One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 2017年の第2クオーター終了し、第3クオーター突入 by T2017/07/01

2017.7.1雨の朝の庭
今年も折り返しました。第1クオーター終了時の記事の如く書きます。

・今年スーパーマーケットへ行った回数は1回

外食の回数は16回(※我が家における外食の定義とは家で調理しない食事のこと。つまりコンビニ弁当を買っても外食、デパ地下でお惣菜を買ってくるのも外食)

・購入したビールの本数は0本

お祭りや飲み会などでビールを注文するのはカウントしません。それは純粋にお酒を味わうというより親しい人間と楽しい時間を過ごすのが優位な目的だから。
けれど家で夫婦でお酒を飲むのは少々違います。家飲みで圧倒的に多いのは赤ワインです。(とはいうものの週に1本ですが)
ワインには常に学びの要素があります。向上心をかきたてられます。まだまだ初心者ですけど。

個人的には日本のビールは清涼飲料水だと思っています。喉越しが良いけどそれだけです。

あとワインは真面目に作られていると思います。日本酒のように醸造用アルコールを添加するなどワインには考えられません。日本酒に純米酒という代物がありますが、ワインに純ぶどう酒というカテゴリーは存在しません。全て純ぶどう酒だからです。それはあたりまえのことだからです。日本人にとって日本酒は不純なのがあたりまえ、つまり普通酒なのです。こんなレベルで停滞している限り日本酒は世界標準には到底なり得ません。それに比べればまだ日本のブレンディッド・ウイスキーの方が向上心旺盛で、今や世界標準です。

こんな日本酒にしたのは私たち日本人消費者に責任があると思います。僕たち夫婦は若い時、ある日本酒のプロデュースに参加したことがありました。その時純米酒を主張したのですがアル添して大吟醸ということに押し切られました。こりゃダメだと思いました。
各人それぞれのあたりまえがあるのですね。でもそれで留まっている限り進歩はありません。

One’s Wayつまりそれぞれのあたりまえとは、他者のあたりまえに刺激を受けて自らのあたりまえを見直すこと、つまり日々マインドセット(価値観)を更新していくことではないでしょうか。

何のブログタイトルだったっけ?そうでした。今年も半分終了しました。


※第1クオーター終了時の記事はこちらです。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/03/31/8436250

■ 手作り味噌、今年はカビ対策万全 by M2017/07/01

手作り味噌
二月上旬に仕込んだ味噌を昨日、容器から出し小分けしました。その理由は2つ。

一つは梅が落ち始めたこと。味噌を仕込む容器と梅を漬ける容器を兼用しているため、空けないといけないという事情が生じたからです。

もう一つは味噌が切れたこと。昨年仕込んだ味噌は年末にすでに食べきり、市販のものを購入していました。それがなくなりかけていたのです。

今年で3年目となりますが、カビがほとんどでず材料を無駄にしませんでした。カビの発生で1年目は3分の1を捨てました。2年目は5分の1を捨てました。今年は全く捨てませんでした。

カビ対策に酒粕で封をしたのです。bue-dueの奥様の美華子さんに教わった方法で、酒粕はbue-dueのたまちゃんが造り酒屋さんからいただいたもののおすそ分けでした。

今朝、お味噌汁にして味見をしました。風味が穏やかな出来となっていました。手作り味噌は風味が少しづつ変化します。これから1年、どのような変化を遂げるのか?それも楽しみの一つです。

※味噌を仕込んだ時の記事はこちらです。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/02/08/8355043

■ 今年初めての洗濯乾燥機使用 by T2017/07/02

7月に入り梅雨らしい天気です。洗濯物の外干しができません。こんな時は洗濯乾燥機の出番です。我が家の洗濯機はドラム式で、洗濯も乾燥も同じ本体で行ないます。ドラム式の場合本体上部のスペースが使えるので、洗濯物を置くことができ床がスッキリ。

7月1日、今年初めて乾燥機を使いました。我が家では乾燥機を使う時季が2回あります。それは梅雨の時期と薪ストーブシーズン直前の9月から10月。つまり梅雨前線と秋雨前線の時季です。

