One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 薪ストーブ、初着火 by M2017/10/20

薪ストーブ着火
写真は薪ストーブ着火時のろ床の様子です。昨日は夕方から再びストーブを焚きました。日中、気温が上がらず、寒さを堪えられませんでした。

夕刻、夫は外へ出ていたので、私の初着火となりました。半年以上ぶりでしたので、少し緊張しましたが、こともなく着火できました。

金山里山の会の会長さんとよく議論になることがあります。それは、着火時の薪の組み方です。私は最近は写真の組み方で着火しています。一番下に割り箸、その上に杉の皮、さらに建材の木っ端、そして雑木の薪です。夫の組み方を真似ているだけですが…

理にかなっていると思います。まず、割り箸に火をつけ、それから燃えやすい杉の皮へ火が移り、炎が大きくなります。そこから木っ端へ火が移り、最後に雑木の薪へ…。数分で火が安定しました。

日によっては10分も20分も火が安定せず、四苦八苦します。薪の乾きや気象条件にもよりますが、その一番の要因は、自分自身の内面にあるような気がします。焦っているときは大抵うまくいきません。

薪ストーブの着火は内面の状態を映し出す鏡のようです。

■ 薪ストーブ5日目 by M2017/10/19

薪ストーブ様様
写真は朝に炊く薪です。これで約2時間分といったところでしょうか。

この日曜日に初めて薪ストーブに火を入れてから5日間、朝だけ薪ストーブを焚いています。先に夫が記事にしたようにお湯が沸くので朝食後にコーヒーをすぐに入れることができます。

また、洗濯物が乾きます。昨日は秋晴れを期待していたのですが、結局は一日中どんよりとした天気でした。洗濯物の乾きは今ひとつでしたが、薪ストーブを焚けばしっかりと乾いてくれます。

たったこれだけの薪で、暖かい朝を過ごせる上、乾ききれていなかった洗濯物が乾き、コーヒー用のお湯も沸かしてくれます。薪ストーブ様様ですね。

■ 働き者の小人たち by T2017/10/16

小人たちが見えますか?
薪ストーブに火が戻ると、お湯もガスレンジで沸かす必要がなくなります。今朝の朝食後のコーヒーも薪ストーブ天板で沸かしたお湯で頂きました。昨晩からポットに入れてあった水をストーブが沸かしてくれるので水道水に含まれる塩素も抜けています。

ところで我が家のキッチンには電子レンジと電子炊飯ジャーがありませんが、加えてもう1つ無いものがあります。それは電気ポットです。以上3つの電気シリーズはどうしても好きになれません。形的にも健康的にも受け入れることができません。それにかつてはそれらが暮らしに存在しなくても問題なかったわけです。各人感じ方は様々ですが、僕にはそのジャンキーさが受容できません。

というわけで薪ストーブに火が入っていない時はその都度ポットでお湯を沸かさねばならないわけです。それが薪ストーブに火があるとその手間が省かれます。ありがたいことです。ガス代も節約されます。

また加えて、これからおでんやシチューの美味しい季節になります。鍋を薪ストーブ上に置いておけば、あたかも働き者の小人たちが活躍してくれるかの如く、いつの間にかコトコトと煮込まれているわけです。時間のかかる豆の煮込みもこなしてくれます。

さらに小人たちは洗濯物も乾かしてくれます。薪ストーブを焚くと室内の湿度が下がります。加湿のためにも部屋干し洗濯物が必要になるわけです。遠赤外線と言う名の小人たちが乾かしてくれるわけです。

怠け者の僕にとって3つの電気シリーズは必要ありませんが、働き者の小人はいなくてならない存在です。

■ 今シーズン初焚き… by M2017/10/16

昨日の夕方、半年ぶりに薪ストーブに火が入りました。私たちは薪ストーブの火をスナフキンと呼んでいます。春から秋、ムーミン谷に帰っていたスナフキンが、冬の間は我が家で過ごしてくれるのです。

シーズン初焚きはマッチ一本で火をつけるが恒例となっています。炉床に薪を組んでからマッチで割り箸に火をつけ、組んだ割り箸に火を移します。

マッチ一本から火をつけます
1 マッチ一本で火をつけます
組んだ割り箸に火を移します
2 組んだ割り箸に火を移します
割り箸に火が移りました
3 割り箸に火が移りました

炉床の様子
4 炉床の様子

だいぶ火が安定してきました
5 ストーブに入る空気量を調整しながら、火が安定するのを見守ります。

あとは見守るだけ
6 あとは見守るだけ

火が安定するまでほんの数分でした。さすが18シーズン目に入った薪ストーブライフ、初焚きにしては上出来です。火が安定すればあとは時折目をかけてやればOK。ネイティブアメリカンが焚き火の火をbabyと言っている理由が分かるような気がします。

