One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ ハーブティー教室を前に(1)…飲む by M2018/04/29

5月の末にOne’s Wayが応援してるイエルバスさんが、我が家でハーブ教室を開催します。ハーブ教室に向けて、我が家の庭にあるハーブを紹介したいと思います。

1)ミント(スペアミントか、ペッパーミントかは不明)
ミント
この地を手に入れてすぐに、鉄道の枕木で花壇を作り何種類かのハーブを植えました。今も残っているハーブの一つです。その強さは実証済み。ここ2年は、ミントシロップを作り、夏の間炭酸水や水で割って楽しんでいます。

水に生の葉を入れて一晩冷蔵庫に入れておけば、爽やかなミント水のできあがり。夏の来客に喜んでもらえます。

地下茎でどんどん増えていきます。ですから地下茎をコントロールすれば増えすぎを防げます。我が家では除草時に繁殖エリアを制限するようにしています。

2)レモンバーム
レモンバーム
ミント同様、土地を購入直後から残っているハーブの一つです。大きな株は当初からのものですが、種を飛ばして庭中に芽を出しています。使い道はお茶くらいですので、除草時には雑草と一緒に取っています。

白い小さな花が可愛いので花の季節は、花瓶に活けて室内で楽しむこともあります。


3)カーリーミント
カーリーミント
葉がカールしているミントです。見かけはチャーミングですが、香りと味は特に特徴はないような気がします。

新築時に家の外壁用の塗料を手配してくださった塗装屋さんの自宅の庭にあったものを株分けしてもらいました。新築直後から、我が家の庭の一員ですから、17年が経過しました。

今日のところはこの辺で終了とします。5月27日(日)、28日(月)のハーブ教室で扱うハーブはこの中にあるのでしょうか?楽しみですね。


コメント

トラックバック