乾燥機活躍
富山で一般的に乾燥機を最も使用するのは冬、雪の時季でしょう。でも我が家では冬季乾燥機は全く使用しません。薪ストーブを焚いているので洗濯物は室内干し。薪ストーブは室内を乾燥させるので洗濯物が加湿器の代わり。よって薪ストーブライフには洗濯物が必需品なのです。

薪ストーブと洗濯物といった2つのキーワードは私たちにとってとても相性の良いものなのですが、ウェブで「薪ストーブ 洗濯物」と検索するとあまり相性が良くありません。「洗濯物に煙の匂いが付き、ご近所から苦情がきた。」などネガティブな話題が多いようです。でもこれは冬季天気の良い太平洋側に多い話題。富山では冬季外干しする家庭がほとんどありませんから、薪ストーブの煙で苦情を聞いたことがありません。

したがって僕が導き出した結論は、「雪国生活には薪ストーブが最も適している」ということです。


栗の小さなイガ
写真は花を落とし小さなイガをつけ出したクリです。このクリが食べられるようになるのは、秋雨の時季。つまり今度の乾燥機使用の時季です。




■ 梅雨の最中、今年も梅干し作り by M2017/07/02

昨日の豪雨で梅が一気に落ちました。毎年この時期の雨で梅が落ちるので、臨界体制に入っています。梅を漬ける容器を準備し、いつでも梅をつけられるようにしたのがつい2日前でしたからギリギリでした。

梅をつけ終えました
夫と梅を拾い、洗ってヘタを取り、布巾で拭いて、ホーローの容器に入れます。途中、塩を加えながら梅を並べ、最後に重石をして終了です。梅酢が上がるまでしばらく放置します。

今年の収穫量は4.5kg。それに塩を1kg加えてつけました。2、3日で梅酢が上がることと思います。梅酢は、サラダや酢の物、煮魚に利用します。

あとは赤紫蘇が成長したら梅酢で揉んで敷き詰め、土用の時期に天日干しをすれば出来上がりです。最初は試行錯誤でカビが出たこともありましたが、毎年、改善を重ね漬けていると億劫度はどんどん下がります。今年はレシピを見ることもなくできそうです。

継続は力なりとはこのことかもしれません。

特大の南高梅
写真は特大の南高梅です。昨年、幹の半分が枯れどうなることかと思っていましたが2.5kgの収穫がありました(最盛期は4kg以上の収穫がありました)。枯れた後に枝を伸ばしたので、来年はさらに収穫が見込めそうです。

今年は梅干しを大事に大事に食べていたのですが、収穫量が増えれば心置きなく毎朝食べられることでしょう。それを今から願っています。

■ 昨晩の豪雨、今は日差しが降り注いでいます by M2017/07/03

鹿肉のハンバーグ
真夜中、ここ富山県射水市の里山でも強い雨が30分ほど降りました。雨音が気になり寝付けずリビングをウロウロ。その頃は夕食で飲んだワインのアルコールも抜け頭はクリアになっていました。

気象庁の高解像度降水ナウキャストで長くは降り続かないことを確かめ終えた頃には雨は小降りになり、その後は少々蒸し暑かったのですがゆっくりと睡眠を貪ることができました。

先週まで毎週月曜日の朝は、夫がFMいみずの番組ラジオタウン射水でパーソナリティーを勤めていたので、日曜日の夜の深酒は厳禁でした。7年ぶりに全く予定のない月曜日の朝でした。というわけで昨晩はいつも以上にアルコールを嗜んだということです。

写真は昨日の夕ご飯です。蒸し暑さの緩和にオーストラリアのスパークリングワインにしました。メインは鹿肉のハンバーグです。みどり共同購入会では月に1回のペースで鹿肉の取り扱いがあります。北海道の白麹町から送られてくるエゾシカの肉は臭みがなく旨味が凝縮しており大好きです。

地元のジビエが手に入るようになるまでは、みどり共同購入会のジビエのお世話になることでしょう。

※みどり共同購入会についてはこちらをごらんください。
http://www.ne.jp/asahi/ones/way/recommend.html#rec_midori