One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 薪割り終了したら再び薪割り by T2017/05/01

コブシの大木、枝部分のみ
29日の昭和の日に、既に搬入されていた原木全てを薪に割り切りました。そして翌日の今日、再び原木が搬入されました。近所のお宅で直径40センチ以上のコブシの大木が伐採され、好きなだけ薪用に持っていっていいよとのこと。

午前中竹林でタケノコ掘りをした後、午後一番にチェンソーを持ってお宅訪問。結構な量で幹の部分に行く前に太い枝部分で既に山盛りとなりました。とりあえずこの山盛りを薪に割ってからです。嬉しい悲鳴です。そして返礼の「里山の塩」を謹呈。

こういう感じで我が家の毎年のゴールデンウィークは、お金を稼ぐ稼業はお休みモードですが、お金以外の生産物を産み出す仕事に費やされます。こんな風に我が家の場合、ビジネスというものを稼業と仕事に区別して考えています。

こんな人間が増えることは日本経済にとって好ましくありません。日本人たる者どんどんお金を消費して経済を活性化してもらわないと。僕のような人間を模倣しては絶対にダメですよ!あしからず。

■ 今朝の花たち、雨本降りの前に by M2017/05/01

久しぶりに今日は朝から雨となりました。早朝、雨が本降りになる前に庭に出て花を切ってきました。季節の移ろいのスピードが日々増しているのを実感します。

今日は、オオデマリ、センダイハギ、キキョウが新たに花を咲かせていました。チューリップの見頃は終盤を迎えています。


センダイハギ
まずはセンダイハギ。
私の実家にあったものを株分けしたもの。地下茎で増えるのでコントロールに少々気を使います。今は市道からの石畳”もみじロード”の脇で増殖中です。花器は高岡銅器。昭和の後期によく作られていたデザインではないかと思います。



キキョウ
続いて、キキョウ。
これも実家からの株分けで増やしました。前庭のコブシとコナラの根元で花を咲かせていました。花器は本郷仁さんに作っていただいたものです。ぽちぽちが愛らしく大のお気に入りです。野の花を活けることが多いのですが、そのまま飾っても可愛い花器です。

オオデマリ
そして、オオデマリ。
これも実家にあったものを挿し木で増やしました。甥が拾ってきたどんぐりから成長したカシの木に並んで植わっています。今年は虫に食われている葉が多く、花のつきも少なめでした。花器は沖縄のやちむん焼の抱瓶(だちびん)です。上にかかっているエッチングはbue-dueの奥様、美華子さんの作品です。フレームはもちろんbue-dueのたまちゃん製作。今から10数年前にお二人の結婚披露パーティーの引き出物としていただいたものです。

チューリップ
最後にチューリップ。
夫が植えた球根でしょうか?”もみじロード”の終点付近で2本花を咲かせ、楽しみました。最後の瞬間は室内で楽しもうと思い切ってきました。花器は高岡銅器。シンプルな形状のため、一輪さした方がすっきりと美しいのかもしれませんが、今日は2本活けてみました。

恵みの雨に庭の草木の緑が一段と深まる一日になりそうです。