One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 季節を勘違い!? by M2017/09/01


八重山吹

写真は八重山吹です。初夏の庭を彩る花ですが、今頃咲いています。この夏は、当初暑い日が続いたのですが、梅雨が長引き、ここ数日は9月下旬の涼しさ。八重山吹は季節を勘違いしたのかもしれません。

道路脇の植栽

この八重山吹は道路脇にあります。春のユキヤナギ、初夏の八重山吹、夏のアベリア、秋の萩と4種類の混植になっています。今年は、萩が例年よりも早く咲き出したので、今はアベリアと萩と八重山吹、3種類の花を同時に見ることができます。

季節は巡るのですが、毎年少しずつ違いがあり、その妙が面白くもあります。

■ 日本の森は照葉樹林の森 by T2017/09/01

熊野本宮大社の杜
私たちの住む金山里山はコナラやクリなど落葉広葉樹中心の森です。しかしこれは人間が生きていくために自然の山に人の手を加えていった結果の森です。ですから里山が今後放置されたならば、落葉樹はいずれ自然淘汰され極相として常緑広葉樹いわゆる照葉樹林の森に帰っていくことでしょう。昨今は温暖化が進み、我が家の場所でもタブノキが元気に育つくらいですから、その進行は加速されつつあります。

そんな鬱蒼とした照葉樹林の森を想像できないならば、熊野古道の森や伊勢神宮の鎮守の森に行けばよく分かります。そこにはコナラやクリ、クヌギといった落葉ドングリの木は見られませんでした。

どちらの森が良くてどちらが悪いといった判断は、何を基準に判断するかによって変ります。人間が森の恵みによって生かされる暮らしを基準に考えれば落葉広葉樹林を良しとするでしょう。その証拠に縄文時代、日本の人口は落葉樹比率の高い東国の方が照葉樹の多い西国より人口が多かったのです。一方、自然に逆らわない原生林という基準で考えれば照葉樹林に軍配。しかもタブノキやカシ、シイ、クスノキ(クスは北陸にはあまり見られませんが)は根が強力で津波などに強いといわれます。新宮市や那智勝浦などの紀州灘沿岸の防風林は松林ではなく照葉樹中心でした。

我が家の雑木林はドングリの転がる庭というコンセプトのもと、コナラやクヌギ、クリ中心です。しかしタブやカシ、シイ、タブも結構植わっています。適応戦略として、また多様性の見地から将来どちらに転んでも良いようにしてあります。

では薪焚き人として薪ストーブの燃料としてはどちらが良いか。一般的にコナラやミズナラなど落葉広葉樹の薪が良いと言われていますが、僕の17年の薪焚き経験から結論を申します。

落葉、照葉どちらも良し。薪に貴賎の区別なし。最高の薪はそこにある薪。

■ 伊勢神宮の社殿のモデルは高床倉庫 by T2017/09/02

高床式倉庫
伊勢神宮の気持ちの良さは簡素の一言にあると思います。萱葺きのヒノキ造り。ムク板の垣を廻らした高床の切妻造り。

それは弥生時代、自然の恵みとしての米を貯蔵した穀倉つまり高床倉庫にそっくり。

穀倉を拝むことを通じてその背後に坐す神=自然を拝むということなのでしょうか。

そして高床の穀倉つまり社殿は20年で新陳代謝。形あるものにはこだわりがない。重要なのは背後にある無形・抽象。

無形・抽象まで削ぎ落とされると、これ以上簡素なものはありません。

我が家も高床の切妻造り。でも建築物としての家という有形物にこだわりすぎるのは、簡素な暮らしというコンセプトから離れていくのかもしれません。そんなことを伊勢神宮にお参りして感じました。重要なことは家の背後にあると。

■ 450kmで異国の雰囲気 by M2017/09/02

8月26日から2泊3日で熊野旅行に行ってきました。距離にして約450km、時間にして6時間の移動でした。

驚きや発見はたくさんあったのですが、その一つに気候の違いでした。日中の暑さはもとより、朝晩も熱気が残り湿度は100%。明け方には雨が降り、バリ島を思い出しました。

気候が違えば植生も変わります。熊野三山にそれぞれ御神木がありましたが、こちらではあまり馴染みのない木ばかりでした。

熊野速玉大社の御神木は「梛」(なぎ)
樹齢千年と言われる梛の木が強い日差しを遮り、心地よい空間を作ってきました。
熊野速玉大社の御神木_梛

熊野那智大社の御神木は「楠」(くすのき)
幹にぽっかりと穴があいており、護摩木を持って潜ると願い事が叶うとのことでした。
熊野那智大社の御神木_楠

熊野本宮大社の御神木は「多羅葉」(たらよう)
葉の裏に爪などで文字が書けることから「葉書の木」とも呼ばれるそうです。その隣には八咫烏(やたがらす)が止まるポストが…。ハガキを2通投函してきました。今頃は、RさんとMさんの手元に届いていることでしょう。
熊野本宮大社の御神木_多羅葉

御神木はどれも力強く生命力を感じる木でした。佇まいは日本なのですが、周囲の植生は富山とは異なり南国を思わせました。九州や沖縄まで行かなくても異国の雰囲気を感じた旅行となりました。

■ 今日は第一日曜、薪焚き人の会の活動日 by M2017/09/03

今日は第一日曜日ですので、金山里山の会の下部組織、薪焚き人の会の活動日です。夫が参加するのは3ヶ月ぶりになります。7月は私用で不参加、8月は暑さのため活動がなかったので6月以来となります。

