One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 我が家でプロジェクションマッピング? by M2018/07/17

宙に浮く部屋?

写真はリビングダイニングから撮りました。窓の向こうにもう一部屋あるように見えます。しかも、宙に浮いたように…。

プロジェクションマッピングは建造物に映像を映しているので違いがありそうですが、面白くて撮影しました。

今日も真夏の日差しが朝から降り注いでいます。この日差しが作ったマジック?!日差しは植物の成長に欠かすことはできません。お陰でキュウリが沢山穫れます。巷では悪者扱いされている感じですが、我が家では面白い現象を産み、野菜の成長に欠かせない日差しに感謝です。

■ おべんとうの時間 by M2018/07/13

おべんとうの時間
ANAの機内誌「翼の王国」に掲載されている「おべんとうの時間」を気に入っています。搭乗した際には必ず目を通します。

それを真似て今日は、我が家のおべんとうの時間を記事にします。火曜から土曜まで毎日、夫と私の昼食用のお弁当を朝ごはんの準備と並行して行います。おかずはワンパターン。肉か魚の主菜、野菜主体の煮物、和物、漬物、サラダのいづれか、卵料理(卵焼き、ゆで卵、たまにオープンオムレツ)です。

今日のメニューは豚肉のスペアリブ、焼き魚、卵焼き、キュウリの漬物です。肉と魚、両方あるので今日はちょっと特別です。野菜は全て自家製。それに梅干しご飯。夏場は防腐、食欲増進の目的で時々、梅干しを入れてご飯を炊き込みます。

お弁当箱は、以前記事にもしましたが結婚直後にかつての同僚の披露宴に参列するために行った水戸の西武百貨店で買い求めたもの。28年目になっています。ステンレス製のオカズが入っているものは東急ハンズで昨年購入しました。

お弁当作りの醍醐味は詰めるときです。配置と分量を考えて、見栄えをよくする。ちょっとしたアーティスト気分です。夫用のお弁当箱は私の5倍くらい入ります。それににご飯をぎっしりと詰めます。それでも完食!

私たちのおべんとうの時間でした。

■ 本当は… by M2018/07/11

今朝の里山
ランニングの記事を時々書いていましたが、本当はランニングは好きではないということが分かりました。

何を隠そう、このふた月私は全く走っていません。最後に走ったのは5月12日でした。それも旅先という特別なシチュエーションで観光を兼ねてのことですから、純粋なランニングとは言えません。

これまで20年余り、少しではありましたがそれなりに走っていました。走り始めたきっかけは仕事上、どうしても走らなければいけない事情があり、練習を始めたことです。朝20分ほどのランニングをひと月ほど続けたでしょうか。仕事のために走っていることが虚しくなり、自分のために走りたいと思い、マラソン大会にエントリーしました。

当時はランニング人口、特に女性は少なく5kmコースのエントリー者は20名を切っていたと思います。初エントリーで3位に!その流れで毎年、1、2回エントリーを続けました。同じ参加料ならばより長い時間楽しめた方がいいという思いが出てきて、5kmから10km、その後はハーフを走るようになりました。タイムも徐々に更新し、楽しく走っていたつもりでした。2回目以降、入賞することは一度もありませんが。その流れでフルマラソンにも何回か挑戦しました。

今年に入り、夫のボストンマラソン出場を最大限サポートすることを私のミッションとし、私自身が大会にエントリーすることを辞めました。その結果、ほぼ走ることはなく、全く走りたいとは思わず、日々過ごしています。

あのランニング熱は何だったのでしょうか?本当は家でまったりとしていたい人間だったのだと、今になって気づいています。

写真は今朝の里山の風景です。昨日の午後、短時間でしたが強い雨が降りました。その名残で川の激しい流れの音が聞こえています。

■ 今年の紫陽花 by M2018/07/09

昨年は7月7日に「紫陽花天国」と題して記事をアップしました。

今年は二日遅れでの「紫陽花天国」です。こちらも先週水曜日から4日間雨が続き、庭に降りることができませんでした。昨日は五日ぶりの日差しに誘われて、庭を歩くと紫陽花が雨に濡れ、その重さで倒れているではありませんか!

倒れ気味の紫陽花を剪定して活けたものが以下の写真です。

トイレには一輪を銅器の花器に。

玄関先です。銅器の花器に一輪、ガラスの小さな器に一輪。

ダイニングテーブルには、GUNNESのグラスにアナベルを。

玄関先、大寺幸八郎商店の花器に。

洗面所です。ガラスの薬品瓶に。

ストーブのトップにはアナベルを高岡銅器の花器に。

足踏みミシンの上にも!

bue-dueのたまちゃん作のネストテーブルにはトルコ土産の鉢と一緒に

キッチンカウンターにも曲がった枝をまとめて。

以上、我が家はただいま紫陽花天国となっています!お時間がある方はどうぞ見学にいらしてくださいませ。事前にご連絡をいただければ対応いたします。
こちらまでご連絡ください。

■ A mirror world in KANAZAWA by M2018/07/03

A mirror world
昨日、金沢で開催中の本郷仁展「似て非なるもの」へ行ってきました。ギャラリーO2で開催中の個展は街中のビルの一室に本郷さんの世界が作られていました。

迷路のようになった空間では、何が実像でどれが鏡像なのか、鏡像が消えると同時に実存も消えるような錯覚etc. 色々な感覚が湧き起こりました。

さて、金沢はバーゲンの真っ最中。買い物と食事を堪能して、久しぶりの金沢を楽しみました。外国人観光客を大勢みかけましたが、この暑さをどのように感じてるのでしょうか?スウェーデン人らしき夫婦と子供4人の家族連れ。子供達が無邪気にじゃれあっている姿はどこの国でも共通ですね。

これも似て非なるもの?

