One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 「あいの風」吹く土用に芝刈り作業 by T2017/07/26

芝刈り後
僕の大好きな『三日吹く風』というヘミングウェイの短編小説があります。永久に吹き続ける風が無いように、永久に悪いことが続くということも無い。悪いこともあれば良いこともある。セ・ラ・ヴィ(人生とはそんなもんだ) そんなことをヘミングウェイは書きたかったのではないのかもしれませんが、ともあれ暖炉とウィスキーが登場するこの短編が僕は大好きです

三日間続いた梅雨末期の雨が上がり、今日は北東のいわゆる「あいの風」が吹きました。涼しくなったので芝刈りをしました。

だいたい2週間に一度の頻度で芝刈り作業をしています。ガーデニングを控えるべき夏土用の期間は18日間なので、どうしても1回は土用に芝刈りをしなければならないわけです。
今日は芝刈り日和でした。

ついでに公道沿いのガクアジサイの花がら摘みもしました。雨上がりでスッキリ。

芝刈りも花がら摘みもそれぞれ目的はあるんですけれど、作業をしている時は不思議と作業それ自体が悦に入ってきます。目的と行為がこの瞬間に一致する瞬間です。否、目的なんて何でも良いような感じでしょうか。ただひたすら黙々と作業をする。そこには感情の入る隙がない、まるでハードボイルド小説のような世界が広がるのです。

■ 三日ぶりの晴れの朝 by M2017/07/26

今朝の庭
日曜日から断続的に降り続いた雨がようやく上がりました。

この間、畑の作物は低温と日照不足のせいでしょうか、成長が鈍化しました。今朝の収穫は、トウモロコシ7本にピーマン5個とキュウリ1本のみ。先週、キュウリの消費に追われていたのが嘘のようです。
また、強い雨のせいで菜園のイチジクの枝が4、5本折れていました。実をつけていたので残念!

私の体の方は、夏バテから回復し、今朝は9日ぶりにランニングをしました。正味40分ほど、湿度は高かったものの、日の出前で日差しがなく、気温も低めで、比較的快適に走れました。

三日ぶりの晴れに洗濯物が乾きそうです。湿気をため込んだ壁材も今日は、湿気を吐き出すことでしょう。

写真はランニングから帰って撮影した今朝の庭です。

■ 土用の丑の日、夏野菜で夏を乗り来る by M2017/07/25

野菜づくしの食卓
今日は土用の丑の日でした。我が家では、いつも通りの野菜づくしの夕食でした。夏のウリ類は鰻同様、夏バテ防止効果があると言われています。その理由は、旬ですから栄養価がもっとも高くなっていること、体を冷やす効果があることなどがあるのでしょう。

キュウリを食べると食事の時に飲む冷茶の量が減ります。キュウリは水分量が多いだけでなく、体を冷やすので冷茶を飲む必要がなくなるのだと思います。普段は食事をすると体が熱くなるのですが、キュウリを食べているとそれもあまり感じません。

ウリ類以外にも、シシトウ、インゲン、トマト、ピーマン、ナス、オクラ、途切れることなくなっています。しかし、今日はあいにく一日中雨でした。昨日、収穫した野菜が残っていたので、夕食はそれらを食材にした献立となりました。

キュウリと生姜のお酢の物、インゲンの黒ゴマ和え、ゴーヤと豚肉の炒め物、ピーマンの佃煮、シシトウの佃煮、キュウリのきゅうちゃん漬けです。

これらプラス鰻の白焼き。あっさりと里山の塩をつけていただきました。

■ 自然素材が真骨頂を発揮 by M2017/07/25

湿度100%!?
昨日は梅雨末期の天候で朝から雨が降ったり止んだりの1日でした。日差しがほとんどなかったので気温はあまり上がらなかったのですが、湿度が非常に高い1日でした。ちょっと動くとべっとりと汗ばむ、湿度100%の状態でした。

ところで、我が家の壁材が自然素材だということは先日記事にしました。そのおかげで室温上昇が抑えらると…。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/07/20/8624296

昨日は調湿という点で壁材が真骨頂を発揮してくれました。いつも通り朝起きて窓を全開にしました。外気の湿度はほぼ100%だったのでしょう。室内の空気が屋外の空気と入れ替わり、温湿度計の湿度は100%を指しました。気温は25度ほどにもかかわらず、汗がじわじわとでてきます。

午前10時ごろ意を決して家中の窓を閉め切り、扇風機で過ごすこととしました。すると、100%を指していた湿度計の針が1時間も経たないうちに約90%まで下がりました。と同時に室内の空気のベタつき感がなくなり、心なしか杉板の床のベタつきも緩和され快適になりました。

その後、一切窓を開けることなく、扇風機だけで1日を過ごしました。食事時はキッチンで火を使いましたが、それでも1日、室温、湿度ともほぼ一定に保たれ、この気象の割には快適に過ごせたのではないかと思います。

漆喰と杉板の壁材、杉の床材、調湿効果のある素材を使った内装は、悪条件になればなるほど真骨頂を発揮してくれるようです。

今日も最高気温は低めなものの一日雨の予報です。我が家は真骨頂を発揮してくれるでしょう。

■ 天の恵みに感謝 by T2017/07/24

天の恵み
富山県は梅雨末期の雨が降っています。湿度も高く此処がモンスーン気候帯に属しているんだなとつくづく思います。

今日はそんな慈雨で育った天の恵みをたくさん頂きました。

スイカ、モモ、そしてコメ

加えてお昼は職場の暑気払いということで、経費払いでランチ・ミーティングを

たくさんたくさん感謝です。