One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 薪ストーブ、初着火 by M2017/10/20

薪ストーブ着火
写真は薪ストーブ着火時のろ床の様子です。昨日は夕方から再びストーブを焚きました。日中、気温が上がらず、寒さを堪えられませんでした。

夕刻、夫は外へ出ていたので、私の初着火となりました。半年以上ぶりでしたので、少し緊張しましたが、こともなく着火できました。

金山里山の会の会長さんとよく議論になることがあります。それは、着火時の薪の組み方です。私は最近は写真の組み方で着火しています。一番下に割り箸、その上に杉の皮、さらに建材の木っ端、そして雑木の薪です。夫の組み方を真似ているだけですが…

理にかなっていると思います。まず、割り箸に火をつけ、それから燃えやすい杉の皮へ火が移り、炎が大きくなります。そこから木っ端へ火が移り、最後に雑木の薪へ…。数分で火が安定しました。

日によっては10分も20分も火が安定せず、四苦八苦します。薪の乾きや気象条件にもよりますが、その一番の要因は、自分自身の内面にあるような気がします。焦っているときは大抵うまくいきません。

薪ストーブの着火は内面の状態を映し出す鏡のようです。

■ 薪ストーブ5日目 by M2017/10/19

薪ストーブ様様
写真は朝に炊く薪です。これで約2時間分といったところでしょうか。

この日曜日に初めて薪ストーブに火を入れてから5日間、朝だけ薪ストーブを焚いています。先に夫が記事にしたようにお湯が沸くので朝食後にコーヒーをすぐに入れることができます。

また、洗濯物が乾きます。昨日は秋晴れを期待していたのですが、結局は一日中どんよりとした天気でした。洗濯物の乾きは今ひとつでしたが、薪ストーブを焚けばしっかりと乾いてくれます。

たったこれだけの薪で、暖かい朝を過ごせる上、乾ききれていなかった洗濯物が乾き、コーヒー用のお湯も沸かしてくれます。薪ストーブ様様ですね。

■ 秋の庭を彩るツワブキ by M2017/10/18

ツワブキ
写真はツワブキです。侘びた秋の庭を彩っています。

庭造りを始めた当初、私が好きな黄色の花を中心に宿根草を植えました。スイセン、クロッカス、ヒオウギetc.その中でクロッカスは球根をもぐらに食べられあっという間に姿を消しました。その後、スイセンを増やし、春はスイセン、夏はヒオウギを楽しめるように…。

その点、ツワブキは新参者です。3年前に私の実家から株を譲り受け移植しました。彩の少なくなってきたこの季節に、庭の一角で鮮やかな黄色い花を咲かせてくれました。我が家の庭で存在感を高めています。花のない季節でも艶やかな葉が目を楽しませてくれます。

今日は晴れの予報です。秋空に黄色い花と艶やかな葉の緑が映えることと思います。

■ 紅葉しつつあるOne’s Wayの庭 by M2017/10/17

我が家でも紅葉が…
先週から肌寒い日が続いている北陸富山では、紅葉が少しずつ進んできています。標高の少し高いところではモミジが色づき始めていました。我が家の庭でもヤマボウシ、ウワミズザクラの葉が色づいてきました。ヤマボウシは赤色に、ウワミズザクラは黄色に…

ナナカマド、モミジ、カツラ、ケヤキの紅葉がこれから進むことでしょう。11月18日・19日のOne’s Way-それぞれのあたりまえ-のイベントは紅葉の進んだ庭を眺めながら開催できることを念じています。

■ 今シーズン初焚き… by M2017/10/16

昨日の夕方、半年ぶりに薪ストーブに火が入りました。私たちは薪ストーブの火をスナフキンと呼んでいます。春から秋、ムーミン谷に帰っていたスナフキンが、冬の間は我が家で過ごしてくれるのです。

シーズン初焚きはマッチ一本で火をつけるが恒例となっています。炉床に薪を組んでからマッチで割り箸に火をつけ、組んだ割り箸に火を移します。

マッチ一本から火をつけます
1 マッチ一本で火をつけます
組んだ割り箸に火を移します
2 組んだ割り箸に火を移します
割り箸に火が移りました
3 割り箸に火が移りました

炉床の様子
4 炉床の様子

だいぶ火が安定してきました
5 ストーブに入る空気量を調整しながら、火が安定するのを見守ります。

あとは見守るだけ
6 あとは見守るだけ

火が安定するまでほんの数分でした。さすが18シーズン目に入った薪ストーブライフ、初焚きにしては上出来です。火が安定すればあとは時折目をかけてやればOK。ネイティブアメリカンが焚き火の火をbabyと言っている理由が分かるような気がします。

昨日はワインで初焚きを祝いました。2時間ほどの初焚きでしたが、家は十分に温まり、朝までぬくもりが残っていました。空気ではなく物を温める薪フトーブの効果の賜物です。


■ One’s Way-それぞれのあたりまえ-2017秋のDM完成!2017/10/15

One’s Way-それぞれのあたりまえ-2017秋のDM
昨晩、bue-dueの奥様からOne’s Way-それぞれのあたりまえ-2017秋のDMが届きました!

