One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 移動する家で遥かなる旅路 by T2017/07/22

移動する家
災害の多い日本の場合、どこに住もうともその家に永住できるとは限らない。

そのため例えば耐震リフォームを新たに僕はするかと問われれば、僕はしない。そのお金を貯金しておいて家が倒壊した時は再建費用に当てる。かつて私たち夫婦は土地を購入し家を構えたが、さらにもう一軒分の建築資金をリスク管理として貯えておく。幸運にも被害に遭わなければそれはそれでさらに幸運。

でも今度家を構えるとしたら、僕はトレーラーハウス(キャンピングカー)を選択する。

小学生だった頃、僕は公園に展示してあったSL蒸気機関車を時々訪れ、そこに住みたいと本気で思っていたことがある。機動車両がキッチンで客車がリビング兼寝室。

中学生の時、映画『コンボイ』を観て、運転席の後ろにベッドルームを備えている大型トラックに憧れた。子供の頃からモバイルハウス(移動する家)に対する潜在的な憧れがあったのかもしれない。

地震、洪水、土砂災害に遭遇し、家が倒壊したと仮定する。土地そのものが消滅する可能性は低いと思われるので、その私たちの所有地を何とか復旧し、上下水道を修復し、そこにトレーラーハウス用の駐車スペースまたはガレージを整備するのだ。トレーラーハウスだったら自己資金を使わなくても地震保険金で入手でき、さらにお釣りがくるかも。

トレーラーハウスの暮らしは現在よりもさらにシンプルライフになりそう。僕は学生時代、キャンピング自転車にテント等生活道具を積んで旅をした。その経験から学んだことは、人間一人が生きていくのに必要なモノは自転車一台に積むことができるということだ。トレーラーハウスだったら夫婦二人分ぐらい充分キャパシティがある。

トレーラーハウスだと、平時はカーキャンピングでシニア旅行、非常時は家ごと避難場所へ移動。

何か不思議と楽しくなってきた。

■ 窓の外に向かって送風?! by M2017/07/21

外に向かって送風?!
写真は我が家の寝室の一角です。窓の外に向かって送風しています。クーラー(エアコン)のない我が家では数年前の夏から、寝室では夕刻以降外に向かってサーキュレータを運転しています。

寝室のドアや障子戸を締め切り、2つある窓を開け、小さい窓から室内の温まった空気をサーキュレーターで外に出しているのです。すると、もう一つの大きい窓から樹木で冷やされた外気がそよそよと室内に入ってくるのです。

冷えすぎず、暑すぎず、ちょうど良い塩梅の室温となり、朝まで熟睡できます。明け方には布団に潜り込むほどです。

今日の富山は猛暑日となりましたが、今の寝室は28度。寝着く頃にはあと2、3度は下がるでしょう。造園には、時間的にも経済的にも投資をしていますが、この快適さに投資の元は取れているのではないでしょうか。

■ ミニオクラ by M2017/07/21

ミニオクラ
写真は長さ2cmほどのオクラです。いよいよオクラの季節到来。タネから育てた株は20本ほどあるでしょうか。次々と成り成長が早いため、我が家では4、5cmになったら収穫します。明日には初物を収穫できそうです。

キュウリから始まった夏野菜の収穫、オクラ以外に残るはカボチャだけです。カボチャもだいぶ大きく成り、一番成長が早いもので直径が25cmほどに。

それはそうと菜園には実をつけなかったインゲンが葉をぼうぼうと茂らせています。それは昨年、採取したタネから育てたもの。できるだけ有機栽培された国産のタネを購入し、秋には次の年のためにタネを採取しておきます。しかし、昨年はそのタネが手に入らず一般的に売られている外国産のタネを購入しました。F1種だったのでしょう。今年は去年採取したタネも試しに撒いてみたのです。成長は芳しかったのですが、肝心の花が咲かず、もちろん実はつけませんでした。

その点、オクラは我が家の固定種となっています。この地の環境に適した種として、いつまでも守っていきたいです。

■ 最高気温34℃、冷房のない我が家の室温は? by M2017/07/20

冷房のない我が家の室温
今日も最高気温が30℃を超え真夏日となりました。午後5時半ごろ、お隣の高岡市中心部の気温は車の温度計で35℃でした。

家に近づくにつれ表示温度は下がり、到着時には31℃になりました。鍵を開け家に入り窓を開け放ちて30分後、ふと2階の寝室にある温湿度計を見ると30℃に達していないではありませんか!

クーラー(エアコン)のない生活について、これまでも何度か記事しました。今日は、冷房がなくても生活できることを数字で実感しました。かつては気温の低さはこれほど顕著ではなかったので、樹木の成長の効果が著しいのだと思います。

もう一つ効果があるとしたら、天然素材の壁材ではないかと思います。杉板と漆喰なのですが、共に調湿効果がある素材です。雨の日には湿気を吸収してくれます。その水分を今日は放出したことでしょう。水が蒸発するときには、周囲から熱を奪うので温度が下がります。その効果はわずかかもしれませんが、0(ゼロ)ということはないでしょう。

富山の南西部の山間地、五箇山に世界遺産の合掌造り集落があります。家づくりを考えていた頃の夏に訪れました。標高が高いとはいえ、屋外はそれなりに暑いのですが、家の中に入ると空気が冷んやりとしていました。

我が家は、そこまでではありませんが、自然素材の性能の恩恵を受け、冷房なしでもそれなりに快適に生活できています。

■ ひょっとして竜巻だった?! by M2017/07/12

雨と風が吹き込みました!
30分ほど前に竜巻注意情報が富山県全域で発表されたとの報道がラジオからありました。

私が外出していた午後1時半ごろ、我が家に突風が吹き付け、バケツをひっくり返したような雨が降ったそうです。その間、1分半ほどだったと夫は言っていました。午後1時2分にも竜巻注意情報の第1号が発表されていたので、竜巻だったのかもしれません。

住み始めたから16年半、一度も雨が入ったことのない妻部分の窓(オペレーター)から雨と風が吹き込み、壁と床がびしょ濡れになったそうです。妻部分の下にはオーディオのスピーカーと先日購入したばかりの扇風機があり、それらもびしょ濡れに…。

自然災害の少ないと言われる富山でも近年は自然の脅威を時々感じるようになっています。気象庁の高解像度降水ナウキャストによるとここ射水市の南部では19時ごろに最も強い雨が降りそうです。空の変化の様子に注意しながらしばらく過ごすことになりそうです。

写真は、雨と風が吹き込んだ妻部分の窓です。今は閉められています。明日明るくなったら壁にシミができていることを覚悟しています。