One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ ハーブティー教室を前に(3)…料理に by M2018/05/01

今日は料理に欠かせないハーブを3種類、紹介します。

6)タイム
タイム
造園直後に景観デザイン「リイフス」の代表Oさんからいただいたものです。車庫前に積まれた利賀石の隙間に株を移植してくださいました。繁殖力が強く、手入れをしなくても年々増えていきます。

土地を購入直後にも植えたのですが、それはあっという間に消えてしまいました。石の隙間という条件がよかったのでしょうか。

タイムの使い道はないと思っていたところ、遊びにくてくださったフランス料理店「サロンドエスタミネ」さんご夫妻から「トマトにあいますよ。ラタトゥイユに刻んで入れて見てください。」とアドバイスをいただきました。その後、トマトを使った煮込み料理やソースに大活躍することとなりました。

景観デザイン「リイフス」さんについては、こちらをご覧ください。
フランス料理店「エスタミネ」さんについては、こちらをご覧ください。

7)ベイリーフ(月桂樹)
ベイリーフ
菜園の入り口にある月桂樹、一昨年の冬の雪で倒れたため根元から切ったのですが、ご覧の通りひこばえに葉が繁っています。根元から切った枝を乾燥して、お肉の煮込み料理に大活躍。乾燥中の枝に気づかれた来客には枝ごと持ち帰っていただいたこともあります。

雪で倒れても復活した月桂樹に力強さを感じます。この力が深い香りを産むのでしょうか?


8)ローズマリー
ローズマリー
ローズマリーは土地を購入直後に1本購入したものがありました。こちらに住み始めてから、鉢に移して車庫前に置いてありました。ある日帰宅すると鉢が壊れてローズマリーは倒れていました。車庫前でUターンした車のせいではないかと思います。移植には弱いらしくその後、枯れてしまいました。

造園後にほふく性のローズマリーを購入してタイムの側に2本植えました。1本は消えてしまいましたが、残った1本はグリル料理に活躍してくれます。薄紫色の可憐な花も楽しめます。


※イエルバスさんのハーブティー教室についてはこちらをご覧くださいませ。
また、イエルバスさんについてはこちらもどうぞ。

■ ハーブティー教室を前に(4)…家を守る by M2018/05/02

今日は家を守ってくれているハーブを紹介したいと思います。

9)ルー
ルー
猫よけのために車庫前にルーを植えました。引っ越してきて直後、近所で飼われていた猫が毎日のように我が家にやってきて、車庫や床下でオシッコをしていくのです。その匂いたるやたまったものではありません。

猫よけに良かれと思われることは色々と試してみましたが、決定打に欠けていたところに知ったのが「ルー」でした。早速、5株購入して車庫前に定植したということです。

とにかく強いハーブです。種で増えるのですが繁殖力は半端ではありません。独特の匂いは猫を寄せ付けないようです。近所の飼い猫は姿を消し、今は観賞用として車庫前の花壇の縁に並んでいます。

ハーブティー教室の頃は花が最盛期なのではないかと思います。


10)ハウスリーク
ハウスリーク
家の守り神のハーブとして知られています。私の実家からやってきました。乾いた地面で育つので、軒下やデッキ下の砂地の場所で育っています。北側の軒下から、南側のデッキ下に移植後は成長が旺盛で、以前の5倍ほどの大きさになっています。

私は、シーサーがわりのハーブだと思っています。魔除けに家の周りのあちらこちらで増殖中です。

フォルムに力強さと可愛さとを感じるところも、シーサーに似ていませんか?



■ ハーブティー教室を前に(5)…和製ハーブ? by M2018/05/04

■ ハーブティー教室を前に(5)…和製ハーブ by M


今日は、我が家の和製ハーブの紹介をします。

11)ドクダミ
ドクダミ
6月に白い花を咲かせます。独特の香りが特徴的です。我が家では生葉を煎じてお茶にします。ドクダミだけだと香りがキツイので、麦茶や番茶とブレンドすることが多いです。

我が家では除草剤を一切使っていませんので、増え過ぎたらいつでも刈り取ってお茶にできるところが幸いです。ドクダミは地下茎で増えます。戦っても敗北は明らかですので、最近ではドクダミと争うことはやめ、増えすぎない程度に草取りのついでに地下茎から取り除いています。取り除いたと思っていても地下茎は残っています。そこから新たに小さな芽を出すのです。

