One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ ハーブティー教室を前に(2) …健康のために by M2018/04/30

イエルバスさんのハーブティー教室の詳細がFBにアップされました。

ハーブの紹介に力が入ります。今日は普段助けられているハーブを2種類紹介したいと思います。

4)ジャーマンカモミール
ジャーマンカモミール
林檎の香りが特徴的なカモミールですが、寝付けない時にお茶を飲むと効果てき面です。不眠に悩んでいた知人に分けてあげたこともあります。最盛期に花を摘み天日で乾燥させて、1年分のお茶を作っておきます。

これも当初から残っているハーブの一つです。こぼれ種で増えるので、毎年庭のあちらこちらで花を咲かせています。写真は咲き始めのものです。これからひと月ほど次々と花を咲かせるので、5月末のハーブティー教室の時に最後の花が残っていれば良いのですが・・・。

5)レディスマントル
レディースマントル
女性特有のお腹の痛みを和らげる効果があります。痛みで何も手につかない時にでも、葉をお茶にして飲んでいます。カモミール同様、その効果は抜群です。しかも葉を使うので冬季以外は庭に出て葉を摘んでポットに入れ、熱湯を注げばできるので、乾燥させ保存という手間が不要というのも嬉しいところです。

黄色い小さい花を咲かせます。グラスに挿して窓際に置けば、涼しげな空間を創れます。これも楽しみの一つです。

レディスマントルは後から我が家の庭に加わりました。3株あったのですが、デッキ下に移植後2株は消え、今は一株だけが残っています。大切にしなければいけませんね。


コメント

トラックバック