One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 食器洗浄機についての一考察 by T2017/10/20

思い出のカップの数々
我が家には食器洗浄機がありません。

先日、松任谷由実さんがラジオで話していました。大切な漆の食器や陶磁器を食器洗浄機に入れるなんて私にはできないと。

我が家にはユーミンのように高価な漆の食器や陶磁器はありませんが、食器洗浄機を使わないと話せば、聞く人が、我が家にはユーミンのように高価な食器がたくさんあるのではと勘違いしてくれるのではと期待します。

我が家には高価な食器はありませんが、思い出の食器は結構あります。旅行先の骨董屋さんで購入したしたコーヒーカップやシリアルボール、新築祝いの器、友人の結婚祝いの返礼の皿などなど。その点からすれば、大切な思い出の食器を食器洗浄機に入れるなんて僕にはできません。

先日、ある人が話していました。食器洗浄機を使うことによって時間を節約でき、その時間を子供たちとのコミュニケーションに当てることができる。だから食器洗浄機を導入したんだと。

僕はそれを聞いて思いました。それだったら子供たちと一緒に食器を洗いながらコミュニケーションすれば良いのにと。だって何もしない状態で「さあお話ししましょう!」というシチュエーションってなんかピンときません。そう思いません?

■ 薪ストーブ、初着火 by M2017/10/20

薪ストーブ着火
写真は薪ストーブ着火時のろ床の様子です。昨日は夕方から再びストーブを焚きました。日中、気温が上がらず、寒さを堪えられませんでした。

夕刻、夫は外へ出ていたので、私の初着火となりました。半年以上ぶりでしたので、少し緊張しましたが、こともなく着火できました。

金山里山の会の会長さんとよく議論になることがあります。それは、着火時の薪の組み方です。私は最近は写真の組み方で着火しています。一番下に割り箸、その上に杉の皮、さらに建材の木っ端、そして雑木の薪です。夫の組み方を真似ているだけですが…

理にかなっていると思います。まず、割り箸に火をつけ、それから燃えやすい杉の皮へ火が移り、炎が大きくなります。そこから木っ端へ火が移り、最後に雑木の薪へ…。数分で火が安定しました。

日によっては10分も20分も火が安定せず、四苦八苦します。薪の乾きや気象条件にもよりますが、その一番の要因は、自分自身の内面にあるような気がします。焦っているときは大抵うまくいきません。

薪ストーブの着火は内面の状態を映し出す鏡のようです。

■ 直冷式の冷凍冷蔵庫 by T2017/10/19

直冷式冷凍冷蔵庫
今朝の食卓に季節外れの枝豆がありました。周囲では枝豆の収穫時期はとっくに終わり、今や大豆の収穫時期です。妻に聞くと実家で冷凍保存されていた枝豆を頂いてきたとのこと。

ところで写真は我が家の冷凍冷蔵庫です。エレクトロラックス社の製品で、約10年前に秋葉原のヤマギワ電気で購入しました。エレクトロラックス社のこの冷凍冷蔵庫を選択した最大の理由は、直冷式だからでした。直冷式とは冷やされたパネルによって室内を冷やすシステムで、いわば昔ながらの冷蔵庫の原理です。つまり氷を入れて冷やすようなクーラーボックスや初期木製冷蔵庫と同じです。

最近の日本では、ほとんどの冷蔵庫が冷風式です。冷たい風を出すことによって室内を冷やすシステムで、いわばエアコンの冷蔵庫版言えるでしょう。冷風式は野菜などの食材が乾燥してしまい鮮度が落ちてしまいます。直冷式は乾燥することを回避できますが、一方で定期的に霜取りをしてあげなければなりません。しかし年に数回の手間に比べれば食材の美味しさの方を私たち夫婦は選択します。

しかし日本人の多数派は霜取り手間のかからない冷風式を選択するのでしょうか。最近はスウェーデンのエレクトロラックス社も日本向けの冷凍冷蔵庫は全て冷風式としました。日本では冷風式の需要が高いということでしょう。先進国のヨーロッパと日本は違いがありますね。もう日本では直冷式を購入することが極めて困難になりつつあります。

そこで僕はこんなことを考えています。それは我が家のベースメントに新たな冷凍庫を設置するということです。キッチンの冷凍室もほぼ満タン状態であり、冷凍庫のみを新設すれば余裕もできます。さらに氷や保冷材を今以上に常備できます。その氷や保冷材を現在のエレクトロラックス社冷蔵庫スペースに運び入れるのです。つまり昔ながらの氷で冷やす冷蔵庫のごとく使用するのです。そうすれば現在のエレクトロラックス社冷凍冷蔵庫が寿命尽きても、その後も末長く使用でき、しかも直冷式を持続できるというわけです。

