One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 石畑池の白鳥、飛去間近か? by M2017/03/01

石畑池上空を舞う白鳥
今朝、散歩途中、石畑池に白鳥が13羽いました。足を止め写真を撮っているとバタバタと羽ばたきだし、9羽が飛び立ちました。

先週頃から飛去を控えた白鳥が羽ばたく姿を度々見ます。ギャラリーの数も増え、連日、数台の車が止まっています。今朝も、軽ワゴン1台止まっており、一人のカメラマンがシャッターチャンスを狙っていらっしゃいました。

今年は暖冬だっため、白鳥の飛去は例年よりも早いのではないかと聞いています。毎日、今日が見納め、聞き納めと思いながら、白鳥の姿を見、白鳥の声を聞いています。

■ 里山の住人ならぬ里山の囚人 by T2017/03/01

2トンダンプ1杯分の山砂
今日我が家One’s Wayに山砂が運ばれてきました。2トンダンプ1杯分です。

何に使うかといいますと、花壇のかさ上げ及び樹木根周りの土壌改良に使います。関東ローム層と異なり富山県の土は粘土層が多いのです。私たちの住んでいる里山も粘土質です。粘土は保湿・保肥力がありますが排水が悪いです。排水が悪いと植物の根に酸素が届きにくくなります。我が家の敷地は緩やかに傾斜しているので水が溜まるということはありませんが、場所によってはかなり粘土質が強い場所があって、根の張りが芳しくない樹木があるようです。

そこで山砂:粘土=3:1プラス腐葉土等を鋤きこんだ土壌改良を計画しました。庭のデザインを依頼したリイフスさんと富山職芸学院にお願いして、富山県小矢部市の山砂を入手しました。

手作業で粘土を掘る作業は本当に重労働です。重たい石を運ぶのと同じくらいきつい作業です。寒い季節はまだ身体が暖まりますが、暑い季節はそれこそ修行です。僕は時々庭や畑でスコップワークをしながらこう思うときがあります。

「自分は里山の住人ならぬ里山の囚人なのではないか」


自分で作った猪垣はイノシシ用ではなくて自分を閉じ込めて置くための柵なのではないか。樹木やイノシシが主人であって刑務官なのではないか。世界は認識一つで変わって見えるような気がします。しかしながらそんなカフカ的ともカミュ的ともいえるような世界の中で、実はそれを結構楽しんでいる自分が居るのも紛れもない事実です。


この世に生まれて来ることは常に受動態です。刑罰を受けるのも受動態です。そんな不条理な刑罰とも捉えられなくもない人生というものを、自分の自由意思で謳歌していく。自由意思によって受動態が能動態に変わる瞬間。刑罰を心の底から楽しむ囚人がいたとするならば、それは刑罰になり得ません。どこに居ようとどんな暮らしをしようと、それは緑の楽園、グリーングリーングラスオブホームになってしまいます。そう思いませんか?

■ 庭の椿が次々と by M2017/03/02

我が家には椿が20本以上あります。多くは実家の母が育てていたものを譲り受けたものです。増やしすぎて管理が難しくなったとのことで、いただいてきました。品種はわかりませんが、同じものはなさそうです。

椿はバラに比べて地味ですが、この里山には椿の方が似合っているような気がします。匂いなく楚々と咲く姿に美意識を感じます。私たちは特に一重咲きのものが好きです。今朝は、赤寺とピンクの一重咲の椿が花をつけていました。


井口の椿祭りで購入した赤寺
赤寺は、10年ほど前の2月に井口村(現在は南砺市)の椿祭りで買い求めたものです。苗木は30cmほどだったでしょうか。今はすくすくと育ち、私の身長を超えています。


移植から約半年、花をつけました。
ピンクの方は、昨年、実家の庭から移植したものです。実家の庭をブロック敷きにすることになったのをきっかけにもらいました。樹高は2mほどありましたが、切り詰めて移植しました。無事、根がついたようです。

実家からは椿以外にもたくさんの草木をもらいました。私たちはいただくものをリスト化しており、「シンドラーのリスト」と呼んでいます。かなり大げさですが、実家の庭で管理しきれず切り倒される前に救うという意味を込めています。

おかげで園芸店に行くことはほとんどなくなり、そのかわりに実家の庭を物色(?)するようになりました。今年は紫陽花を増やしたいと思っています。一昨年、紫陽花も20鉢ほどもらって移植したのですが、今年はオーソドックスな本紫陽花が目当てです。

■ チューリップTVのカメラマンを逆撮影する。 by T2017/03/02

僕がお世話になっている金山里山の会の活動が、このたびTV番組に取り上げられることになりました。
金山里山でコナラを伐採中
今年の5月に富山県で開催される全国植樹祭に関連した番組だそうです。天皇皇后両陛下が来県され、魚津市で植樹行事が予定されていますが、私たち金山里山の会の作業は主に樹木の間伐でして、植樹の間逆のことをしています。こんな大逆罪的なことをしていてTV番組に取り上げられてよいのでしょうか?僕は自信をもって答えたいです。
いいのです!
チューリップTVのカメラマンを逆撮影する。
里山での活動を通じて思うことは、現在人間が入らなくなった里山にとって必要なことは、植樹よりも樹木を伐ってあげることではないかということです。実は樹木を伐ってあげることが新たな樹木を育てることにつながるのです。

富山県の里山の主木はコナラです。コナラは樹齢20年から25年モノを根元で伐採すると、萌芽更新といってその切り株から新たに芽生え樹木に大きく成長するのです。切り株の根っこは元のままなので実生や苗木移植よりも成長が逞しいのです。

人間で言うと新たな土地に家を構えゼロから生活するのは何かと困難なことがありますが、親と同居しその土地と家を相続していけばゼロからではないというメリットがあります。レースで言えばフライングスタートみたいなもんです。

しかしコナラは樹齢が40年50年となってくると萌芽更新能力を失っていき、害虫に対し弱くなっていきます。これが見方によれば里山の荒廃とも捉えられるわけです。

とはいうものの木を伐るということは生命をいただくということでして、幹にチェンソーをあてる際は「伐らせて頂きます」と心の中で唱えるようにしています。大きな木を倒す時はビビって腰が引けたりしますが、「伐らせて頂きます」と唱えると何故か心が落ち着くのが不思議です。

というわけで自信を持って僕は間伐しているわけですが、それとは別にですが、一方でドングリからガンバって大きくなろうとしている苗木も僕はいとおしいです。親木の庇護を受けずに新天地で大きく生きようとしている生命を讃えたいのです。

そうか!天皇皇后両陛下は植樹を通じてそのことを国民に伝えようとなされているわけなのか!! 敬白。



■ 桃の節句のクリスマス by M2017/03/03

桃の節句のクリスマスローズ
今日はひな祭り。我が家には2組の雛人形が鎮座しています。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/02/06/8352392
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/02/14/8360967

2月6日に飾りましたので25日間、共に時間を過ごしました。お菓子をお供えし、そのお下がりをいただくのが毎日の楽しみ。チョコレートケーキの時もあれば、桜餅、ひなあられ、今日は、頂き物の京都土産「松風」がお供えしてあります。

残念ながら我が家には橘の木がなく、桜はまだ芽を出したばかりですので、クリスマスローズを添えることにしました。

クリスマスローズは、寒の入り直後、積雪がある前から花を咲かせていました。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/01/10/8314067
その後、雪を冠っていましたが、2月末の暖かさと雨で雪がとけ、花の数が増えていました。我が家の庭で、春の訪れを告げる種の一つです。

桃の節句に、寒さに耐え春が来た喜びをクリスマスローズとともに噛みしめる一日となりそうです。