12)ヨモギ
ヨモギ
草餅に入れるヨモギです。子供の頃、この季節になると若いヨモギの葉を摘み取って祖母が草餅を作ってくれたことを思い出します。繊維質ですので、しっかり刻むことがポイントかと思います。

これまでは他の草と一緒にむしり取っていたのですが、そろそろ私も草餅に挑戦できたらと思い、今年はむしらずに残してみました。

13)ウド
ウド
我が家の庭に自生していたウドです。最初はウドとは気づかなかったのですが、近所のおじさんに教えてもらい、ウドだとわかりました。株を菜園に移植したのですが、残っていたようです。その後も毎年のようにウドが顔を出してくれます。

14)ミツバ
ミツバ
ミツバも自生していました。スーパーマーケットで売られている三つ葉とは異なり、葉の大きさが10cmほどのものもあります。香りでミツバだと分かるのですが、その巨大さに圧倒されそうです。

15)ユキノシタ
ユキノシタ
ハーブなのかよくわかりませんが、薬草と言われますよね。傷に葉を貼ると良いと聞いたことがあります。

その他、フキノトウ、セリ、タラノメ、ミョウガもあります。その内、ミョウガ以外はウドやミツバと同様、自生していたものです。移り住んだ最初の頃は、敷地内に食べられる草が生えていることに驚きの連続でした。今では、雪解け直後のフキノトウに始まり、夏野菜が採れ始めるまで山の幸をいただけることに感謝しています。



■ 18回目終了 by T2018/05/04

一直線の煙突
薪ストーブの煙突掃除が無事終了しました。2001年に初めて煙突掃除を経験し、今回で18回目。今回は煙突の屋根貫通部に足場確保のための恒久金属桟を板金屋さんに取り付けてもらっていたため、以前より楽に且つ安全に作業することができました。

煙突掃除は毎年大型連休中に行うことに決めています。決めておかないとズルズルやらないからです。

写真に見られるように我が家の煙突は本体から一直線に上っています。よって煙突を分解することなく上からブラシを入れていくだけでススがストーブ本体に落ちてきます。1シーズン焚いて煙突内部には約1ミリ程しかススが付着していません。毎年掃除しなくても良いのかもしれませんが、煙突トップのコーキング等チェックにもなりますし、何より持続することによって作業工程がスムーズになると思います。

自分で薪割りすることと自分で煙突掃除することは、薪ストーブライフを志した時からの自明でした。今後も体が動く限り続けるつもりです。

■ 死ぬまで焚き木を背負って勉強 by T2018/05/05

死ぬまで勉強、死ぬまで再塗装
空気の乾燥し過ごしやすい初夏のこの時季、煙突掃除も終了すれば、今度は家の塗装に最適の季節です。

新築時から我が家の外壁塗装は全て私達夫婦2人で行ってきました。我が家の使用してきた塗料は、和信化学のガードラックアクアという水性塗料です。新築時に妻が富山県の木材試験場で収集してきた情報から選択しました。

最近、塗料には浸透性の塗料と皮膜を作る塗料があることを知りました。ガードラックアクアはその中間の半造膜塗料です。

皮膜タイプの塗料の欠点は、古くなった塗装面に剥離が起きやすいことです。剥離が起こり始めた面に上からいくら再塗装しても直ぐに剥がれてしまいます。それは金属面の錆の上にいくら再塗装してもダメなのとよく似ています。剥離を十分にスクラッパーで剥がしてから再塗装する必要があり、それがひと仕事な訳です。

築18年で再塗装も含めて計4回の外壁塗装を行なってきましたが、現在のところ目立った剥離が生じている箇所は見当たりません。しかし今後、生じるかもしれません。

スクラッパーでの剥がし作業、不織研磨布での磨き作業など、いくら年齢を重ねても日々新たなことの勉強です。それがとても楽しい。

「若い人は新たなことが頭に入りやすいけど、歳をとったらダメ」と言う人がいます。僕はそう思いません。何故若い学生時代には知識等新たなことの吸収が良かったかに見えるかは、学生時代は勉強さえしていれば文句が言われなかったからです。大人になるといろいろな責任が生じてきて日々雑事に追われ、勉強に集中できないから知識の吸収が悪くなったように見えるのです。