また1つ手間が増えますね。

■ 薪ストーブ5日目 by M2017/10/19

薪ストーブ様様
写真は朝に炊く薪です。これで約2時間分といったところでしょうか。

この日曜日に初めて薪ストーブに火を入れてから5日間、朝だけ薪ストーブを焚いています。先に夫が記事にしたようにお湯が沸くので朝食後にコーヒーをすぐに入れることができます。

また、洗濯物が乾きます。昨日は秋晴れを期待していたのですが、結局は一日中どんよりとした天気でした。洗濯物の乾きは今ひとつでしたが、薪ストーブを焚けばしっかりと乾いてくれます。

たったこれだけの薪で、暖かい朝を過ごせる上、乾ききれていなかった洗濯物が乾き、コーヒー用のお湯も沸かしてくれます。薪ストーブ様様ですね。

■ ネムノキの盆栽を剪定 by T2017/10/18

ネムノキを剪定
午前中、玄関横のネムノキを剪定しました。我が家は原則雨樋不要の造りですが、玄関の上部軒部分約3メートルのみ雨樋が設置されています。人の出入りがあるからです。その近くにネムノキの枝が掛かり始めたので切ったということです。

常緑樹は暖かい時期に剪定しますが、落葉樹は寒い時期が適しています。

森の中で直径30〜40センチメートルほどのコナラを伐採するのに比べれば、庭の木の剪定は盆栽を扱うようなものです。(実際僕はもう盆栽を扱ったことはありませんけどね)

しかし一番太い枝で約10センチメートルほどのネムノキですが、周りの樹木や建造物を傷めないように注意しなければなりません。また剪定梯子に上りチェンソーを使いながらの作業は森の中とは違った緊張感があります。加えて僕のチェンソーは排気量40ccの重たいチェンソーなのです。

なんとか無事に終了しました。ネムノキは切り口からばい菌が入ることがあるので大きな切り口には癒合剤を塗布しました。剪定した枝や幹はこれから薪にします。

今後雪囲いと同時進行でモミジやコナラ、ムクゲ、ウワミズザクラ、アカメガシワなどの剪定が続きます。紅葉を愛でるのも剪定作業と同時進行です。

■ 秋の庭を彩るツワブキ by M2017/10/18

ツワブキ
写真はツワブキです。侘びた秋の庭を彩っています。

庭造りを始めた当初、私が好きな黄色の花を中心に宿根草を植えました。スイセン、クロッカス、ヒオウギetc.その中でクロッカスは球根をもぐらに食べられあっという間に姿を消しました。その後、スイセンを増やし、春はスイセン、夏はヒオウギを楽しめるように…。

その点、ツワブキは新参者です。3年前に私の実家から株を譲り受け移植しました。彩の少なくなってきたこの季節に、庭の一角で鮮やかな黄色い花を咲かせてくれました。我が家の庭で存在感を高めています。花のない季節でも艶やかな葉が目を楽しませてくれます。

今日は晴れの予報です。秋空に黄色い花と艶やかな葉の緑が映えることと思います。

■ Xデーを想定の範囲内に by T2017/10/17

マリーゴルド、未だ咲き続けています
先日、近所の方が大病をされ、手術は成功したものの今までのように活発に行動できないと嘆いておられました。こういったことは人ごとではありません。どれだけ注意していたとしても病気や怪我によって突然現在のライフスタイルや生産性を維持できなくなることは誰にでもあり得ることです。

できることをする行動力と、できないことを諦める受容力と、できることとできないことを区別する知能力によって、来るべき時をシュミレーションし、Xデーをなるべく想定の範囲内にしようと夫婦で話し合いました。

また、病気や怪我でなくとも加齢によって行動力が鈍り現在の生活レベルを維持できないことも避けることができません。先日夫婦で3時間以上走った時、帰宅後はゆっくり行動せざるを得ませんでした。あたかも老後の暮らしをシュミレーションしているようだと話していました。

話は突然変わりますが、現在の日本の公的年金制度は自分の掛け金をプールし自分の年金を受給するシステムではありません。支払者と受給者が異なります。それは前世紀、日本の公的年金制度スタート時点において、掛け金を支払うことなく年金を受け取った第一世代があったということです。

また話は飛びますが、現在地球規模では人口爆発(人口増加)が問題になっているにも関わらず、日本においては少子高齢化が問題視されています。日本は人口密度が極めて高いにも関わらず、まだ人を増やせと叫ばれています。その理由を尋ねると多くの回答は、「社会保障制度、年金制度、社会福祉制度が維持できない」等の回答です。

つまり既存の大人が生きていくために、未存の子供を増やさねばならないという論理でしょうか。言い換えれば、子供の存在は大人の存在のための手段ということでしょうか?

