One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ シリーズ一覧2017/03/12

One's Way{ワンズウェイ}の里山暮らし日記にアップしたシリーズの一覧です。

 プロローグ:土地探し編
 その1:私たちの「家」は…
 その2:「適正規模」というもの…
 その3:「簡素」…
 その4:人探し編(1)「== 大工さんに求めること ==」
 その5:人探し編(2)「== 家の建立、施主の自立 ==」
 その6:人探し編(3)「== クラフトマンとしての宮田さん ==」
 その7:時間編(1)「== 過去(Past) ==」
 その8:時間編(2)「== 現在(present) ==」
 その9:時間編(3)「==未来(Future)==」
 その10:施工編(1)「コンクリート基礎仕上げの手伝い」
 その11:施工編(2)「コンクリート基礎スラブ部の養生」
 その12:施工編(3)「外壁の塗装」
 その13:施工編(4)「断熱用炭化コルクボード張り」
 その14:施工編(5)「室内の板壁張り」
 その15:施工編(6)「電気関係」
 その16:施工編(7)「『探し』の旅」
 その17:施工編(8)「漆喰の壁塗り」
 その18:施工編(9)「コンポストトイレについて」
 その19:施工編(10)「建具の製作」 
 エピローグ:資金編 「お金で解決できる問題は、安い」 

S.S.バイク
 その1:変速機封印
 その2:欲望は伝染する
 その3:健康面からのS.S.バイク 
 その4:経済面からのS.S.バイク 
 その5:審美面からのS.S.バイク

帆船海王丸、新湊大橋、そしてS.S.バイク
 その1:里山の塩
 その2:塩の道が自転車の道に
 その3:水は低いところに流れる
 その4:水を渡り、また水を渡る その5:朽ちるからこそ
 その6:静かに牙を磨く 
 その7:水上の暮らしは彼岸を繋ぐ 

ヘンリー・デイヴィッド・ソロー39歳のポートレイト
 イントロダクション
 その1:旅の予感
 その2:ワシントン・ダラス空港のユナイテッド飛行機
 その3:シヴォレ・レンタカー
 その4:ホテル・コロニアル・イン
 その5:ソロー・ハウス
 その6:Chipmunk
 その7:ソロー・キャビン・サイト
 その8:ソローが建てた煙突の場所
 その9:フィッチバーグ鉄道
 その10:SITE OF WOODSHED
 その11:ウォールデン池
 その12:市民の不服従
 その13:ソローの生誕地
 その14:ソローの亡くなった家
 その15:ソローの墓
 その16:ボストンの美脚
  その17:ギムレットにはまだ早すぎるね
 エピローグ:BOSTON  THE  RED  CITY

New Cycling2013/03/No.594
 その1:何故、競技用自転車にヴィンテージ?
 その2:何故、そして何を競う?
 その3:何故、古くなるのに価値が高まる?
 その4:何故、古くなければならない?
 その5:最後に・・・
 その6:最後に・・・続き

漆喰壁と草葺屋根(アイルランド・アラン島にて1995年夏)

コメント

トラックバック