One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ パンが食べられないならお菓子を食べればいいじゃない?お菓子が無いなら作ればいいじゃない! by T2017/05/11

幸せのパウンドケーキ
今年は現在までスーパーマーケットで一度も買い物をしていません。コンビニエンスストアで食べ物を買うことも滅多にありません。食材はみどり共同購入会と富山県生協からそれぞれ週1回ずつの宅配サービスを利用しています。

我が家には電子レンジが結婚当初から存在しません。調理はガスレンジと電気のオーヴンで、寒い時季はこれに薪ストーブが加わります。ちなみに電気炊飯ジャーも電気ポットも存在しません。

加工食品でなく食材を購入するようにし、なるべくシンプルに手作りする。これが妻のスタンスのようです。

先日も梅酒に使った梅の果肉を再利用してジャムにしていました。リンゴをたくさん頂いた時はアップルジャムに、はっさくをたくさん頂いた時はマーマレードに。そういえばジャムというものもここ最近宅配されてきません。ふりかけも宅配されてきません。畑のシソや大根の葉でふりかけを作ってくれています。

究極のナチュラルガーデナーだったターシャテューダーからは庭作りのみならず、18世紀から19世紀にかけての丁寧な暮らし、時間をかける手作りの世界というものを妻は学んでいるようです。

スーパーへ車を走らせる時間をかけて加工食品を買うより、調理に時間をかけて手作り料理を。

おかげさまで僕は毎日その恩恵に浴しています。

昨晩も帰宅したらパウンドケーキが一本焼き上がっていて、甘い幸せな香りが家中に漂っていました。だから僕はジャンクフードのみならず、忌野清志郎のように宝くじを買う必要もありません。

■ People Treeをイベントで紹介します! by M2017/05/11

People Treeの品々、イベントで紹介します!
私たちがPeople Treeを知ったのは今から20数年前、結婚して数年経った頃でした。当時、私たちは土地探しのために、休日になると富山県内の山間地をドライブしながら家を建てるための土地を探していました。

その道中立ち寄ったお店で初めてフェアトレードという言葉を知り、フェアトレードアイテムを手に取りました。その後、あちらこちらでフェアトレードショップが目に留まりようになりました。その中でもお気にりのブランドがPeople Treeです。

おしゃれな服、かわいい雑貨やアクセサリー、おいしい食べ物、私たちの暮らしを楽しくしてくれます。その中でも私たちのお気に入りの品を数点、イベントで紹介させていただきます。

一押しが、オーガニックチョコレート。ビターはケーキの材料としても使います。種類も豊富でパッケージも可愛く見て楽しく、食べて楽しい一品です。少々お高めですが、エシカルな消費者としてフェアトレード商品を購入することで、心が豊かになります。

そのような楽しみをOne’s Way- それぞれのあたりまえ -のイベントで感じていただければ幸いです。