僕は思うのですが、子供は子供自身が生きていくことを目的として生まれるべきではないでしょうか。人格は常に目的として扱われ、決して手段として扱ってはならないと述べたのはカントだったでしょうか。みなさんはどう思われますか?

私たち夫婦は二人暮らしです。親子間の共依存関係は回避することができる一方で、本当に頼れるのは自分しかいないという緊張感を持って将来の想定に努めたいと考えています。

と同時に緊張感を持って将来の想定に努め、選挙では大切な一票を投票したいと思っています。

■ 紅葉しつつあるOne’s Wayの庭 by M2017/10/17

我が家でも紅葉が…
先週から肌寒い日が続いている北陸富山では、紅葉が少しずつ進んできています。標高の少し高いところではモミジが色づき始めていました。我が家の庭でもヤマボウシ、ウワミズザクラの葉が色づいてきました。ヤマボウシは赤色に、ウワミズザクラは黄色に…

ナナカマド、モミジ、カツラ、ケヤキの紅葉がこれから進むことでしょう。11月18日・19日のOne’s Way-それぞれのあたりまえ-のイベントは紅葉の進んだ庭を眺めながら開催できることを念じています。

■ 働き者の小人たち by T2017/10/16

小人たちが見えますか?
薪ストーブに火が戻ると、お湯もガスレンジで沸かす必要がなくなります。今朝の朝食後のコーヒーも薪ストーブ天板で沸かしたお湯で頂きました。昨晩からポットに入れてあった水をストーブが沸かしてくれるので水道水に含まれる塩素も抜けています。

ところで我が家のキッチンには電子レンジと電子炊飯ジャーがありませんが、加えてもう1つ無いものがあります。それは電気ポットです。以上3つの電気シリーズはどうしても好きになれません。形的にも健康的にも受け入れることができません。それにかつてはそれらが暮らしに存在しなくても問題なかったわけです。各人感じ方は様々ですが、僕にはそのジャンキーさが受容できません。

というわけで薪ストーブに火が入っていない時はその都度ポットでお湯を沸かさねばならないわけです。それが薪ストーブに火があるとその手間が省かれます。ありがたいことです。ガス代も節約されます。

また加えて、これからおでんやシチューの美味しい季節になります。鍋を薪ストーブ上に置いておけば、あたかも働き者の小人たちが活躍してくれるかの如く、いつの間にかコトコトと煮込まれているわけです。時間のかかる豆の煮込みもこなしてくれます。

さらに小人たちは洗濯物も乾かしてくれます。薪ストーブを焚くと室内の湿度が下がります。加湿のためにも部屋干し洗濯物が必要になるわけです。遠赤外線と言う名の小人たちが乾かしてくれるわけです。

怠け者の僕にとって3つの電気シリーズは必要ありませんが、働き者の小人はいなくてならない存在です。

■ 今シーズン初焚き… by M2017/10/16

昨日の夕方、半年ぶりに薪ストーブに火が入りました。私たちは薪ストーブの火をスナフキンと呼んでいます。春から秋、ムーミン谷に帰っていたスナフキンが、冬の間は我が家で過ごしてくれるのです。

シーズン初焚きはマッチ一本で火をつけるが恒例となっています。炉床に薪を組んでからマッチで割り箸に火をつけ、組んだ割り箸に火を移します。

マッチ一本から火をつけます
1 マッチ一本で火をつけます
組んだ割り箸に火を移します
2 組んだ割り箸に火を移します
割り箸に火が移りました
3 割り箸に火が移りました

炉床の様子
4 炉床の様子

だいぶ火が安定してきました
5 ストーブに入る空気量を調整しながら、火が安定するのを見守ります。

あとは見守るだけ
6 あとは見守るだけ

火が安定するまでほんの数分でした。さすが18シーズン目に入った薪ストーブライフ、初焚きにしては上出来です。火が安定すればあとは時折目をかけてやればOK。ネイティブアメリカンが焚き火の火をbabyと言っている理由が分かるような気がします。

昨日はワインで初焚きを祝いました。2時間ほどの初焚きでしたが、家は十分に温まり、朝までぬくもりが残っていました。空気ではなく物を温める薪フトーブの効果の賜物です。