One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 無関心な健康社会 by T2018/06/26

ツール・ド・フランス1993
僕たち夫婦はサッカーワールドカップの試合中継やTVニュースを見ない。その理由はこういうことだ。

誰かが必ず結果や試合内容を教えてくれるから。

聞こうともしていないのに、情報は否応なく半ば強引に入ってくるのだ。それならば、貴重な自分の時間を割いてまで自ら積極的に情報を得る必要はないだろう。その時間を他のことに費やしたほうが自分にとって生産的だ。例えばマラソンのインターバルトレーニングをしたり、バッハのマタイ受難曲に関する理解を深めたり、庭の常緑樹の剪定をしたり(今が常緑樹の剪定時期)・・。それが近代社会の分業化というものだ。

年齢を重ねれば重ねるほど、自分に残された時間も貴重になってくる。純粋に僕はその限りある時間を本当にやりたいことに使いたいと思う。

1982年、サッカーワールドカップ、スペイン大会。当時僕は高校生。深夜TV中継されていた当時フラメンゴ所属のジーコやソクラテスなどブラジル黄金カルテットの試合を見ていた。当時日本におけるサッカーはマイナースポーツで、多くの人が巨人軍と千代の富士に注目している時代だった。次の日サッカーの話を一緒にできる人は稀だった。

それが今はどうだろう。僕より年上で、本田圭佑のプレーに関する話はできるけれど、西ドイツチーム、ピエール・リトバルスキーのプレーをリアルタイムで果たして観ていたのだろうか?いつからサッカーを観るようになったのか?観るようになったキッカケは何なのか?みんなが観だしたからか?

別に自慢しているわけではない。僕の言いたいことはこういうことだ。

多数派、少数派に限らず、自分が本当に好きなことをやれば良いわけで、大衆に流され迎合し、自分の欲求そのものさえも周囲にコントロールされるなんてたまったもんじゃない、ということだ。ただし自分が本当に好きなことが認識されているならば。

ちなみに僕はサッカーに興味がない。サッカー熱(サッカービジネス)が頂点に達している現在だからこそ、この瞬間、「全くサッカーに興味がない」と断言できる社会がとても健康的だと考える。

話は変わるが、1993年7月、僕たち夫婦はフランスを旅した。自転車レースであるツール・ド・フランスを観戦するために。でも多くのパリジャン、パリジェンヌたちはさほどツール通ではなかった。当時とてもカルチャーショックを受けた。フランス人ならみんなツールに興味を持っているものと思っていたから。

しかし思えばそれが平和であり成熟した社会なのかもしれないと思った。皆がブレずに一様に同じ方向を向いていて、よそ見をすることが全く許されない社会こそ、本当に怖い社会なのかもしれないと強く思った。

写真は1993年のツール観戦におけるもの。

■ カスクの話 by T2018/06/25

ヴィンテージカスク
cask(カスク)とは、ウイスキーを熟成させるためのオーク樽のことです。ウイスキーの定義が①穀物を原料にしていること、②蒸留酒であること、そして③樽熟成されたことの3点であることから、いかにカスクがウイスキーにとって重要であるかが分かるでしょう。樽によって熟成されるものは時間だけではなく、独立精神といった密造の歴史も含まれています。

僕はそんなウイスキーが大好きです。そして自転車も大好きです。

最近スポーツ自転車に乗るサイクリストをよく見かけるようになりました。僕がスポーツバイクに乗るようになった30年以上も前には、ほとんど見かけませんでした。たまに見かけるサイクリストはほとんど顔見知りでした。

最近のサイクリストはエイリアンに似たヘルメットを被っています。でも僕は30年以上も前からcasque(カスク)と呼ばれるソフトシェルのヘッドギアを被ることが多いです。偶然かもしれませんが、カスクの形状は樽を横から見た形に似ています。

写真は現在も愛用しているイタリア・ロジェーリのカスク(黒、補修の黄色革)とチネリカスク(白)です。共にヴィンテージもので、僕のサイクリストとしての歴史が熟成されています。

■ アイルランドの思い出_2016春 3日目:ガラスの街ウォータフォード by M2018/05/17

2016年4月7日(木)

この旅で初めて訪れたウォーターフォードは、Suir川の河口にある港町です。前日に観光の目玉、ウォーターフォードクリスタルを見学したので、この日はブラブラと街歩きをしました。

旅行中の1日はランニングで始まります。この日も薄明るくなった日の出前にホテルを出て、街の西に向かって走りました。小鳥の鳴き声のシャワーを浴びながらのランニングは最高でした。テクノロジーカレッジの前庭では一際種類が増した鳴き声に思わず足を止めました。街はずれには城壁と見張り塔も残っていました。

