One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ これだけ消費した!これだけ暖まった!! by T2018/02/01

2月1日の薪小屋
2月になりました。薪ストーブシーズンは10月中旬から4月下旬までの約6ヶ月間。よって今シーズンも折り返しを過ぎました。

我が家の今シーズン前半の薪消費量は約6立米でした。ここ最近としては多い方です。

我が家の薪小屋は4区画に分けられていて、1区画が3立米の容量です。よって写真に見られるように、外側2区画が空になりました。この後、雪解けを待たずして薪割りを開始し、空になった区画にドンドン薪を積んでいくことができます。作業場には玉切りされていつでも薪割り可能の原木が既に用意されています。

薪割り作業は寒い時期が適しています。何故なら薪割り作業で身体が温まるからです。何度か引用しましたが、ヘンリーDソローの言葉が思い出されます。

「根株は2度暖めてくれる。1度目は割っている時であり、2度目は燃やしている時。だからこれ以上の熱を出してくれる燃料はない。」

実際に薪割り作業をしていると、いちいち家の中に入りストーブに薪をくべるのが億劫になります。作業が終了して家の中に入るとストーブ炉内は熾(おき)の状態になっている時が多々あります。よって身体は温まっていると同時に薪も節約されたことになるわけです。

身体を温めるのは薪割り作業だけではありません。頻繁に薪小屋から室内に薪を運んでくべたり、灰をかき出し菜園に撒いたり、ストーブ周りを掃除したりする作業も身体を温めます。そもそも人間は恒温動物であり、身体そのものが燃焼機関いわばストーブなのです。薪はそんな身体ストーブをも燃焼させてくれるわけです。

「そして作業が終了し、1日の終わりに晩酌すれば、これ以上の暖かさと健康は他になんないちゃ(見当たりません)。」これは金山里山の会の先輩会員のお言葉です。

■ ゆで大豆 by M2018/01/29

味噌作り用の茹で大豆
昨晩から水に浸してあった大豆を今朝からストーブの天板で茹で始めました。ストーブの穏やかな熱で吹きこぼれる心配なく茹でることができます。時々、茹で具合を確かめるのですが、煮豆用にするには程よい硬さにまでなりました。

明日の朝には、味噌用にできるまで柔らかくなっていることでしょう。後は、小人にお任せです。小人についてはこちらの記事を!
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/10/16/8706790

■ 真冬日の我が家 by M2018/01/25

今日は真冬日でした。最低気温が氷点下6度、最高気温は氷点下2度ほどだったのではないかと思います。

日の出の頃

真冬日の朝

朝起きると30cmほどのツララができていました。屋根はステンレス製のため、ストーブを炊いていればその暖気が屋根に伝わり雪はとけ落ちます。しかし、今朝はとけ落ちることなくツララになりました。その後、日差しがあり今は屋根に雪は残ってはいませんし、ツララも雪と一緒に落ちてしまっています。

午後から6時間ほど家を空けストーブの暖気をなくした我が家の室温は、1階が11度、蓄熱式暖房機のある2階の寝室が14度でした。外気温が氷点下4度ほどですので、その温度差を考えれば申し分のない暖かさと言っていいのではないかと思います。

帰宅後、夫はストーブに火をつけ、私は少し暖かい寝室でブログを書いています。記事をアップし終えた後は、薪ストーブで少しだけ温まった1階に降りて、夕ご飯の準備となりますね。


■ 薪ストーブと蓄熱式暖房機のコラボレーション by T2018/01/25

蓄熱式暖房機
日中も氷点下の真冬日だった昨日、訪問した某お宅のエアコンが突然止まりました。故障ではないようです。あまりにも外気温が低いため、コンプレッサーでどれだけ空気を圧縮しても暖気を作ることができなくなったようです。このようなことは以前も体験したことがあります。エアコンでは本当の寒さには太刀打ちできないのでしょう。

夏冬と酷使させられるエアコンのコンプレッサーは当然寿命が長くありません。安直に後付け可能のエアコンですが、修理費用やランニングコストのことを考えると、雪国富山に住む僕としては躊躇します。

