One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 今年初めての洗濯乾燥機使用 by T2017/07/02

7月に入り梅雨らしい天気です。洗濯物の外干しができません。こんな時は洗濯乾燥機の出番です。我が家の洗濯機はドラム式で、洗濯も乾燥も同じ本体で行ないます。ドラム式の場合本体上部のスペースが使えるので、洗濯物を置くことができ床がスッキリ。

7月1日、今年初めて乾燥機を使いました。我が家では乾燥機を使う時季が2回あります。それは梅雨の時期と薪ストーブシーズン直前の9月から10月。つまり梅雨前線と秋雨前線の時季です。

乾燥機活躍
富山で一般的に乾燥機を最も使用するのは冬、雪の時季でしょう。でも我が家では冬季乾燥機は全く使用しません。薪ストーブを焚いているので洗濯物は室内干し。薪ストーブは室内を乾燥させるので洗濯物が加湿器の代わり。よって薪ストーブライフには洗濯物が必需品なのです。

薪ストーブと洗濯物といった2つのキーワードは私たちにとってとても相性の良いものなのですが、ウェブで「薪ストーブ 洗濯物」と検索するとあまり相性が良くありません。「洗濯物に煙の匂いが付き、ご近所から苦情がきた。」などネガティブな話題が多いようです。でもこれは冬季天気の良い太平洋側に多い話題。富山では冬季外干しする家庭がほとんどありませんから、薪ストーブの煙で苦情を聞いたことがありません。

したがって僕が導き出した結論は、「雪国生活には薪ストーブが最も適している」ということです。


栗の小さなイガ
写真は花を落とし小さなイガをつけ出したクリです。このクリが食べられるようになるのは、秋雨の時季。つまり今度の乾燥機使用の時季です。




■ 本当に大変なのは、目に見えないってコトさ。 by T2017/06/24

本当に大変なこと
日頃から伐採した竹を頂いている知人から、「薪にする原木があるから取りに来ていいよ」との電話がありました。こんな時軽トラックがあると即空いた時間に駆けつけることができるので有り難いです。

現地へ到着すると、感謝感激!既に枝を落とし、軽トラックの荷台に丁度積みやすい長さに伐られた幹が数十本山になっていました。

自ら森に入り薪用の原木を伐り出すのはとても労力のいる作業です。その労力の大半とは幹の状態にして自宅まで搬入する作業なのです。それに比べれば斧で割った薪を積んだりするのはたいした作業ではありません。

『星の王子さま』の中で、キツネが王子さまに言っていました。
「本当に大事なことは目に見えないってコトさ。」

一見、薪ストーブはロマンティックでお洒落ですが、結構地味で人目には付かない労力がかかっているんですよネ。

■ 第1日曜日、金山里山の会の「薪の会」活動日です! by M2017/06/04

毎月第1日曜日は金山里山の会の「薪の会」の活動日です。薪ストーブを所有している会員が山に入り、ストーブの薪用にコナラを伐採します。

今日の活動に当たり夫は、新たな提案をするといっていました。富山県農林水産総合技術センター森林研究所の先生からアドバイスをいただき、コナラの大木を伐採するのではなく、中低木を伐採するとのこと。その理由は、大木を残すことで地面への日照が妨げられることにより熊笹などの成長が抑えられ、次世代のコナラの幼木が成長しやすくなるからだそうです。

一昨日は夕食後に上記のことをイラストにしていました。なかなか味のある作品(?)に仕上がっていました。今朝はそれを持って活動に向かいました。そして、今朝はもう一つ新たなことが!そうです、初めてのダイハチ車での活動参加。

ダイハチ車とは、先月購入したダイハツの軽トラック”HIJET”のことです。夫はエンジン付きダイハチ車と言っています。今頃は山に入り、嬉々としてコナラを伐採していることでしょう。大木ではないので運搬も容易とのことです。試しに今朝は一輪車をダイハチ車に積んで行きました。これも軽トラックを所有したからできることです。

金山里山の会にお誘いいただく以前から、軽トラックが欲しいねと話してはいたのですが、所有の決断をできずに何年も経ちました。4月にSmartを譲って欲しいとbue-dueさんに言っていただいたのがきっかけで、軽トラックを購入する決断ができました。

