One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 日暮里繊維街でリネンの端切れ購入、足踏みミシン4回目の登場です! by M2017/06/01

布巾を縫いました!
先週末、所用で東京へ行ったことはすでに記事にしました。2泊3日の日程にした理由は、29日(月)に日暮里繊維街へ行きたかったからです。繊維街のお店の多くは日曜が定休日のため、月曜日は朝から日暮里へ!

月曜日の午前中にもかかわらず、多くのお客様で繊維街は賑わっていました。外国からの観光客風な人も大勢見かけました。

上京前に下調べをし、土曜の夜に会った友人にもアドバイスをもらい、訪れたのはトマト本館、セレクト館、ノーション館、南和産業の4店でした。もう一店、安田商店3丁目店へも行ったのですがあいにく月曜日は定休日でした。

目的の一つがリネンの生地の購入でした。かなり前からリネン製の食器拭きを愛用中です。しかし、1枚800円と少々高額。そこで、生地を購入して縫おうと思ったということです。

あるある、特にトマト本館では様々な素材の生地がうず高く積まれていました。しかも安い!リネンも多数あったのですが、薄すぎたり、厚すぎたり、デザインがイマイチだったり…、結局、購入せずに南和産業へ向かいました。

南和産業は、土間に数本のリネン生地が置かれているだけでしたが、私が探していた色、質感の生地がありました。しかも、端切れが店先に置いてあり0.5mで400円弱と超お買い得でした。端切れを4枚購入しました。

そして、昨日の午後、2ヶ月ぶりにミシンを使用しました。前回は3月30日、この時も記事を書いています。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/03/30/8426699

結局、4枚端切れのうちの1枚はコースター用にとっておくことに。残り3枚の端切れから布巾を6枚作りました。1枚200円弱の材料費で完成です!が、交通費・宿泊費を考えるとお得だったのか否か…。

それはともかく目的は一つ達成しました。もう一つの目的は…、その時期が訪れたら記事にしたいと思います。

■ GINZA SIX ガーデンで富山の里山を感じました(続き) by M2017/05/30

昨日、GINZA SIXへ行ったことを記事にしました。今日はその写真をアップします。


GINZA SIX 草間彌生さんの《南瓜》
<GINZA SIX 草間彌生さんのインスタレーション《南瓜》>

まずは、草間彌生さんのインスタレーション《南瓜》。吹き抜け空間に大小の南瓜がシャンデリアのように釣り下がっている様は圧巻でした。


そして、屋上庭園。ここにも、そこにも、あっちにも…

GINZA SIX ガーデン:コナラとカエデ
〈コナラとカエデ他〉

GINZA SIX ガーデン:シラカシ、アジサイ、カエデ他
〈シラカシ、アジサイ、カエデ他〉

GINZA SIX ガーデン:ウラジロ、ヤブツバキ、クリスマスローズ他
〈ウラジロ、ヤブツバキ、クリスマスローズ他〉

GINZA SIX ガーデン:クロモチ、サツキ、ヤブツバキ他
〈クロモチ、サツキ、ヤブツバキ他〉

GINZA SIX ガーデン:カツラ、モミジ、ツワブキ他
〈カツラ、モミジ、ツワブキ他〉

GINZA SIX ガーデン:ソヨゴ、ギボウシ、ヤマブキ、シャガ他
〈ソヨゴ、ギボウシ、ヤマブキ、シャガ他〉

GINZA SIX ガーデン:ユキノシタ
〈ユキノシタ〉

GINZA SIX ガーデン:タイム
〈タイム〉

我が家の庭で見る木や草があり、嬉しく誇らしい気分にさせてもらえました。



■ GINZA SIX ガーデンで富山の里山を感じました by M2017/05/29

週末、所用があり東京へ行きました。

用事は27日土曜の午後に済み、その夜は古い友人3人とスペイン料理とワインを堪能しました。現在の状況、若い頃の話、家族のことetc.に花が咲き、気づいたら11時をすぎていました。5時間も追い出されることなく、お店に置いていただきありがとうございました。

さて、昨日は4月20日にオープンしたGINZA SIXへいきました。屋上庭園と草間彌生さんのインスタレーションを見ることが主目的でした。

屋上庭園は東京湾からの風が心地よく、目を瞑ると都心であることを忘れそうでした。コナラ、シラカシ、ハウチワカエデ、タブノキ、ヤマボウシ、エゴノキ、アオキ、アジサイ、サツキなどの樹木、タイム、クリスマスローズ、ヤブラン、シラン、ユキノシタなどの下草は、One's Wayの庭の植栽と重なるものが多数あり、見飽きませんでした。

これも、あれも、それもある!