ウォータフォード夜明け前

街を一周してホテルに戻る頃には明るくなります。写真の右奥にMarina HOTELが見えます。

右奥にmarina HOTEL

シャワーで汗を流し、ホテルのレストランでアイリッシュブレックファーストを時間をかけていただいた後は、いよいよ街歩きです。目まぐるしく変わる天気の中、レジナルドの塔、中世博物館、Christ Church Cathedral(ウエッジウッドの見事な天井に注目!)等、主な見所は街の中心部に凝縮されており、徒歩で簡単にまわることができました。

クライストチャーチ大聖堂

早々に観光を終えて、ホテル近くのBarでギネスビールを楽しみました。

その後もメインストリートを散歩。通りに向く庭の柵、路地に建つアパートメントのガラス製の軒、自転車レーンが整備されている主要道、モニュメントが美しい川岸の公園。日常の何気ないデザインに目を奪われたのでした。

アイアンの柵

路地のデザイン

自転車レーンのある道路

憩いスペースのモニュメント

翌日は、北へ向かい始めての北アイルランド入りです。

■ アイルランドの思い出_2016春 2日目:OK SPORTSの店主John O’Keefe氏のもとを訪れる by M2018/05/16

2016年4月6日(水)

この旅の一番の目的は、アイルランドの南東部に位置するCarrick-on-Suirにあるスポーツショップ”OK SPORTS”の店主John O’Keefe氏のもとを訪れることでした。

Carrick-on-Suirは、夫が溺愛するサイクリスト ショーン・ケリーの出身地です。 1度目の旅では鉄道でCarrick-on-Suirに到着しました。慌てて飛び降りたにもかかわらず、列車が5分以上停車していたことを以前記事にしました。

その理由が今回の旅行で判明しました。

移動の足VW

2度目の旅行から車をダブリン空港で借りて移動しています。この日、ダブリン空港でフォルクスワーゲンの小型車を借りてCarrick-on-Suirへの移動中、街の入り口の踏切で遮断機が降りたのです。それも人力で!列車の通過前に人(たった一人の駅員さん?)が踏切に出て来て遮断機を降ろし、列車が通り過ぎた後再び駅員さんが踏切にやって来て遮断機をあげたのです。乗降客が駅を去るまで、私達は車の中で待たされたということです。

人力の遮断機

さて、最初の旅行1995年でショーン・ケリーが誕生した街を訪れて、私たちが最初にしたことは、宿を見つけること。幸い駅から歩いて数分のところにB&Bを見つけて宿を確保。その後、街の自転車ショップを探しました。東西に長い街、といっても300mあったかなかったか。その東端にそれらしき店を発見しました。それが、OK SPORTSでした。店頭に自転車が並べられており一目瞭然。恐る恐る店に入った後の、思いも寄らぬ出来事は以前の記事をご覧ください。

また、2005年の2回目の旅行で再びお店を訪れた時のことは以下の記事にあります。

今回の目的は、店主のJohn O’Keefe氏にお会いすることでした。真っ先にお店に向かったのですが、昼食休憩中のようでお店は閉まっており、しばし街の散策の後にお店を訪れることにしました。車を街の中心にあった駐車場に停めてから歩き出しました。この日のCarrick-on-Suirは冬に逆戻りしたような寒さで大粒の霰が降ったり止んだりの中での散策となりました。

2回目の訪問で整備されていたショーン・ケリー・スクエアを再び訪れると落書きが!強風と霰の中を渡ったSuir川。ニューブリッジからオールドブリッジを見ることができました。
ショーン・ケリー・スクエア

Suir川

OK SPORTSを目前に霰が強まり駆け込んだ教会。暖房が寒さから救ってくれました。

教会

先の2回の旅行で滞在したB&B「FATIMA HOUS」は営業をやめられたようで看板は外されていました。

元B&B FATIMA HOUSE

午後2時、再びお店の前へ行くと店名が「O’K CYCLE & SPORTS」に変わっており、珍しい今風の三輪車が店頭に飾られていました。店内にはO’Keefe氏の姿があるではありませんか!

