One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 石畑池の白鳥、飛去間近か? by M2017/03/01

石畑池上空を舞う白鳥
今朝、散歩途中、石畑池に白鳥が13羽いました。足を止め写真を撮っているとバタバタと羽ばたきだし、9羽が飛び立ちました。

先週頃から飛去を控えた白鳥が羽ばたく姿を度々見ます。ギャラリーの数も増え、連日、数台の車が止まっています。今朝も、軽ワゴン1台止まっており、一人のカメラマンがシャッターチャンスを狙っていらっしゃいました。

今年は暖冬だっため、白鳥の飛去は例年よりも早いのではないかと聞いています。毎日、今日が見納め、聞き納めと思いながら、白鳥の姿を見、白鳥の声を聞いています。

■ 里山の住人ならぬ里山の囚人 by T2017/03/01

2トンダンプ1杯分の山砂
今日我が家One’s Wayに山砂が運ばれてきました。2トンダンプ1杯分です。

何に使うかといいますと、花壇のかさ上げ及び樹木根周りの土壌改良に使います。関東ローム層と異なり富山県の土は粘土層が多いのです。私たちの住んでいる里山も粘土質です。粘土は保湿・保肥力がありますが排水が悪いです。排水が悪いと植物の根に酸素が届きにくくなります。我が家の敷地は緩やかに傾斜しているので水が溜まるということはありませんが、場所によってはかなり粘土質が強い場所があって、根の張りが芳しくない樹木があるようです。

そこで山砂:粘土=3:1プラス腐葉土等を鋤きこんだ土壌改良を計画しました。庭のデザインを依頼したリイフスさんと富山職芸学院にお願いして、富山県小矢部市の山砂を入手しました。

手作業で粘土を掘る作業は本当に重労働です。重たい石を運ぶのと同じくらいきつい作業です。寒い季節はまだ身体が暖まりますが、暑い季節はそれこそ修行です。僕は時々庭や畑でスコップワークをしながらこう思うときがあります。

「自分は里山の住人ならぬ里山の囚人なのではないか」


自分で作った猪垣はイノシシ用ではなくて自分を閉じ込めて置くための柵なのではないか。樹木やイノシシが主人であって刑務官なのではないか。世界は認識一つで変わって見えるような気がします。しかしながらそんなカフカ的ともカミュ的ともいえるような世界の中で、実はそれを結構楽しんでいる自分が居るのも紛れもない事実です。


この世に生まれて来ることは常に受動態です。刑罰を受けるのも受動態です。そんな不条理な刑罰とも捉えられなくもない人生というものを、自分の自由意思で謳歌していく。自由意思によって受動態が能動態に変わる瞬間。刑罰を心の底から楽しむ囚人がいたとするならば、それは刑罰になり得ません。どこに居ようとどんな暮らしをしようと、それは緑の楽園、グリーングリーングラスオブホームになってしまいます。そう思いませんか?

■ 庭の椿が次々と by M2017/03/02

我が家には椿が20本以上あります。多くは実家の母が育てていたものを譲り受けたものです。増やしすぎて管理が難しくなったとのことで、いただいてきました。品種はわかりませんが、同じものはなさそうです。

椿はバラに比べて地味ですが、この里山には椿の方が似合っているような気がします。匂いなく楚々と咲く姿に美意識を感じます。私たちは特に一重咲きのものが好きです。今朝は、赤寺とピンクの一重咲の椿が花をつけていました。


井口の椿祭りで購入した赤寺
赤寺は、10年ほど前の2月に井口村(現在は南砺市)の椿祭りで買い求めたものです。苗木は30cmほどだったでしょうか。今はすくすくと育ち、私の身長を超えています。


移植から約半年、花をつけました。
ピンクの方は、昨年、実家の庭から移植したものです。実家の庭をブロック敷きにすることになったのをきっかけにもらいました。樹高は2mほどありましたが、切り詰めて移植しました。無事、根がついたようです。

実家からは椿以外にもたくさんの草木をもらいました。私たちはいただくものをリスト化しており、「シンドラーのリスト」と呼んでいます。かなり大げさですが、実家の庭で管理しきれず切り倒される前に救うという意味を込めています。

おかげで園芸店に行くことはほとんどなくなり、そのかわりに実家の庭を物色(?)するようになりました。今年は紫陽花を増やしたいと思っています。一昨年、紫陽花も20鉢ほどもらって移植したのですが、今年はオーソドックスな本紫陽花が目当てです。