我が家のメイン暖房は薪ストーブですが、寝室にのみ補助暖房として蓄熱式暖房機を設置しています。メーカーはドイツのSTIEBEL ERTRON。マイコンを使用せずアナログのダイヤル及びスイッチです。深夜電力で蓄熱するペチカといったところでしょう。設置して15年近くになりますが、一度だけ分解清掃してもらっただけで、一度も故障していません。

以前住んでいた借家ではリビングと寝室が分かれていて、寝る前に布団乾燥機で布団を温めていました。現在では留守にしていても24時間蓄熱式暖房機がほのかに部屋全体を暖めてくれているので、寝具は常に温かく乾いています。さらに寝室は2階で、薪ストーブが燃え出すと暖気が上がってきます。

ある知人は、寝室は寝るだけだから寒くても良いと言っていましたが、僕はそうは思いません。人生の3分の1は寝室で過ごすわけですから、とても大切な空間です。
取り付けが容易なエアコンと違い、設置場所選択や取り付け工事がやや大変な蓄熱式暖房機ではありますが、現在のところ寝室の補助暖房として蓄熱式暖房機は正解だったと考えています。

■ 最高の薪は? by T2018/01/24

いろいろな樹種の薪
薪ストーブライフを始めた17年前、その頃薪はコナラやクヌギ、ブナなど堅木に限ると頑なに思っていました。だからスギやアカメガシワ、ヤブニッケイ、カキなど、私たち夫婦が購入した敷地に自生していた樹木があるにもかかわらず、業者を通じて遠くの山からコナラやクヌギなどの原木を購入していました。

その頃、1シーズン分の原木購入費が約3万5千円程でした。この金額は1年間の新聞購読料とだいたい同額です。薪も新聞紙も原材料は樹木ですが、新聞情報は未経験の間接活字情報なのに対し、薪は自らの筋肉を通じた直接経験情報です。昨今の情報氾濫時代においては、直接経験は極めて貴重な情報であると認識し、新聞よりも薪原木に優先投資していました。

現在は有難いことに地元、金山里山の会のおかげでコナラなどを中心とした雑木を近隣の森から伐採してきて薪を自産自消させていただいています。

しかし同時にもう一つ、17年間の薪ストーブライフを通じて自分の薪に対する認識の変化がありました。それは頑なに堅木にこだわらなくなったということです。現在では近所で伐採されたスギも、庭で剪定したアカメガシワやヤブニッケイ、カキ、ソヨゴ、リョウブなどの雑木も多彩に使用しています。それぞれ長所短所があったり色々な個性があったりして楽しいです。そして何よりも薪に不足することがなくなりました。この点からも単一モノカルチャー経済は脆弱であり、雑種ハイブリッドは危機にも強いということが改めて認識させられます。

薪ストーブ雑誌等からの活字情報や耳からの情報を元に、「薪は堅木じゃないといけない」とか、「スギなどの軟木はすぐに燃えてしまい役に立たない」とか語る人を見かけると、以前の若かりし自分を見ているようで懐かしく思います。と同時にこれから薪ストーブ経験を積んでいかれることを期待します。

僕にとって最高の薪とは何か?

最高の薪とは、今、手に入る薪である。


写真説明:いろいろな樹種の薪です。右からコナラ、スギ、ケヤキ、アカメガシワ、シデ(?)

■ ロープワークの楽しさ by T2018/01/22

ロープワーク
里山暮らし、薪ストーブ暮らし、庭暮らしを始めて身についた技術、それはロープワーク技術です。

わら縄で縛る際によく使うのは、本結び、男結び、巻き結び。
薪山にトタンを被せる時は、トラッカーズ・ヒッチ。
ロープをグルグル巻きにして仕舞う時もセイラーマンズ・コイル。

写真は、雪で傾いたタブノキを引っ張るために、ボウ・ライン(もやい結び)とトラッカーズ・ヒッチ、トゥー・ハーフ・ヒッチ(ふた結び)を兼用したところです。

ロープワークは使わないと忘れてしまうので、なるべく意識して使うようにしています。それにきちんとしたロープワークはそれ自身で美しいものです。僕はまだまだ未熟ですけど。