昨日はワインで初焚きを祝いました。2時間ほどの初焚きでしたが、家は十分に温まり、朝までぬくもりが残っていました。空気ではなく物を温める薪フトーブの効果の賜物です。


■ 薪割り再開 by T2017/10/10

3年後の薪
暑い時期は避けていた薪割りを再開しました。ようやく明るくなった6時頃、玉切りしてあったコナラを中心とする原木を斧で割り進みます。コナラを割った時、辺りにはワインのような香りが漂います。大好きな香りです。

今日割った薪は3年後の燃料になるでしょう。3年熟成といえばスコッチウィスキーの定義が3年熟成を法律で定めています。コナラと同類のホワイトオークでできた樽で熟成されるのです。コナラの英訳がオークです。ヨーロッパではオークの木はKing Of Woods(森の王様)と呼んでいるそうです。

「歳月は情熱の炎を消し去り、それを温もりに変える。」

これはアイラウィスキーのひとつ、ラガヴーリンのラベルに書かれた一文です。暦の上では寒露を過ぎましたが、朝御飯前からひと汗かきました。3年後、この薪は富山の雪の暮らしを暖めてくれるでしょう。

■ 薪ストーブ準備完了 by T2017/10/09

冬設定完了
今日は多くの作業がはかどりました。

日の出と共に、ナス、ピーマン、ゴーヤの今シーズン最後の収穫をしてから木を掘り起こし終了、有難うございましたと夏野菜に感謝。

朝食後、屋根に登り煙突トップに取り付けてあったネットを外してからストーブ周りの小物準備、煙突やストーブ本体の清掃は5月にしてあったので軽く本体の埃を拭き掃除。これでいつでも火をお迎えすることができます。

と同時に、ソファーウィンスローを冬設定に置き換え、ついでにソファーカバーを冬用に。これに関しては妻が中心にやってくれました。

僕は家中の網戸を外して水洗い。冬季はロフトに網戸を仕舞っておきます。冬は虫がいませんから。

その後、母屋の南東側にある株立ちのコナラの一番太い木が軒に接してきたのでチェンソーで伐採。枝をはつり幹を分断して午前中の作業終了です。

午後は妻の叔父さん所有の不要になったスチール棚を頂きに軽トラック出動。妻の実家でお茶を頂いてから帰宅。すぐに床下ベースメントへ棚を運び入れました。棚はジャストフィットでした。

この後、冬支度終了と火入れの前夜祭を祝い、ワインで乾杯です。あーコリャコリャ。

■ 真面目に暖房を考える Part2 by T2017/10/08

1.5シーズン分の薪が収まる薪棚
薪を作って薪をくべ、灰をかき出し掃除する。前回の記事で書きましたが、薪ストーブの一連の作業は僕にとって趣味であり、それが生きるということです。

しかし僕は先天的に手間ひまを惜しまないようなマメマメとした性格・気質では決してありません。後天的に手間をかけることの方が合理的であり有得的だと学習判断したからにすぎません。根本的に僕は損をするのが大嫌いで極めて利己的です。

手間をかける暮らしに軌道修正することになったあるキッカケがあります。

ずいぶん前になりますが、妻の実家でのことです。石川県の津幡町に住む義叔母と妻の両親、そして私たち夫婦がいました。
「北陸は雪が積もらなきゃ良いんだけど。あの雪かきが嫌だわよね」と義叔母
それに対し義父が
「それがいいんだ!」と短く一言。

そういえば義父は納屋のコンクリート土間を掃いたり、網戸を洗ったり、当然雪かきしたりと、日々淡々。したいしたくないという尺度ではなく、いわばすべきか否かといった尺度で行動を決めていた感がありました。感情が行動を決定するのではなく、自らの行動規範が行動を決定すると表現できるでしょうか。整理する、元に戻す、掃除する、結果として無駄が少なく合理的で、後日有得なのです。且つ気持ちが良い。パラドックスですが、感情に左右されない方が結果気持ちが良い(感情が良くなる)のです。

それからでしょうか。少し自分も変わったのが。

それがいいんだ、それが生きるということなんだ。

僕にとって生きる目的は生き続けること、生存し続けることです。生存し続けることとは体温を一定に保つこと。とりわけ寒い時期は暖を取り保温すること。よって薪を燃やし暖をとる。ただそれだけのことです。

■ 真面目に暖房を考える by T2017/10/07

オフシーズンの設え
もうすぐ薪ストーブに炎が戻ってきます。旧友に再会するような嬉しい気持ちです。

そんな薪ストーブライフの開始前に、皆さんも御一緒に暖房について真面目に考えてみませんか?

その前に質問ですが、日向と日陰ではどちらが暖かいでしょうか?