■ チューリップTVのカメラマンを逆撮影する。 by T2017/03/02

僕がお世話になっている金山里山の会の活動が、このたびTV番組に取り上げられることになりました。
金山里山でコナラを伐採中
今年の5月に富山県で開催される全国植樹祭に関連した番組だそうです。天皇皇后両陛下が来県され、魚津市で植樹行事が予定されていますが、私たち金山里山の会の作業は主に樹木の間伐でして、植樹の間逆のことをしています。こんな大逆罪的なことをしていてTV番組に取り上げられてよいのでしょうか?僕は自信をもって答えたいです。
いいのです!
チューリップTVのカメラマンを逆撮影する。
里山での活動を通じて思うことは、現在人間が入らなくなった里山にとって必要なことは、植樹よりも樹木を伐ってあげることではないかということです。実は樹木を伐ってあげることが新たな樹木を育てることにつながるのです。

富山県の里山の主木はコナラです。コナラは樹齢20年から25年モノを根元で伐採すると、萌芽更新といってその切り株から新たに芽生え樹木に大きく成長するのです。切り株の根っこは元のままなので実生や苗木移植よりも成長が逞しいのです。

人間で言うと新たな土地に家を構えゼロから生活するのは何かと困難なことがありますが、親と同居しその土地と家を相続していけばゼロからではないというメリットがあります。レースで言えばフライングスタートみたいなもんです。

しかしコナラは樹齢が40年50年となってくると萌芽更新能力を失っていき、害虫に対し弱くなっていきます。これが見方によれば里山の荒廃とも捉えられるわけです。

とはいうものの木を伐るということは生命をいただくということでして、幹にチェンソーをあてる際は「伐らせて頂きます」と心の中で唱えるようにしています。大きな木を倒す時はビビって腰が引けたりしますが、「伐らせて頂きます」と唱えると何故か心が落ち着くのが不思議です。

というわけで自信を持って僕は間伐しているわけですが、それとは別にですが、一方でドングリからガンバって大きくなろうとしている苗木も僕はいとおしいです。親木の庇護を受けずに新天地で大きく生きようとしている生命を讃えたいのです。

そうか!天皇皇后両陛下は植樹を通じてそのことを国民に伝えようとなされているわけなのか!! 敬白。



■ 桃の節句のクリスマス by M2017/03/03

桃の節句のクリスマスローズ
今日はひな祭り。我が家には2組の雛人形が鎮座しています。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/02/06/8352392
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/02/14/8360967

2月6日に飾りましたので25日間、共に時間を過ごしました。お菓子をお供えし、そのお下がりをいただくのが毎日の楽しみ。チョコレートケーキの時もあれば、桜餅、ひなあられ、今日は、頂き物の京都土産「松風」がお供えしてあります。

残念ながら我が家には橘の木がなく、桜はまだ芽を出したばかりですので、クリスマスローズを添えることにしました。

クリスマスローズは、寒の入り直後、積雪がある前から花を咲かせていました。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/01/10/8314067
その後、雪を冠っていましたが、2月末の暖かさと雨で雪がとけ、花の数が増えていました。我が家の庭で、春の訪れを告げる種の一つです。

桃の節句に、寒さに耐え春が来た喜びをクリスマスローズとともに噛みしめる一日となりそうです。

■ エスエスバイクのシーズン到来 by T2017/03/03

エスエスバイクのシーズン到来
今日は桃の節句。
朝は雨が降っていましたが昼前には上がりました。そして2017年になって初めて自転車で出勤しました。

ところで僕の自転車は固定ギア(競輪の自転車のギアのように空転しないギア)のシングルスピードバイク。僕はSSバイク(*1)と呼んでいます。SingleSpeedバイクの略語ですが、インターネット検索をしても、オートバイクのスーパースポーツバイクの略称としかヒットしません。

そもそもバイクというのは人力の自転車のはずなのに。エンジン付きはオートバイクです。よって正真正銘自転車の「SSバイク」という単語は僕のオリジナルだと確信しています。

僕は唯一のSSバイクでサイクリングを楽しんでいます。唯一一台ということにおいてもSingleです。細身(Slim)のタイヤに泥除けを装備し、最小(Smallest)の帆布製フロントバックを取り付けることができるキャリアも装備しているので、スポーツサイクリングから通勤・買い物までこれ一台でこなします。

冬季はサウナ( Sauna)にまで早変わりする話(*2)は以前書きました。以前サイクルショーで洗濯機を回す自転車というツワモノを写真で見たことがありますが、出回ったら本気で僕は取り入れたいです。

バッテリーを装備し電動アシストで走る自転車が流通していますが、自転車を走らせることでバッテリーそのものを充電し、家庭の電気供給の一部をアシストする自転車用発電機があれば取り入れたいです。そんなに難しいことではないはず。ただしお洒落でなければなりませんが。


*1 SSバイクについてはこちらの記事もご覧ください。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/01/21/8302720

*2 サウナに早変わりについてはこちらの記事もご覧ください。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/02/11/8357054