OK SPORTS

二人で店に入り10年ぶりの再会をO’Keefe氏も大変喜んでくださり、近くのレストラン「O’Ceallachain’s」で食事をおごってくださいました。デザートまでいただいて最後に記念写真を!隣の席の母娘はご近所さんのようで、お店のスタッフともO’Keefe氏とも顔見知りの。旦那様(お父様)が中国人とのことで、親近感を持ってくださったようでした。

記念撮影

お腹が一杯になった後は、この日の宿泊地、ウオーターフォードへ向かいました。Marina HOTELはSuir川の河口付近にあり、部屋の窓から川の流れを望めました。

ウオータフォードMarina HOTEL

旅の残り8日間はおまけです。70歳のO’Keefe氏にお会いでき、この旅の8割を終えたようなものでした。

■ アール・ヌーヴォーというデザイン by T2018/05/11

アール・ヌーヴォーデザイン
写真は、僕の自転車のラグ(パイプとパイプをつなぐ部分。紺色の部分)の写真です。ナベックス社のコンチネンタルカットラグ(フランス製)ですが、僕には19世紀ベル・エポック時代のアール・ヌーヴォー・デザインを彷彿させます。アール・ヌーヴォーとは「新しい芸術」という意味です。

産業革命を経て日常品の大量生産が進行し、人間性の疎外が危惧される時代の中で起こった暮らしの装飾、日常のアート化、職人仕事の再評価。それがアール・ヌーヴォーでした。そんなアール・ヌーヴォー運動は、かつて一部の人間に独占され、フォルムの再生を許さなかった芸術界を解放し、アートを民主化することに貢献しました。

アール・ヌーヴォーの時代からおよそ100年経過しましたが、暮らしそのものをアート化する意味は、現代においても決して色褪せてはいません。今こそ我々一人一人がアートのパトロンになろうではありませんか!

■ この自転車おいくらですか? by T2018/04/26

おいくらですか?
あなたのその自転車の値段はいくら?と言う質問ほど難しい質問はない。

生まれて初めて買った競走用自転車(ロードバイク)は中古で3万円だった。それから少しずつ部品を交換して現在に至っている。現在では当初の自転車の部品は全て入れ替わってしまっている。フレームも当初のものではない。最も長く使用している部品はサンシン工業製の後輪ハブで、これは大学4年生の頃から使用しているものだ。このハブだって玉押しやベアリング、シャフトを交換しているので、正確に言えば後輪ハブのフランジ本体のみが約40年近く使用されていることになる。そのフランジ本体さえもオリジナル当初のものではない。

だから、あなたのその自転車はいくらですかと質問された場合、3万円というのも気が引けるし、だからといって今まで費やしたお金の総額を答えるのもおかしい気がする。そもそも総額は僕にも分からない。

僕の自転車に限らず、僕自身だって新陳代謝によって日々細胞が入れ替わり、当初の自分の身体ではなくなってしまっている。しかし自分というアイデンティティを見失うことなく50年以上も自己を同一視し続けている。そういう観点からすれば、僕の自転車は3万円から始まったと答えることにしようかな。この事実だけは真実である。と同時に、正直言って僕の自転車をお金という尺度で客観視したくないのが偽らざる本心である。

■ 雪が解けると直ちに・・ by T2018/03/03

快晴のひな祭りの今日、今年初めての自転車通勤。富山マラソンのコースでもある田圃の中の一本道をシングル固定ギアのSSバイクでサイクリングしました。立山連峰が神々しく映えていました。

立山連峰とSSバイク

雪解けの水溜まりが道路にあっても、フェンダーとマッドフラップを装備しているので全く問題なし!上着はポール・スミスの薄生地ツイードジャケットを着て、靴は1998年にギルロイのアウトレットで購入したBASSのローファーを履いていましたが、全く汚れる心配なし! よって気分も快晴でした。

雪どけの白菜

我が家の菜園では、雪が解けて白菜が顔を出しました。丁度貯蔵してあった白菜が尽きたところだったので早速収穫!寒さの中で甘くなった自家製無農薬無化学肥料白菜。巷では野菜が高値とのこと。本当に有難いことです。明日はネギと小松菜を収穫しようかな?

妻は大きくなり始めた椎茸も収穫していました。おそらく今晩は鍋料理でしょう(ズバリ正解でした!)

このブログをアップしてから、お抹茶と桜餅で、ささやかなひな祭りを行います。BGMは、アリソン・クラウスとロバート・プラントのデュエットアルバム『レイジング・サンド』(2007作品)にしよう。


■ One’s Wayに新たな展開が… by M2017/12/24

渋谷さんと写ルンです。
今日は朝から素敵な出会いが次々とありました。

一つは、TOYAMAハッピーライフキャンペーン2017への応募がきっかけに、私たちの日常を「真白の恋」の坂本監督がショートムービーにしてくださるとのことで、監督自ら打ち合わせのために我が家にお越しくださいました。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/12/18/8750733

富山を拠点に活動されている坂本監督の「富山から世界を目指したい」という言葉に感銘を受け、心から応援したいと思いました。そして、打ち合わせを終えてすぐに「真白の恋」のDVDを注文しました。

