One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 金山講演会「義の英雄 上杉謙信」2020/02/11

「義の英雄」上杉謙信 越中襲来
来る3月14日(土)、射水市金山コミュニティセンターにて、今年度の各種サークル文化活動における合同閉講式に際し、記念講演会が催されます。北日本新聞でお馴染みの富山市郷土博物館主任学芸員萩原大輔氏を御迎えして、以下の演題で講演していただく予定です。

「義の英雄 上杉謙信 越中襲来」

上杉謙信(長尾景虎)は祖父の代から越中国の一向宗(浄土真宗)と戦を交えています。かつてNHK大河ドラマにもなった海音寺潮五郎著『天と地と』には、信仰心厚き長尾景虎がなぜ一向宗と戦うのか、その大義名分は、正確な文章は覚えていませんが、確かこのような記述があったと記憶しています。

坊主(宗教)が農民(庶民)から搾取するなど言語道断である。

宗教とは本来、政治でも経済でもなく心の救いの問題です。信心深く毘沙門天を崇拝し、自らの旗印に「毘」の文字を掲げた謙信のいかにも大義らしい記述です。あくまでも小説の中での記述であり真偽の程は分かりませんが。
謙信は織田信長軍(柴田勝家軍)に手取川の戦いで勝利するなど、49年の生涯の中で一度も敗北したことの無い戦国大名であり、その戦には常に彼なりの大義があったとされます。

謙信の時代から約450年経過した現在の富山県(旧越中国)、果たして宗教とお金の関係は解消されたでしょうか?既存の宗教が心の救いや拠り所として現在十分に機能しているでしょうか?

どのような話の内容か分かりませんが、僕は上杉謙信にとても興味を持っています。上杉謙信の祖父長尾能景は般若野(現砺波市)で戦死し、父長尾為景は栴檀野(現砺波市)で戦死した説が残っています。栴檀野には為景塚も残っています。般若野も栴檀野も金山のひと山越えたお隣です。
皆さんも一緒に講演会に参加してみませんか?

コメント

トラックバック