また、草間彌生さんのインスタレーションも素敵でした。無料でこれだけのアートを満喫できるなんて贅沢なことです。蔦屋書店さんが入っており、ここも楽しい空間となっていました。

買い物をしなくても一度は行って見る価値があると思います。特にGINZA SIX ガーデンは、四季折々の草木の変化を楽しむことができそうです。今度は、違う季節の庭を楽しみたいです。

それにしても雑木の庭を銀座のビルの屋上で見られるなんて、私たちが造園を計画し始めた10数年前には思いもよらないことでした。

■ さらばもう一度、アイルランド回帰の旅[僕がCOMPETITION BIKE(競走用自転車)にこだわる理由]- 後編その6: he present time in 2013 -2017/04/15

今は廃刊となっている『月刊ニューサイクリング』誌の2013年6月号に掲載された作品です。

■ The present time in 2013

「三顧の礼」という故事がある。
中国三国時代、蜀の劉備が三度、諸葛亮孔明の庵を訪れて遂に軍師に迎え入れたという逸話は、目上の人が礼を厚くして、人にお願いすることという意味だそうだ。僕自身が目上だと言えば、それは大ヒンシュクものだ。しかし、身分の上下云々よりも、何事であれ三度繰り返すことが、相手に対し「自分は只ならぬ気持ちを抱いている。真剣な思いがある。」というメッセージを送ることになるのではないかと僕は思うのだ。

何かに集中する際は「三昧(さんまい)」とも言う。単にサンスクリット語に漢字を当てたらしく、3という意味があるかどうかは怪しいけど。そして禅寺の空門、無相門、無願門の三門をくぐり、ただ一心に解脱を目指すことを「三三昧」とも言うらしい。二回までは割とできる。しかし、三度となると、それは正に「三度目の正直、正真正銘、真剣な感謝の気持ち」だ。

もうすぐ、2015年がやって来る。前回のアイルランドの旅から丸10年である。もし仮に、この原稿が「月間ニューサイクリング」に掲載された暁には、今度はコピーの郵送じゃなく、新品の一冊を持参して、スポーツショップ”OK SPORTS”の店主であるJohn O’Keefe氏のもとを訪れようと思っている。そして僕は以下のように説明し、「月間ニューサイクリング」をプレゼントしてこよう。

“This is the oldest and the most valuable bike magazine in Japan.”
“I am still riding my competition bike.”
“I will be a competitor to the last.”

(この雑誌は日本で最もヴィンテージの高い自転車雑誌なんだ。僕は今でも競走用自転車に乗っているよ。僕は死ぬまで選手だ。)

物語の続きは2年後の2015年に・・・

追記
もうピンと来た読者の方もいらっしゃると思うが、”OK SPORTS”のOKとは、いわゆる「いいね、オーケィよ」の意味ではなく、店主John O’Keefe氏のファミリーネームからとられていたわけである。


OKスポーツの店主と記念撮影
OKスポーツの店主と記念撮影。10年前に送ったお礼の手紙を持って[2005年、キャリック・オン・シュア]

(了)

※ 口絵、および前編はこちらをご覧ください。

http://onesway.asablo.jp/blog/2017/03/26/8421647


※ その他のシリーズはこちらをご覧ください。


■ さらばもう一度、アイルランド回帰の旅[僕がCOMPETITION BIKE(競走用自転車)にこだわる理由]- 後編その5: Carrick-on-Suir Again -2017/04/15

今は廃刊となっている『月刊ニューサイクリング』誌の2013年6月号に掲載された作品です。

------------------------------------------
■ Carrick-on-Suir Again

10年前に宿泊したFATIMA HOUSEという名のB&Bはまだ健在だった。
10年前に宿泊した日本人だと伝えたら、普通料金でスィート・クラスの部屋に案内され、アイリッシュ・ウイスキーまでご馳走になった。今回の旅はレンタカーだったので、郊外にある”Sean Kelly Sports Center”まで足を伸ばし、ジムでウエイト・トレーニングをして汗を流してきた。


[ショーン・ケリー・スクエア]のメモリアルプレート
新しくなっていた「ショーン・ケリー・スクエア」のメモリアルプレート[2005年、キャリック・オン・シュア]

そして町に帰ってきて、10年ぶりに散策すると「ショーン・ケリー・スクエアー」のメモリアル・プレートは大きく新調されていて、ケリーの写真入だった。そこには”SEAN KELLY King of Cycling”と彫られてあった。僕の友人が言っていた。Cyclingとはレース志向の単語だそうだ。自転車旅行志向はTouringというそうだ。 

スクエアーに面してあったフィッシュ&チップス屋さんは、一軒分、場所を移動し、店構えを新たに営業中だった。店主に「以前はお隣に店がありましたね」と話すと、「よく覚えてくれていたね!どこから?へぇー日本から。楽しんでいってね」と、出来立てフィッシュ&チップスを手渡して下さった。僕たちは町を流れるシュアーリヴァーの川べりのベンチに腰を下ろし、フィッシュ&チップスを平らげた。そしていざ、OK SPORTSへ。

店に入ると、あの髭の店主が。店主も僕たちもチラチラと相手を意識していた。僕はいつ話を切り出そうかとタイミングをうかがっていたところ、一瞬、店主の方が速かった。

“From Japan?”
“Yes, we are.”

そう僕は答えて、10年前に店主に撮ってもらったショーン・ケリーと一緒の写真をポケットから取り出して見せた。すると、店主は店のカウンターの後ろに貼ってある一枚の紙を外して、僕たちに見せてくれた。

「オーッ マイ ガーッ! 何ということでしょう!!」

それは、丁寧にクリアシートでラミネートし保護された、僕が10年前に送ったお礼の手紙と雑誌に掲載された記事のコピーだった。10年間大切にお店に飾ってあったのだ。あとは下手な叙述は要しませんね。

僕たちは10年前にショーン・ケリーと撮影した場所で、ケリーの立っていた位置には店主に立ってもらい写真を撮った。別れ際、僕は店主に、例の心残り、いつか尋ねようと思っていたことを質問した。

“Excuse me. What’s your name?”

※ 口絵、および前編はこちらをご覧ください。

http://onesway.asablo.jp/blog/2017/03/26/8421647