのことをベンツと略するのは日本人ぐらいです。世界標準ではメルセデスと略します。

■ どう変化しなかったか、登山と里山活動 by T2020/07/08

コロナ後の庭
2020年も7月に入り、今年も折り返しました。前半はコロナに振り回された半年、皆さんの暮らしはどう変化しましたか?

コロナ危機を経験し、社会では必要度の高い産業と必要度の低い産業の明確化が進んだようです。人間が生存していく上で必要不可欠な産業はコロナの影響下でも活動を維持しました。

例えば食糧生産。里山では例年通りに米や大豆が栽培されています。
また、富山県は野菜の出荷額が全国最下位ですが、金山里山では自家菜園を営んでいる家庭が多く、それは我が家も含めて出荷販売しない自産自消農園が多いです。そんな自産自消農園の営みも例年通りというか例年以上に活発化しています。故に食糧生産に関わる産業・活動は必要度の高い産業と言えるでしょう。

ただし、必要度の高い産業が良い産業で、必要度の低い産業が無駄な産業というわけではありません。必要度の低い産業だったとしても暮らしに潤いをもたらす良い産業が多くあるでしょう。

ところで、山に親しむ活動と一口に言ってもいろいろです。3000m級のスポーツ登山から数10mの里山までいろいろ。僕は里山暮らしを開始する以前は時々高山レジャー登山もしました。里山で薪ストーブを焚き菜園を営みながら生活するようになると、僕は殆ど高山レジャー登山をしなくなりました。生活自体が山活動になったからです。

幸か不幸か、有難いことに私たち夫婦の里山暮らしというか里山活動は規制や自粛の影響を受けず、依然として山の整美活動をしたり薪燃料を調達したりできています。里山活動が生きる上で必要度の高い活動だということでしょう。ただし繰り返しますが、高山レジャー登山が無駄な活動と言っているわけではありません。あしからず。

皆さんの生活は、コロナ前後でどう変化しましたか?・・という質問はありきたり。敢えて僕はこう質問します。
「皆さんの暮らしは、コロナ前後でどう変化しませんでしたか?」

変化しなかったことに気付くことは変化したことに気付くことよりも難しい。しかし変化の少なさを見ることは、生きていく上で必要度の高い活動を優先させて暮らしているか否かを見る重要な指標なのかも知れません。

■ 花を植えてはならない by T2020/07/07

サヤインゲン
連日写真のくらいのサヤインゲンが菜園で採れます。連日胡麻和えや煮物で食べています。先日は妻がピザトーストの具としてパンに乗せてくれました。

そういえば、10年前に92歳で亡くなった祖母も、毎日菜園で収穫してきたサヤインゲンを飽きもせず食べ続けていました。祖母は真言宗信仰心が厚く、存命中は四国巡礼を三度完遂しました。そのお陰か長患いせず、お釈迦様の命日である2月15日早朝に、自宅で家族の傍で静かにして息を引き取りました。

ところで、真言宗の開祖である空海(弘法大師)は、本山である高野山には花を植えてはならないと戒めていたそうです。珍しい花々を育て売買取引で蓄財するなど欲煩悩を避けるためだったそうです。というわけで高野山にあるお墓には花を供える代わりに高野槙をお供えするようです。自然に山に育つコウヤマキを。

アレも欲しいコレも欲しい、ここに無い珍しいモノが欲しい、欲にはキリがありません。
タケノコの時期はタケノコを食べれば良い。サヤインゲンが採れるならばサヤインゲンを食べれば良い。品の良かった祖母のように。

宗教においては、食を含め生活そのものが修行。修行とは人間としての品格を磨く自己マネジメント。そんな気がします。

■ 石垣島と金山里山のマリアージュ by T2020/07/06

パインアップル
先日、地域の知人より石垣島産のパインアップルを頂きました。知人は金山里山の樹木や山菜にとても詳しく、造園デザインも手がける方で、時々私たち夫婦はお知恵を拝借させてもらっています。

知人はビジネス上、石垣島との取引もあり、私たちは一度石垣島を案内してもらったことがあります。普段近所で顔を合わせているのに、その時私たちが石垣島のホテルに到着すると、ホテルロビーで出迎えてもらい不思議な感覚でした。

ところでこの石垣島産はパイナップルじゃありません。パインアップルです。説明書に敢えて「パインアップル」と表記されていました。英語ではpineappleと書き、発音するとパイナップルに聞こえます。しかし「石垣島はアメリカでもなく他のどこでもなく石垣島!」と言わんばかりにパインアップルでした。香りがとても濃厚で最高。そうそう、くれぐれも長いものに巻かれないように!

パインアップルには、ブロメリンというタンパク質消化酵素が含まれていて肉料理にとても合います。毎週我が家の日曜日夕食はワインディナーが恒例。昨日は豚肉のソテーをメインに、ボバルの赤ワインを合わせました。銘柄は『La Malkerida』意味は「誰も愛さない女」。イイですね、長いものに巻かれない女性。

ボバルというブドウ品種はスペインのバレンシア地方でよく栽培されています。モナストレルやテンプラニーリョと比べてマイナーなボバル。でもイイじゃないですか、マイナーなところが。長いものに巻かれなくて。タンニンの渋みがしっかりしていて豚肉を引き立てます。

BGMは、ライクーダーの『エレクション・スペシャル(選挙大特集)』2012。東京都知事選挙の日ということで合わせてみました。そうそう、くれぐれも長いものに巻かれないように!後で後悔しないように。

太陽の恵み、パインアップルとボバルと金山里山のマリアージュ!

■ リハビリはケーキづくり by M2020/07/05

手作りパウンドケーキ
一昨日、久しぶりにパウンドケーキを焼きました。室温で柔らかくしたバターと砂糖を泡立て器で混ぜる過程がリハビリになります。

実は昨年の9月末、地域の住民運動会で右肩に肩腱板断裂が起こったのです。リレーに出場し懸命に走っていたら突然右手が動かなくなったのです。その時は何が起こったのか全くわかりませんでした。そして、痛みでよく眠れないまま朝を迎えました。

翌日、接骨院で「リレーではなく、玉入れで普段使わない部分を突然動かしたからではないか」と言われました。その後、ひと月程、週に1、2回、接骨院に通院しました。徐々にではありましたが、可動域は増えていきました。

が、肩を捻る動き、例えば「ポットで沸かしたお湯を注ぐ動作」はいつまで経っても痛みが伴いました。また、重たい鍋を持つこともできませんでした。日常生活で最もきつかったのが「室温で柔らかくしたバターと砂糖を泡立て器で混ぜること」でした。

数年前から時々パウンドケーキを焼いていたのですが、昨年はその後パウンドケーキを焼くことなく終わりました。今年の春からは月に一度ほどのペースで再開し、そのたびにバターと砂糖を混ぜることが苦ではなくなってきました。

一昨日は肩腱板断裂を起こす前の状態にまで戻った感じでした。肩腱板断裂は加齢で発症するとのこと。ピークは60代とのことですので、一足先に発症してしまいました(笑)。玉入れにはみなさまお気をつけください。