そしてもう一つの出会いは、「真白の恋」で主人公の真白の自宅としてロケに使われた「しぶやサイクル」の代表渋谷英さん(来年90歳になられるとのこと)にお会いできたことです。渋谷さんは昭和40年代初頭に富山にサイクリングを持ち込まれた方で、夫は予々お会いしたいと思っていたそうです。

坂本監督との出会いが引き金となり、午後からは射水市の北部、旧新湊市内川沿いにある「しぶやサイクル」へ行きました。渋谷さんはご在宅で夫と自転車話に花が咲きました。お店を後にする時、記念に写真をご一緒に取らせていただきました。その後に信じられないことが起こったのです。渋谷さんからお名前を聞かせくださいと言われて名前を名乗ったところ「ニューサイクリングに文章を書いていた方ですね。どんな人が書いているのだろうと思っていました。」とおっしゃてくださったのです。

2013年3月号から2014年7月号まで11回、夫の書いた文章が掲載された雑誌でした。原稿料はなく、出版社からは発売前日に雑誌の現物10冊が届いていました。すでに廃刊となっており、一体誰がこの雑誌を読んでいるのだろうかと思っていましたが、目の前に読んでいただいた方が、しかも富山のサイクリング界の重鎮、あまりの嬉しさに少し目がうるっとしました。

このブログでも時々シリーズの一環としてニューサイクリングに送った文章と写真をアップしています。最初に掲載されたのがこちらです。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/02/25/8374778


One’s Way- それぞれのあたりまえ -のウエブサイトに次の一文があります。
http://www.ne.jp/asahi/ones/way/about.html#aboutus
*******************************
One’s Way[ワンズウェイ]に期待すること。

One’s Wayがヒトやモノとが交差する場であることを願っています。そして、One’s Wayで交差したヒトやモノとに化学反応が起こり、新たな価値が創造されれば本望です。
*******************************

今日は、私たちのOne’s Way、すなわちOur Wayに新たな価値を感じることができた1日となりました。

みなさまのおかげで、happy holidayになりました。ありがとうございます。

写真は写ルンですと渋谷さんのことが紹介されている書籍「旅用自転車 ランドナー読本」山と渓谷社(2010)です。うっかりカメラを忘れた為、「真白の恋」のロケに使われた「アミヤ写真館」で購入しました。「アミヤ写真館」でも奥様から「真白の恋」のロケの裏話を聞けました。

「真白の恋」とhappy holidayの引き金を弾いてくださった坂本監督についてはこちらをご覧くださいませ。
http://www.saganpictures.com

■ 自転車の分解掃除 by T2017/12/11

分解掃除
冬のオフシーズン、悪天候の今日は自転車の分解掃除の日と決めていました。

作業場所は床下ベースメント。自転車のBB(ペダルクランクの軸部分)とハブ(ホイールの回転軸)をバラしてボールベアリングを取り出し、古いグリスを拭き取ってから新しいグリスを塗り込み、玉当たりを調整してスムーズな回転にセッティングするのです。

最近の競技用自転車部品はメンテナンスフリーという名の使い捨て部品が多くなり、分解できても新しい専用工具を必要とし、極めて分解が困難になってきています。

僕の愛車のBB及びハブは現在も競輪競技用自転車で使われているような部品なので、昔ながらのシンプルな構造。昔ながらの専用工具で簡単に分解掃除できます。

特に後輪のハブは、1987年沖縄国民体育大会、自転車トラック競技を走った時に使用したサンシン工業のハブを、30年間分解掃除しながら現在も使用しています。現在のレースに使用するならば少々気が引けますが、レースに参戦するわけではないので、長距離サイクリングにも十分使用可能です。

一枚固定ギアのため、チェンもギア板も外し隅々まで短時間で汚れを引き取ることができ、且つ目視可能です。よってシンプルな構造は故障も破損リスクも極めて低いと言えましょう。事実今シーズンはメカトラブルが全くありませんでした。

この後、ブレーキを取り外しハンドルをトラック用に交換します。そして室内3本ローラーにセットして冬季エクササイズに備える予定です。

■ 富山の色 by T2017/11/28

快晴の一日でした。

幻想的な石畑池
朝は放射冷却で白霜に覆われ、石畑池から霧が湧き上がる幻想的風景を呈しました。

白霜から湧く

日が昇り、紅葉の紅葉が鮮やかに。

秋の色

午前中、知人の竹林でシシ垣用の竹を割り自宅に搬入。

立山連峰をバックに

午後、愛用自転車で出勤。途中、農閑期の水田の背景に雪化粧した立山連峰が姿を表していました。ゴルフ練習場と鉄塔が残念です。

冬は水蒸気量が少ないので、晴れた日はあらゆるものが明瞭で鮮やかに映ります。