■ 撮影準備スタート! by M2018/01/20

ガラス磨き
富山県の事業であるTOYAMAハッピーライフキャンペーン2017において、私が夫に宛てて書いた手紙が入賞し、映画「真白の恋」の坂本監督がショートムービーを作って下さることになったことは、以前夫が記事にしてくれました。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/12/18/8750733

明後日がその撮影日です。監督とカメラマン、事業担当の方3名が我が家にお越しになるようです。そこで明日は家の掃除を予定しています。

家の掃除に先駆け、今ほど夫が薪ストーブの前面のガラス拭きをしました。以前はスプレー式のガラス磨き剤を使っていたそうですが、液が垂れて使いにくかったようです。一昨年ジェルタイプのものを入手してからはとても使い勝手が良くなったとのこと。

ガラスがショートムービーデビューに備えて、ピカピカに磨き上げられました。当日は良い感じなくすみになることでしょう。

■ まだまだお正月気分・三つ子気分 by T2018/01/18

お雑煮 on the stove
薪ストーブがあると、いつでもお雑煮を食べることができます。

餅を柔らかくすることも、汁を温めることもストーブトップで簡単にできてしまいます。餅好き&薪ストーブ愛好家の僕にとっては最高の組み合わせです。

ところで、実家には僕が生まれた時から現在も炭を燃料とする囲炉裏があり、小さい時から囲炉裏で餅を焼いたり、鉄瓶のお茶を飲んだりしてきました。その光景は小さいながら当たり前のように感じながら育ちましたが、今振り返ってみるとそれはとても贅沢なことだと再認識します。

人ぞれぞれ価値観は多様ですが、僕にして見たら、大人になった今でも、大画面のTVより本物の火が家の中心にある暮らしを選択します。三つ子の魂百まで、です。

■ 夫はこの日のために頑張ってきた by T2018/01/14

久々の豪雪が続いている。全国ニュースで富山県射水市や高岡市が報道されると本当に大変なのかなと思ったりするが、ふと考えてみれば富山では雪が降るのはあたりまえ。そのあたりまえのことを再認識している。

灯油やガソリンが高騰している。一日中ガンガン暖房したり、渋滞した雪道をノロノロ運転していると、油の需要は高まるのは当然。それも市場原理のあたりまえ。

冬が厳しくなればなるほど、家計が厳しくなればなるほど、薪ストーブの面目躍如である。我が家の今シーズンの薪は腐るほど十分にある。薪は使わないと本当に朽ちていくので妻にはこう伝えてある。
「薪は絶対に惜しんではいけない。使いたいだけ贅沢三昧するように」

薪は先行投資済み。ツケの薪やこれから銀行引き落としの薪は一本たりとも存在しない。どれだけ使っても家計簿に記載されることはない。

この日のために、僕も含め金山里山の会の仲間たちは薪作りを頑張ってきた。男達はこの日のために暑い日も雨の日も山に入り頑張ってきた。この豪雪は薪焚き人にとって祝福の雪でもある。薪ストーブの面目躍如は即ち夫達の面目躍如でもある。

■ 今シーズンの薪の消費は? by T2017/12/24

1クォーター終了
12月に入ってから寒い日が続きました。今週もこれから年末寒波が予想されています。

今シーズンの薪の消費は、例年よりも多いです。我が家の薪小屋は4区画に分けられますが、そのうち1区画が消費されました。焚き付け用木っ端と合わせて約3.5立米の消費です。これから寒さ本番なのでさらに消費量が多くなり、来年4月までには約10立米の消費を予想しています。

金山里山の会では薪を販売しています。コナラの木を割った40センチ長の薪ですが、1立米あたり2万円(消費税込み)です。この価格は相場の価格よりも安い価格ですが、それでもシーズン10立米を消費すれば20万円の出費になります。

我が家の薪は自産自消の薪なので20万円のお金を実際に支出しているわけではありませんが、経済的価値の面から考えると、20万円の価値に(安く見積もって)相当するということです。

そう考えると、今ストーブに入れた薪が貴重な価値あるものに見えてきました。