One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 三日ぶりの晴れの朝 by M2017/07/26

今朝の庭
日曜日から断続的に降り続いた雨がようやく上がりました。

この間、畑の作物は低温と日照不足のせいでしょうか、成長が鈍化しました。今朝の収穫は、トウモロコシ7本にピーマン5個とキュウリ1本のみ。先週、キュウリの消費に追われていたのが嘘のようです。
また、強い雨のせいで菜園のイチジクの枝が4、5本折れていました。実をつけていたので残念!

私の体の方は、夏バテから回復し、今朝は9日ぶりにランニングをしました。正味40分ほど、湿度は高かったものの、日の出前で日差しがなく、気温も低めで、比較的快適に走れました。

三日ぶりの晴れに洗濯物が乾きそうです。湿気をため込んだ壁材も今日は、湿気を吐き出すことでしょう。

写真はランニングから帰って撮影した今朝の庭です。

■ 土用の丑の日、夏野菜で夏を乗り来る by M2017/07/25

野菜づくしの食卓
今日は土用の丑の日でした。我が家では、いつも通りの野菜づくしの夕食でした。夏のウリ類は鰻同様、夏バテ防止効果があると言われています。その理由は、旬ですから栄養価がもっとも高くなっていること、体を冷やす効果があることなどがあるのでしょう。

キュウリを食べると食事の時に飲む冷茶の量が減ります。キュウリは水分量が多いだけでなく、体を冷やすので冷茶を飲む必要がなくなるのだと思います。普段は食事をすると体が熱くなるのですが、キュウリを食べているとそれもあまり感じません。

ウリ類以外にも、シシトウ、インゲン、トマト、ピーマン、ナス、オクラ、途切れることなくなっています。しかし、今日はあいにく一日中雨でした。昨日、収穫した野菜が残っていたので、夕食はそれらを食材にした献立となりました。

キュウリと生姜のお酢の物、インゲンの黒ゴマ和え、ゴーヤと豚肉の炒め物、ピーマンの佃煮、シシトウの佃煮、キュウリのきゅうちゃん漬けです。

これらプラス鰻の白焼き。あっさりと里山の塩をつけていただきました。

■ 自然素材が真骨頂を発揮 by M2017/07/25

湿度100%!?
昨日は梅雨末期の天候で朝から雨が降ったり止んだりの1日でした。日差しがほとんどなかったので気温はあまり上がらなかったのですが、湿度が非常に高い1日でした。ちょっと動くとべっとりと汗ばむ、湿度100%の状態でした。

ところで、我が家の壁材が自然素材だということは先日記事にしました。そのおかげで室温上昇が抑えらると…。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/07/20/8624296

昨日は調湿という点で壁材が真骨頂を発揮してくれました。いつも通り朝起きて窓を全開にしました。外気の湿度はほぼ100%だったのでしょう。室内の空気が屋外の空気と入れ替わり、温湿度計の湿度は100%を指しました。気温は25度ほどにもかかわらず、汗がじわじわとでてきます。

午前10時ごろ意を決して家中の窓を閉め切り、扇風機で過ごすこととしました。すると、100%を指していた湿度計の針が1時間も経たないうちに約90%まで下がりました。と同時に室内の空気のベタつき感がなくなり、心なしか杉板の床のベタつきも緩和され快適になりました。

その後、一切窓を開けることなく、扇風機だけで1日を過ごしました。食事時はキッチンで火を使いましたが、それでも1日、室温、湿度ともほぼ一定に保たれ、この気象の割には快適に過ごせたのではないかと思います。

漆喰と杉板の壁材、杉の床材、調湿効果のある素材を使った内装は、悪条件になればなるほど真骨頂を発揮してくれるようです。

今日も最高気温は低めなものの一日雨の予報です。我が家は真骨頂を発揮してくれるでしょう。

■ 巨大キュウリの成れの果て by M2017/07/24


巨大キュウリ
写真は巨大キュウリです。大きいもので1本が400gですから、市販されているきゅうりの4倍ほどになります。一昨日、私の実家で預かったものです。実家でもキュウリを育てており、採りそびれたものがこうなったようです。知人に4分の3ほどは引き取ってもらえ、大きい方から8本(2kg)が残りました。そうですよねー、こんなに大きなキュウリをもらってもどう料理していいか分からないですよね。

我が家でもうっかり採りそびれたキュウリが巨大化することがあります。そんな時には、きゅうちゃん漬けにすると嵩が減り、一度にたくさん食べられ、あっという間にお腹に入ります。ということで、昨日、2kgのキュウリを漬けました。材料と手順は以下の通りです。

【材料】
・キュウリ 1kg
・醤油      180ml
・穀物酢     45ml
・砂糖        100g
・生姜         50g
・鷹の爪        2本

【手順】
1 生姜は皮をむき千切りにします。鷹の爪は種を取ります。
2 大きな鍋にキュウリ以外の材料を火にかけ沸騰させ、沸騰したら火を切ります。
3 キュウリを食べやすい大きさに切り、2の鍋に入れます。
4 10分ほどしたら、キュウリの上下を入れ替えるために、全体をかき混ぜます。
5 30分放置します。
6 5(液はキュウリがギリギリにつかるほど)をビニル袋に入れ、密閉します。
7 冷えたら冷蔵庫へ入れます。半日ほどで食べられます。
(密閉したままであれば1週間は持つと思います。)


きゅうちゃん漬け
写真は先週金曜日に作ったきゅうちゃん漬けです。昨日の夕食は、きゅうちゃん漬けの他、スティックサラダ、トマトとの酢の物、ぬか漬け、計4種類の献立にキュウリが…。これで、キュウリをかなり消費できました。

(追記)
残った液も活用しています。昨日は残った液を鍋に入れシシトウを加えて煮詰め、シシトウの佃煮風にしました。


■ 期せずして完成したもの by M2017/07/23

アナベルのドライフラワー
期せずしてアナベルのドライフラワーができました。しかも、まあまあ高いクオリティーでです。

昨年の今頃、アナベルのドライフラワー作りに四苦八苦していました。色々なウエブサイトを参考にしながら試行錯誤し、ありたけのアナベルでドライフラワー作りを試みたのですが、結局、綺麗にはできませんでした。その中で飾れるほどにできたのが、炎天下の中、戸外に駐車した車の中で乾燥させる方法でした。

そんなことで今年はドライフラワー作りには熱が入らず、生花を切っていける日々でした。ところが…

アナベルのまだ少し白くなりきれていない一輪が銅器の花瓶の中でドライフラワー化しているではありませんか!3日前、葉が萎れ始めたので活け変えようかと思いました。が、待て待て、物は試しとばかり、葉だけを取り除き、花瓶の水をあけ、花だけにしたアナベルを花瓶に戻しました。写真が今日の姿です。

去年、あんなに苦労してもできなかったアナベルのドライフラワーがいとも簡単にできたではありませんか!要因として考えられるのは、少し緑が残っている若い花を使ったことと、ここ数日の猛暑ではなかったかと思います。

諦めていたドライフラワー作りでしたが、この体験を1度だけに終わらせないようこの後も試してみようかなあ!?