イベントの概要はこちらの記事をご覧ください。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/09/26/8684458

よろしければ、One’s Way-それぞれのあたりまえ-のサイトへも遊びにいらしていただければ幸いです。過去のイベントのことなどを掲載しております。
http://www.ne.jp/asahi/ones/way/index.html

■ 一足先にエルクがやってきた! by M2017/10/15

エルクのぬいぐるみ
写真はエルクのぬいぐるみです。我が家唯一のぬいぐるみは膝掛けを手にしてソファに座っています。

先週末、薪ストーブの準備のタイミングで、ロフトにある長持から出てきました。冬の間、私たちと共に過ごしてくれるエルク。あどけない表情に気持ちが緩みます。

今はソファでiPadをいじる夫の隣で私の方を見ています。膝掛けを使うとテナガザルのようになるのでそれもまた可笑し。

寒い時期に薪ストーブは体をエルクのぬいぐるみは心を温めてくれます。

■ 補助暖房、使い始めました by M2017/10/13

補助暖房としての蓄熱式暖房器
昨日、今日と最低気温が10度程となりました。薪ストーブは焚けるばかりになっているのですが、火入れは週末までお預けとなっています。

そこで補助暖房を使い始めました。我が家の補助暖房は蓄熱式暖房器です。新築当初は薪ストーブで家全体を温めるつもりでした。薪ストーブの暖かさは格別ですし、我が家より広いスペースでも薪ストーブで十分に暖かい体験もしていました。

しかし、住んでみて甘かったことに気づいたのです。新築時、フルタイムでの共働きでした。早朝にストーブを点火するも2時間ほどで出勤。帰宅時にはすっかり冷え切った室内で、また点火。薪ストーブは焚き始めてから部屋が暖まるまでにかなり時間を要します。さらに、薪ストーブ初心者ですから、今ほど上手く着火できるはずもなく、冷え切った室内で震える毎日でした。

1シーズン目は何とか耐えたのですが、これが続くかと思うとゲンナリしました。そこで、寝室に補助暖房を入れることにしました。そこから私たちの暖房器探しが始まったのです。

当時はインターネットが今ほど発達はしていなかったので、書籍と口コミが主な情報源でした。さらに、上京の折にショールームやお店を周り、私たちの暮らしにあう暖房器を見つけるのに数ヶ月。

東京でこれという暖房器が見つからず意気消沈して帰宅したら、郵便受けに電機屋さんのチラシがポスティングされていました。そこに蓄熱式暖房器が紹介されていました。空気を汚さず、暖房原理が輻射熱というところが気に入りました。

ただ、ヒーターからの電磁波が気になり、即決はできませんでした。電磁波測定器を手にいれてショールームで測定し、一安心。機種を選ぶ段となり、シンプルで歴史のあるスティーベルの蓄熱式暖房器を選択しました。決め手はアナログで操作できるところでした。温度設定、風量設定はダイヤルです。最初のシーズンに色々と試して、今ではこのくらいの気温の日は、このくらいの設定で…という具合に手動でダイヤルを回しています。

蓄熱式暖房器のおかげで布団はふっくら(北陸の冬は湿度が高いため通常布団は湿ってしまいます)、朝は暖かく、寝起きが良くなりました。かつて使っていた電気毛布はお蔵入り。靴下をはかずとも快適に睡眠を貪れます。

■ 土間のない玄関 by M2017/10/13

土間のない玄関
今日は玄関の内側の話です。

我が家の玄関には土間がありません。玄関ドアの前にキリムのラグマットを敷き、その上で靴を脱ぎ履きしています。

こうなった理由は…
家の設計時、夫は広い土間が欲しいと設計士の天野さんに要望していました。その理由は、自転車のメンテナンスをするため。その一方で、小さくシンプルな構造も合わせて要望していました。その結果が、土間のない玄関となったのです。

天野さん曰く、土間でなくても自転車のメンテナンスはできるでしょう。土間は土間としてしか使えなくなり、居住スペースが減るのでもったいないとのこと。これに夫は納得して、土間がなくなったのです。

3年前に床下を土間打ちしたので、今はそこで自転車のメンテナンスをしています。以前は2階の書斎スペースにビニルシートを敷いて、自転車のメンテナンスをしていました。

小さい家ですが、暮らしているのは大人二人です。1日活動すれば使わないスペースがないほど、無駄なく使っています。天野さんの発想に脱帽です。

■ 玄関前の変化 by M2017/10/12

玄関前、少しずつ変化しています
写真は我が家の玄関です。門扉と一緒に作っていただいた手すりが左に見えます。来客が一人ですと心配ないのですが、来客が二人になると一方の方が後ずさりされて、橋から落ちるのではないかという心配がありました。

木製の橋に変わって、新たに鉄製の橋をかけたのが2010年でした。その時は手すりもいらないと言っていたですが、設計士の天野さんの提案で、片方だけ手すりをつけました。その手すりとデザインを合わせて今回、玄関前に作ってもらったのです。

2010年、もう一つ加わったのが、玄関前の照明です。
それまでは暗い玄関でした。梯子風なものをデザインして、鉄で作ってもらいました。それに脱衣場で使っていた照明を電気屋さんにとりつけてもらって完成。郵便受けは入居直後から使用していたものを再利用しています。新宿のCONRANショップで購入しました。

入居から16年と9ヶ月。少しずつ玄関前が変化しています。雨樋を取り付けたのはその後です。使い勝手が悪いところ、あるいは使い勝手を改善できるところを、できる範囲で少しずつ変えていくスタイルが私たちの家づくりのようです。