One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 8月9日、過去にはこんなことも by M2017/08/09

ホテルからの眺め_ボストン2004
毎朝起きるとすぐにラジオのスイッチを入れ、NHKラジオ第1の「マイあさラジオ」を聞きます。その中に「きょうは何の日」というコーナーがあります。そのコーナーで、2004年8月9日に美浜原発の配管破裂による水蒸気噴出事故があったことを思い出しました。

夫が先に書いた記事にもあるように2004年の8月9日、私たちはアメリカ合衆国マサチューセッツ州コンコードでウォールデン詣でをしていました。その後、ボストンに移動しホテルでテレビを見ていたところ、美浜原発の事故が大きく取り上げられていたのです。帰国した時にはそのニュースで持ちきりだろうと夫と話していました。

ところが、帰国してTVを見ても美浜原発事故のことは全く放映されず、どのチャンネルもアテネオリンピックの報道ばかりでした。ボストンでは、一つのチャンネルだけでオリンピックの生中継をしていました。その他のチャンネルでは全く別の内容の放映でした。この違いは何なのでしょうか?

そして2011年3月11日が来たのです。この報道のされ方も、恐らく日本と他国とでは違うのでしょうね。原爆投下の日を知っている日本人が3割ですから、3.11のことも時間の経過とともに忘れられるのでしょうか?

この国の未来は誰かに作ってもらうのではなく、私たちひとり一人が作るのだと思っています。過去を学び、過去を踏まえて、幸せな未来が訪れるような選択をしていきたいです。

コメント

トラックバック