One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 大型連休は土と仲良く by T2020/04/26

新緑の庭
富山県の週間天気予報では、大型連休中は比較的晴天の予報が出ています。ラッキー!
やりたい事がいっぱいあります。

先ずは夏野菜の苗植え。既に元肥を施した畝が完成しており、いつでも準備OK.追肥用のボカシ肥料も作ってあります。

次に新たに広げる菜園の客土作業。山砂、牛フン堆肥、腐葉土を運び入れて土作り。

ユズの苗を植える場所の土作り。山砂や腐葉土をすき込んでフカフカの土にします。

里山の落ち葉集め。コナラ雑木林には昨年の落ち葉がいっぱいあります。林道掃除も兼ねて落ち葉を集め、菜園に搬入。腐葉土はどれだけ有っても構いません。

スキマ時間は寸暇を惜しんで草取りと草刈り。至福のひと時です。

ということで、大型連休は思いっきり土に親しむことになりそうです。土とは微生物や細菌たちの集合体。これまで人間は微生物や細菌たちと共存しながら生きてきました。それが最近では除菌や滅菌に人間は躍起になっており、人間にとっての善玉菌さえも一緒に除菌される始末。今後おそらく人間は抵抗力・免疫力を低下させることでしょう。

ところで日本では、コロナ感染者に対する差別や嫌がらせが起こっています。とうとう人間も本性を表しましたね。ウイルスよりも人間の方が怖い。肺炎より人間に殺されるかも。

とまあ色々総合しまして、大型連休中は危険な人間との接触を8割以上減らし、代わりに安全な雑菌たちと仲良く過ごしたいと考えています。

コメント

トラックバック