One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 「あいの風」吹く土用に芝刈り作業 by T2017/07/26

芝刈り後
僕の大好きな『三日吹く風』というヘミングウェイの短編小説があります。永久に吹き続ける風が無いように、永久に悪いことが続くということも無い。悪いこともあれば良いこともある。セ・ラ・ヴィ(人生とはそんなもんだ) そんなことをヘミングウェイは書きたかったのではないのかもしれませんが、ともあれ暖炉とウィスキーが登場するこの短編が僕は大好きです

三日間続いた梅雨末期の雨が上がり、今日は北東のいわゆる「あいの風」が吹きました。涼しくなったので芝刈りをしました。

だいたい2週間に一度の頻度で芝刈り作業をしています。ガーデニングを控えるべき夏土用の期間は18日間なので、どうしても1回は土用に芝刈りをしなければならないわけです。
今日は芝刈り日和でした。

ついでに公道沿いのガクアジサイの花がら摘みもしました。雨上がりでスッキリ。

芝刈りも花がら摘みもそれぞれ目的はあるんですけれど、作業をしている時は不思議と作業それ自体が悦に入ってきます。目的と行為がこの瞬間に一致する瞬間です。否、目的なんて何でも良いような感じでしょうか。ただひたすら黙々と作業をする。そこには感情の入る隙がない、まるでハードボイルド小説のような世界が広がるのです。

■ 期せずして完成したもの by M2017/07/23

アナベルのドライフラワー
期せずしてアナベルのドライフラワーができました。しかも、まあまあ高いクオリティーでです。

昨年の今頃、アナベルのドライフラワー作りに四苦八苦していました。色々なウエブサイトを参考にしながら試行錯誤し、ありたけのアナベルでドライフラワー作りを試みたのですが、結局、綺麗にはできませんでした。その中で飾れるほどにできたのが、炎天下の中、戸外に駐車した車の中で乾燥させる方法でした。

そんなことで今年はドライフラワー作りには熱が入らず、生花を切っていける日々でした。ところが…

アナベルのまだ少し白くなりきれていない一輪が銅器の花瓶の中でドライフラワー化しているではありませんか!3日前、葉が萎れ始めたので活け変えようかと思いました。が、待て待て、物は試しとばかり、葉だけを取り除き、花瓶の水をあけ、花だけにしたアナベルを花瓶に戻しました。写真が今日の姿です。

去年、あんなに苦労してもできなかったアナベルのドライフラワーがいとも簡単にできたではありませんか!要因として考えられるのは、少し緑が残っている若い花を使ったことと、ここ数日の猛暑ではなかったかと思います。

諦めていたドライフラワー作りでしたが、この体験を1度だけに終わらせないようこの後も試してみようかなあ!?

■ 窓の外に向かって送風?! by M2017/07/21

外に向かって送風?!
写真は我が家の寝室の一角です。窓の外に向かって送風しています。クーラー(エアコン)のない我が家では数年前の夏から、寝室では夕刻以降外に向かってサーキュレータを運転しています。

寝室のドアや障子戸を締め切り、2つある窓を開け、小さい窓から室内の温まった空気をサーキュレーターで外に出しているのです。すると、もう一つの大きい窓から樹木で冷やされた外気がそよそよと室内に入ってくるのです。

冷えすぎず、暑すぎず、ちょうど良い塩梅の室温となり、朝まで熟睡できます。明け方には布団に潜り込むほどです。

今日の富山は猛暑日となりましたが、今の寝室は28度。寝着く頃にはあと2、3度は下がるでしょう。造園には、時間的にも経済的にも投資をしていますが、この快適さに投資の元は取れているのではないでしょうか。

■ 熟し始めたブラックベリー by M2017/07/20

ブラックベリー
先日からブラックベリーが熟し始めました。収穫できるのは1日に1個ずつほどです。そのまま口に入れてもいいのですが、酸味が強いため私は砂糖と煮詰めソースにし、ヨーグルトにかけていただいています。

これで6個になったので一旦ソースにしようと思います。毎朝食べるヨーグルト。このふた月ほどはずっと甘夏のマーマレードでしたので、久しぶりに違う味を楽しめます。

■ 土用の野菜、土を喰らう日々 by T2017/07/19

栗の木
今日7月19日は夏土用入り。土の気が強くなる時期で、むやみに土をいじってはいけないとのことです。土用は暦の上では雑節の一つで二十四節気を補う暦とされています。二十四節気は太陽の動きを基に作られた暦なので、現代新暦の中では暮らしや農作業にはとても参考となる暦だと僕は思います。旧暦の月日をそのまま新暦にシフトしたような暦(例えば七夕などの節句や元日、月日付)とは異なります。

むやみに土をいじってはいけない時期なので8月6日の土用明けまでガーデニングも小休止です。まあ暦を根拠とするまでもなく、この時期の暑さの中では外作業を控えるのが正解だと言えます。早朝の涼しい時間に行なう野菜の収穫や花壇の水撒き軽作業に留めるよう努めます。自分宛の暑中見舞いです。

僕は地の星座である牡牛座且つ土星生まれ。土との親和性がとても強い星めぐりですから、例年この時期の強い土の気によってか夏バテしがち。だから空調の効いたオフィスでのデスクワークが最適の時期ですね。そして無理せず毎日妻が作ってくれる夏野菜弁当で身体を冷やしつつ体調を整えたいと思います。

写真は、暑さの中で実を大きくしつつあるクリです。果報は寝て待て、です。