私たちの生活の指針に「買う前に手放す」、「便利だけれどなくてもいいものは持たない」があります。軽トラックを購入前にSmartを手放し、軽トラックは里山暮らしには必要なものという判断のもとでの決断でした。知人に譲ったことで大好きだったSmart(私たちは"チビ子"と呼んでいました)とたまに会うことができます。それも決断できた理由の一つでしょう。

さて、写真は、今朝、庭から採ってきて活けた花です。雨上がりのひんやりとした空気の中で、どの花も凛としていました。


キョウカノコ:備前焼の花器
<キョウカノコ:備前の花器>

ガクアジサイ:本郷仁さんのガラスの器
<ガクアジサイ:本郷仁さん作のガラスの器>


ノコギリソウ:CONRANのフラワーベース
<ノコギリソウ:CONRANのフラワーベース>


ドクダミ:プリンの容器
<ドクダミ:プリンの容器>


■ ハスクバーナチェンソーモデル42 by T2017/05/13

ハスクバーナチェンソーモデル42
今日は雨降り。こんな日は道具のメンテナンスを行ないます。

チェンソーの目立ては満タンの燃料が無くなったごとにこまめに刃研ぎするようにしています。最近は目立ての機械や刃を回転させれば自動的に目立てされる商品も出回っていますが、僕は昔からゲージと丸ヤスリを使っての刃研ぎ。これさえあれば山の中でも目立て可能。

今後一生チェンソーを使うとすれば目立て技術は必須です。目立て技術を上達維持するためには目立ての経験回数を増やすことが常套。それしか方法はありません。だから機械に頼りたくありません。頼ったらいつまで経っても上達しないからです。

現在使用しているチェンソーは1999年7月に購入しました。僕にとって生まれて初めてのチェンソーで18年間使用しています。その間ソーチェン(チェンソーの刃)は3本目です。屋敷内で薪作り用だから多少重くてもパワーのあるものが良いだろうと考え、スウェーデンのハスクバーナ製で排気量42ccの中型モデルを選択購入しました。まさか自分が山中で木を伐採するとは思ってもいませんでした。山中で作業するには少々重いかなと感じたりしますが、総合的には満足しています。

エンジン機械は断続的に使用し続けることが調子を維持する秘訣です。こまめに動かしてあげること。でも山中での使用はとてもハード。トラブルも度々です。それでも修理しながら18年使っています。今後も大事にしていくつもりです。

■ 薪ストーブの煙突掃除、17回目 by T2017/05/04

5月3日憲法記念日だった昨日、薪ストーブの煙突掃除及びストーブ本体掃除を行ないました。

磨かれた薪ストーブ
早朝まだ肌寒い日があったり6月に入っても梅雨寒の日もあったりするでしょう。しかし我が家では5月の大型連休中に煙突掃除を行なうことをルールとしています。とかくダラダラ・ヌクヌク・ズルズルに陥りがち。気が付けば晩秋。それを避けるための我が家の大事なCodeの一つなのです。

初めての煙突掃除(2001年)
初めて煙突掃除を経験したのは2001年5月5日。
今回はそれから数えて17回目でした。
煙突掃除開始です

我が家の煙突はストーブ本体から一直線の立ち上がりで、切り妻屋根の棟木横を貫通しています。作業は棟木をまたいで足場を固め、煙突トップを外し、上からブラシを入れていきます。煤は扉の閉まった薪ストーブ本体に落ちて溜まります。準備を含めて約1時間程度。

煙突のトップからブラシを入れています

ブラシで煤を落としています

煙突のトップです
その後、外作業の後片付けをしてからストーブ本体掃除に取り掛かります。ストーブの天板を取り外し煙突接続部に溜まった煤を掻き出して天板を戻します。そして次にストーブの扉を外し中の灰を掻き出し、扉の耐熱ガラスもクリーニングします。最後に鋳鉄製のストーブ表面に黒のポリッシュ剤を塗って磨き終了。余裕みて約2時間の作業。よって合計3時間程度の全作業となります。

我が家ではこの時に合せて家の大掃除(梁の埃落としや床水拭きなど)も並行して行ないます。よって我が家では猛暑のお盆前と水冷たき年末の大掃除はありません。季節の良い5月と10月(ストーブ火入れ前)が大掃除の季節。

薪ストーブが焚きたくて此処に住みました。薪ストーブは家の中心に一年中鎮座しています。我が家の暮らしは薪ストーブを中心に進行します。私たち夫婦にとって歳を重ねるということは、何回私たちが薪ストーブシーズンを経験したかということです。