想像してください。4月の桜咲く頃、気温は18度、天気は晴れ。満開の一本桜の木陰と周囲の日向では、どちらが暖かいでしょうか?当然日向が暖かく心地良いですよね。では一本桜の木陰と日向ではどちらが空気の温度つまり気温が高いですか?正解はどちらも同じです。空気は動いていますから木陰も日向も気温は同じで18度です。

ではなぜ同じ18度で日向が暖かく木陰が肌寒く感じるのでしょうか?それは太陽光の遠赤外線を受け身体を構成している物質分子が運動しているからです。つまり遠赤外線は直接物質を温めるからです。

薪ストーブの暖かさとは、薪が燃え鋳鉄製のストーブ本体が熱せられ、そこから遠赤外線が輻射され、直接人体が暖められる暖かさなのです。当然空気も物質ですから部屋の空気も温められます。でも室温は18度くらいで快適。18度の日向が快適なのと同様に。

では再び想像してください。5月大型連休の頃、気温は24度。新緑の一本桜の木陰と日向ではどちらが快適ですか。木陰が涼しく日向は少々汗ばむ陽気ではありませんか。つまり木陰のように遠赤外線の遮られた状況では大体24度前後が快適ということです。このことは、エアコンや石油ファンヒーターのように温まった空気を放出するのみで遠赤外線を発しない暖房の場合、18度では到底寒く24度位でようやく快適ということの証拠です。しかもエアコンやファンヒーターは物質そのものを温めるわけではなく、温かい空気を通じて間接的に人体を温めるわけですから、せっかく温まった空気と新鮮な空気を入れ替えることは極めて暖房効率を下げます。

この時点において、薪ストーブ暖房が原始的ではあるものの合理的かつ効果的だと僕は考えるわけです。薪ストーブは煙突から排気していますので代わって外気が室内に常に吸引されています。でもそれ以上に遠赤外線のおかげで暖かい。しかも新鮮な空気に入れ替わっている。頭がボーっとすることはありません。

一方、エアコンや石油ファンヒーターは空気が入れ替わりません。かつ人が室内で呼吸しますから酸素が徐々に少なくなります。だからと言って換気すると寒くなります。よって非効率的です。さらに室温を24度位まで上げなければなりません。燃料も消費するわけですが、加えて、室内と外との気温差が大きくなります。このことは室内、特にクロス壁、壁内断熱材、ガラス窓、アルミサッシュにおける結露をもたらし家へのダメージを大きくします。

この時点で薪ストーブは理想的な暖房器具と思われますが、 何を隠そう薪ストーブには最大の欠点があります。それは手間のかかることです。薪を用意して薪をくべ、灰をかき出し周りを掃く。朝も自動的にスイッチが入るわけではありません。

便利さと手軽さを選択するか、快適さと健康を選択するか、それは各人真剣真面目に考えて結論を出すこと次第です。

ちなみに僕の場合、薪を用意したり一連の手間そのものが趣味の1つなわけです。その手間を楽しんでいるわけですから、薪ストーブ以外に選択肢はありません。さらに薪ストーブ本体も炎も審美的にお洒落。見ていて飽きない。一方エアコンやファンヒーター本体を眺めていてもロマンチックと程遠い。しかもエアコンの上ではお湯さえ沸かすことができません。

語りすぎると熱くなりますからこの辺で中締めといたします。

■ 名残りの名月 by T2017/10/05

中秋の名月_月の出
昨晩、車のAMラジオから映画『陰陽師』のメインテーマなど雅楽が流れていました。空には薄い雲のかかった中秋の名月。家に着き車のエンジンを切ると虫の音。あらゆるものが宇宙と一体化したような気分でした。

里山は月明かり。青い夜はここ最近の冷気を一層冴えたものに。

さあ、もうすぐ薪ストーブに火が帰ってきますよ。週末はいつでも火入れできるように準備せねば。ついでに網戸も外して掃除です。

■ 戦略的互恵関係 by T2017/10/01

戦略的木っ端の処理
「薪にしない?」と声をかけられた時は、原則断らないことにしています。声をかけてくださった人は、樹木を剪定したり伐採したりして処理に困っているかもしれません。大工さんだったら木っ端を燃やしたりすることができず困っているかもしれません。

我が家の薪のストックが少ない時は、是非にでも欲しいのでお互いメリットがあります。ストックが十分でこれ以上ストックできない時も、原則断らないようにしています。

薪ストーブライフを続けて17年経過し、薪ストーブ仲間のネットワークもできました。必ず誰か薪を欲しがっているな仲間がいるはずです。そちらに回してあげるのです。

今日、新しい薪焚き人の会員が増えました。早速焚き付け用の木っ端を回してあげました。

自分が仲介することで少なくとも3人の男が幸せになりました。木っ端の処理に困っていた大工さんと新しい薪焚き人、そして僕です。僕も困った時、助けてもらえるネットワークが強化されたからです。