今朝は窓を開けると寒いくらいの涼しさでした。今は雲間から太陽がのぞき、暖かくなってきました。絶好の活動日和です。

既に夫は出かけ、私は秋の庭で写真撮影。パヴェ脇でタマスダレとヤブランが花を咲かせていました。

タマスダレ

ヤブラン

車庫の入り口の花壇では赤紫蘇が花を咲かせています。どこかから飛んできた種が育ったのでしょう。取るに取れず花を咲かせてしまいました。種を飛ばす前になんとかしないと、来年花壇が赤紫蘇だらけになってしまいます。

アカジソ


■ 年齢もカボチャも50を超え天命を知る? by T2017/09/03

カボチャの収穫
今日は午前中、森の中でコナラの大木を伐採し、薪用に約40センチの長さに玉切りして搬出しました。

午後はカボチャの収穫をしました。8月中からポツポツとカボチャを収穫してきましたが、冬野菜の種蒔きも近日中に予定してるため、今日でカボチャのツルを始末し全てのカボチャを収穫しました。今日だけで45個、今までの収穫を合せると今年は軽く50個を超えました。春に植えた苗は2本でこれだけの収穫です。例年よりも小さめですが数は断然多いと思います。これで来年の2月頃までカボチャを食べ続けるでしょう。

今朝のラジオ放送で日本の食糧自給率は40パーセントを下回っていると言っていました。少なくとも我が家のカボチャ自給率は100パーセントを超え、親しい人に分けるだけの余裕ができました。有りがたいことです。

薪を作って野菜を作って、これでよしと思える年齢になったような気がします。

■ ランニングで感じる里山の秋 by M2017/09/04

昨日は、久しぶりにロングランをしました。気温が下がったこともありますが、富山マラソン当日までちょうど8週間というのがいちばんの理由です。このあたりで練習距離を伸ばさないと当日に間に合いそうにありません。

ということで、太閤山ランドまで足を伸ばし、園内を一周して帰りました。途中、秋の気配を感じることばかりでした。車で通っていても見逃していたことに気づきます。


クズの花
クズの花です。クズが鬱蒼と茂っているところが各所にありますが、花に気づいたのは昨日が初めてでした。



ススキの穂
ススキも穂を出し始めています。



色づき始めた銀杏
銀杏の葉が黄色く色づいていました。


昨晩から厚い布団に私は変えて冬用に。朝までヌクヌクとできました。これも秋の気配でしょうか?


■ 夏野菜の天ぷら、今年初 by M2017/09/04

夏野菜の天ぷら
今日の夕食に夏野菜の天ぷらを作りました。今更ですが今年初です。暑い間は揚げ物をする気になれませんでした。その上、この夏はナスが全くと言っていいほど花をつけませんでした。夏野菜の王様、ナスがない夏野菜の天ぷらはないでしょう。

ということで今年初の夏野菜の天ぷらになったということです。ナスはようやく成り出し、今日は5個収穫できました。また、今日の朝は15度ほどの涼しさ、寒さと言っていいほどでした。夫はウインドブレーカーを着て自転車に乗ったそうです。日中、気温は上がったとはいえ、汗をかかずに揚げることができました。

写真は、ナスのほか、ピーマン、シシトウ、オクラ、カボチャ、ゴーヤの天ぷらです。全て家庭菜園で収穫できた野菜です。ありがたいことです。

ところで、天ぷらの背後はコンロの周囲に貼られたレンガ調のタイルです。以前住んでいた家では揚げ物は全くしませんでした。壁が汚れるのが嫌だったからです。この家を設計してくださった天野さんが汚れても気にならないようにすればいいからという理由で採用された壁です。入居後、揚げ物をするようになりました。壁を掃除したことはありません。天野さんの発想に助けられている生活です。

■ 優先順位を変える by M2017/09/05

キンミズヒキ
久しぶりに早朝ランニングを30分しました。これまで暑いだの、だるいだの、雨が降りそうだのと言い訳をして早朝ランニングはお休みしていました。一昨日のロングランを含めて、富山マラソンまで2ヶ月を切り、ようやくお尻に日がついたのでしょう。

その点夫はコンスタントに走っています。暑い日も雨の日も走っていました。一昨日、その違いが判明しました。夫は走ることが本当に好きなのです。走らずにはいられないというのが本音のようです。

その点私は、走ることは好きではないけれど、目標、今の場合は富山マラソンの完走という目標があるから走るのです。

まあ、このままでは富山マラソン大丈夫かなあと夏の間中思っていたことを考えれば大きな変化です。朝の活動の優先順位をこのひと月は変える必要が出てきたということでしょう。

写真はキンミズヒキです。アナベルの脇で咲いていました。

■ 今日の収穫 by M2017/09/05

今日の収穫
先週からめっきり涼しくなり、菜園の野菜の成長が鈍化しだしました。今日の収穫は、ナス(中)3個、ナス(小)3個、オクラ(小)4個でした。7月から8月にかけては、毎日籠いっぱいにキュウリ、トマト、ピーマンなどが採れ、その処理に追われていました。このくらいの量ですと大事に料理することになり、少々寂しい気もします。

しかし、今朝、近所の畑でナスが終わりを迎えているのを見ました。我が家の菜園で瑞々しいナスが量は少ないもののまだ採れることを思うと嬉しいことです。

さて、これからクックパッドに助けてもらい、夕食に鶏肉となすの南蛮煮を作ろうと思います。
https://cookpad.com/recipe/1210382