One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ イノシシ対策用の柵が完成間近 by M2017/11/12

完成間近、イノシシ対策用の柵
一昨年の夏に初めてイノシシ被害に遭って以来、イノシシの侵入に悩まされ続けていました。

一昨年は菜園が被害にあい、夫は冬の間に単管パイプと木製の板とで菜園の周囲を囲みました。その甲斐あり、以降菜園でのイノシシ被害はありません。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/01/07/8309864

昨年の夏、今度は庭にイノシシが侵入し百合根を根こそぎ掘り上げられて食べ尽くされてしまいました。夫がとった対策は「ししがき」でした。近所の竹やぶから切り出した竹を地面に打ち込み、庭の萩の枝で竹と竹の間を編みました。その後、1年はイノシシ被害はありませんでした。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/01/09/8311831

ところが、今年の6月末に再び庭にイノシシが入り込み、昨年に引き続き、百合根が被害にあいました。その後も、何度か侵入し、椿の苗木を倒されたり、栗を食べられたりと「ししがき」での対策の限界を思い知ることとなりました。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/06/29/8606387
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/09/14/8676852

そこで、夫は考えました。その柵がようやく完成を迎えそうです。

材料費は10万円弱。コストパフォーマンスが高く、性能も確かで、耐久性のある柵になったのではないかと思います。

亜鉛ドブ漬けの単管杭を40本打ち込み、1本の杭につき2個、計80個のクランプを取り付け、そこに半分に切ったガルバリウム鋼板を針金で取り付けたものです。

材料費の内訳は以下のとおり
亜鉛ドブ漬け単管杭  1,500円×40本=60,000円
クランプ 150円×80個=12,000円
ガルバリウム鋼板 900円×20枚=18,000円
ステンレス製針金

さらに、杭を抜けば移動もできます。

お世話になったのは「コメリ」です。近郊には「カーマ」、「ムサシ」、そして「コメリ」、3つのホームセンターがあるのですが、亜鉛ドブ漬けの単管杭とシルバーのクランプを取り扱っていたのは「コメリ」だけだったとのこと。

夫の情報収集力とアイディアには恐れ入っています。おかげで9月中旬に被害にあって以降、庭へのイノシシの侵入は認めまれません。

コメント

トラックバック