本郷仁個展「似て非なるもの」についてはこちらをご覧くださいませ。
http://www.ne.jp/asahi/ones/way/news.html#di_jun

■ 苦しい結末 by M2018/06/30

紫陽花
昨日、映画「万引き家族」を観ました。
是枝裕和監督の作品に初めて出会ったのは2004年に公開された「誰も知らない」でした。その時も大きな衝撃と悲しみ、憤り、様々な感情が沸き起こり、鑑賞後しばらくは心神喪失状態でした。

今回の「万引き家族」もそれ以上に鑑賞後に様々な感情が沸き起こりました。昨日は興奮が冷めず、日が変わってようやく落ち着きこうしてブログを書いています。

予告の映像で語られている登場人物の語りに込められたメッセージ。映画の中でその背景が理解でき、切なさ、怒り、哀しみ、愛情etc. 様々な感情の渦に取り込まれました。

「人は自分の経験と理解の範囲内でストーリーを作りがち。特に力を持っている人間は…」

映画を見終わった後に最初に口に出た言葉です。自戒を込めて、社会には自分の経験と理解を超える事実が存在することをイメージできるか否かで、他者への眼差しが変わると思いました。

未だ、ご覧になっていない方は是非、観て頂きたい映画です。ここ数年は単館系の映画ばかり観ていたので、久しぶりのロードショーでした。期待通り、否、期待を超える作品に大大大満足です。

写真は今朝、我が家の庭で切ってきた紫陽花です。混乱した心を沈めてくれます。

■ これが最後 by M2018/06/27

MITSUBISHI掃除機1990年製
写真は結婚時に購入した掃除機です。

27年4ヶ月使いました。使用時に接触不良で度々止まるようになったので廃棄を決めました。吸引力が落ちたわけではないので何とも複雑な別れです。

結婚当初に購入したり頂いたりした家電のうち、最も長くおつきあいした物が掃除機になりました。先日、新しい掃除機を近くの家電量販店で購入しました。店員さんが「よく使われる家庭ですと3、4年で壊れます」と言われたので、我が家ではよく使う家庭の9分の1の使用頻度だったのでしょうか。複雑な心境になりました。

次の不燃ゴミ収集の日がお別れの日となります。最後の姿です。

■ ようこそ! アナベル by M2018/06/23

アナベル
写真はアナベルです。
庭で咲くアナベルを切ってきて昭和40年代のものと思われる高岡銅器の花瓶に活けました。


梅雨入り後、雨が少なく庭の紫陽花は萎れ気味でした。花の色もくすんでおり、切っていけるという気にはならずにいました。今週の火曜日の夜から水曜にかけて雨が降り、ようやく紫陽花に生気が戻ってきました。

アナベル、本紫陽花、額紫陽花、柏葉紫陽花etc.
20本以上ある紫陽花が百花繚乱、One’s Wayの庭で楽しめます。

One’s Way- それぞれのあたりまえ -のイベントは昨年秋で一旦終了しましたが、紫陽花の時期に何かできるといいなあと思う、今日この頃です。

■ まぶしい朝 by M2018/06/22

まぶしい朝
写真は今朝の空です。

梅雨晴れの雲ひとつない空。日差しが降り注ぎ、まぶしい朝です。真夏と違うところは、爽やかさです。ノースリーブでは肌寒い爽やかな空気があたりに満ちています。

今朝は寝起きにヨガを30分。1週間前から久しぶりにヨガを再開しました。硬くなってしまった体が少しずつほぐれています。

夫は朝から菜園へ。今日はたっぷりとインゲンが収穫できました。胡麻和えを作り食卓へ。

日中は30度まで気温が上がる予想ですが、良い1日になりますように!

■ コートジボアール作家の絵本が翻訳出版されました! by M2018/06/20

『アヤンダ おおきくなりたくなかったおんなのこ』
コートジボアールは西アフリカの赤道より少し北にある日本とほぼ同じくらいの面積の国です。

コートジボアール 作家の絵本を富山在住の知人が翻訳出版しました。


『アヤンダ おおきくなりたくなかったおんなのこ』
ヴェロニク・タジョ 文/ベルトラン・デュボワ 絵/村田はるせ 訳
風濤社 (1500円+税)

詳しくはこちらのサイトをご覧ください。
http://ehonmurata.septidi.com


★Yahoo!ニュースに、絵本を紹介するインタヴュー記事が掲載されました。(2018年5月2日)
こちらもご覧くださいませ!
https://news.yahoo.co.jp/byline/wakabayashitomoko/20180502-00084721/