どれだけ年齢を重ねても、新たな学びに楽しさと喜びを見出し続ける限り、成長に衰えはないと僕は思っています。

焚き木を背負いながら読書する二宮尊徳の像は、小学生ではなく熟年者に訴えているかに僕には思えます。

■ 美しいフォルム by M2018/05/06

庭の植物を見ていると本当に美しいと思います。葉や花弁が描く曲線は計算され尽くされているように感じます。自然の中で生きていくにはある種の合理性が宿っているのでしょう。

植物に宿る…

一方で天野さんが設計された我が家、bue-dueの中村さんが製作した家具、お気に入りのインテリアにも、植物を見ている時同様の美しさを感じることがあります。何かしらの共通点があるのではないかと思います。

人工物に宿る…

美しいフォルムに囲まれていると心が本当に安らぎます。休日に家から離れられないのは、心の平穏を乱したくないからなのかもしれません。


■ ガードレールの無い道路 by T2018/05/07

ガードレールの無い道路
我が家の敷地前の市道にはガードレールが存在しません。地面に張り付くように約6メートル幅アスファルト道路が続いています。これであと電柱が無ければスッキリとしたカントリーロードになるんだけど・・。

ガードレールが無いならば自分の安全は自分で注意する。細くて車のすれ違いが大変ならばお互いに道を譲ったりする。サービスが過剰になればなるほど、人間は個別に分断された考えない人間になる。少々不便で不足状態な環境が人間性を維持していくことに繋がるんじゃないかと僕は考えます。

みなさんはどう思いますか?

■ 美しいデザインに囲まれて by M2018/05/09

富山県美術館所蔵
今日、ひょんなことからある人とデザインの話になりました。

イギリスの建築家でありデザイナーでもあるマッキントッシュのテーブルを見て「この形に意味はあるのか?」と聞かれました。そのテーブルの脚はマッキントッシュの作品特有の何本もの直線が交差したデザインでした。

「デザインと機能とを兼ね備えた結果なのではないか。」と答え、補足したことは以下の通りです。

・毎日見るものだから、美しいにこしたことはない。
・美しいデザインに囲まれていると、意識しているいないにかかわらず、美しいものが視覚に入るので、認識に影響を与えている。
・その結果として、同じものを見ていても感じ方に違いが生じる。

というようなことを話しました。

無意識の力を軽んじてはいけないと私は思うのです。美しいものに囲まれていると、知らず識らずのうちに美しいものとそうでないものとを見分ける力がつくのではないかと思います。

自然の中に身を置くということは、美を判別する力を鍛えていることになるのかもしれません。

■ 続・美しいデザインに囲まれて by T2018/05/10

美しい街並み
前回の記事で妻が、日頃視界に入る美しいデザインや自然の光景が知らず知らずのうちに人々の感性を鍛えていくと語っていました。僕も同感です。

道路沿いに捨てられたゴミやタバコの吸い殻は勿論、電柱、看板、上り旗などもそうです。

欧米では家の前庭が雑草だらけで手入れされていなかったり、公共の道路に面したところに洗濯物やシーツなどが干してあると、近所の住民からクレームを言われるそうです。もっともな事だと僕も思います。

日常の風景は公共の財産であり、不断の努力で維持していくものだという点で、人間の権利に似た性格を有しているようですね。

■ アール・ヌーヴォーというデザイン by T2018/05/11

アール・ヌーヴォーデザイン
写真は、僕の自転車のラグ(パイプとパイプをつなぐ部分。紺色の部分)の写真です。ナベックス社のコンチネンタルカットラグ(フランス製)ですが、僕には19世紀ベル・エポック時代のアール・ヌーヴォー・デザインを彷彿させます。アール・ヌーヴォーとは「新しい芸術」という意味です。

産業革命を経て日常品の大量生産が進行し、人間性の疎外が危惧される時代の中で起こった暮らしの装飾、日常のアート化、職人仕事の再評価。それがアール・ヌーヴォーでした。そんなアール・ヌーヴォー運動は、かつて一部の人間に独占され、フォルムの再生を許さなかった芸術界を解放し、アートを民主化することに貢献しました。

アール・ヌーヴォーの時代からおよそ100年経過しましたが、暮らしそのものをアート化する意味は、現代においても決して色褪せてはいません。今こそ我々一人一人がアートのパトロンになろうではありませんか!