■ お雛さまを片付けて・・・・ by M2017/03/04

ウォールデン池を題材にしたリトグラフと写真
今朝、雛飾りを片付けました。
賑やかだった玄関横の棚がすっきりとしました。残ったのは、リトグラフの額とフォトフレーム、スタンドの3つ。

朝食の片付けをしながら棚を眺めていて、今日はこのリトグラフと写真のことを記事にしたくなりました。題材はともにウォールデン池です。

アメリカ東海岸のボストン近郊のコンコードの中心部から約2kmのところにある周囲が3kmほどの池。この池については、以前、記事にしました。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/02/13/8360054

この旅では奇跡の連続で、この写真も奇跡の一つです。当時、私たちが使用していたのは一眼レフのフイルムカメラと写ルンですでした。ですから現像するまでどのように撮れたかを確かめることはできませんでした。

ウォールデン池詣でをしたのち、池の近くのショップで見つけたのが壁にかかっているリトグラフです。記念に買い求め持ち帰りました。そして、旅の写真を現像・プリントし、よく撮れていた1枚をフォトフレームに入れ、額の下に飾ったところ、アングルが一致していたのです。縦と横の違いがあるものの右に3本、左には2本の木を入れたところまで!

フィルムカメラですから、シャッターを押すのはよくよく考えてからです。そんな少ない写真の中の1枚と同じアングルで作られたリトグラフを私たちは無意識に購入していたのです。

ソローにまつわる他の題材をモチーフにしたリトグラフもあったのですが、夫も私もこの作品が気に入り買い求めたものでした。同じアングルだということに気づいた時は、驚きのあまり声も出ませんでした。

雛飾りがないときも棚は、お気にりの作家さんの作品やイベントの案内DM、花器に入れた草花などで賑やかなのですが、たまたま生まれたこのすっきりとした雰囲気も悪くはありません。しばらくはこのままにしておこうかと思っています。

■ 健康診断で要精密検査通知、薪棚が未完 by T2017/03/04

薪棚作り、未完に終わる
今日単管パイプで新たに薪棚を作る予定でした。

しかし昨日健康診断結果が届き、肺の精密検査をするようにとの通知が、よって今朝急きょ病院へ。

心の中では「俺の肺に難癖をつける輩は許さん!」とつぶやきつつ、診察室へ。

ボク:本当に精検するんですか?先日の健診のレントゲン写真をもう一度チェックしてもらいませんか?

医者:分かりました。・・ウーン、大丈夫そうですね。ご足労かけましたね。すみません。

ボク:よかったです。

医者:ところで、動脈硬化の検査を受けてみませんか?すぐ終わりますよ。

ボク:いいえ、結構です。


大事に到らなくて本当によかったわけですが、でもスッキリしません。

さらに、これだけのために850円請求されました。3割で850円ですから医療保険という名の税金から7割支払われます。

健康診断という制度は何のためにあるのか。健康診断で本当に健康になれるのでしょうか。。

皆さんはどう思われますか?


ということで薪棚作りの計画が狂ってしまい、今日は未完に終わりましたとさ。

■ 健康診断結果。小結節の可能性あり by M2017/03/05

水仙が顔を出し、鶯の初鳴きを聞く
昨日、夫が健康診断について記事にしました。今日は私が事の顛末をまとめたいと思います。

夕方、外出先から帰宅すると夫は何やら紙を眺め沈痛の表情を浮かべていました。「何かあった?」と尋ねると、健康診断の結果が郵送され、中に「小結節の可能性あり:要再検査」とあったとのこと。

2月7日に健康診断を受けた時には、医師から「大丈夫だと思います」と言われたとのことで、夫は意気揚々と帰ってきました。それなのに、この検査結果に夫も私も納得できませんでした。そこで今後の行動について、夫と戦略を練ることにしました。

まずは、情報収集です。
インターネットで「小結節」で検索するとあるある。「がんの疑い」との不安を煽る記事もありました。その中で、
http://medical-checkup.biz/archives/11623
上記の記事は画像もあり小結節について分かりやすく書かれていました。
5mm未満が「粒状影」、5mm-3cmが「結節影」、3cm以上になると「腫瘤影」といわれ悪性の可能性が高くなるとのこと。夫によると、検診のあとX線撮影の画像を見ながら、医師は大丈夫ですねと言われたそうなので、医師は影を見落としたのでしょうか?

次に、再検査で何をするかです。
上記のサイトによると「5mm以上の肺結節を拾い上げ、1ヶ月後にthin slice CT(1mmなど薄いスライスのCT)で精査する」とのことでした。ですから、夫はCT検査を受けることとなります。待て待て、CT検査には被曝のリスクがあると聞いたことがあります。よって、次にCT検査の被曝リスクについて調べなければいけません。

かつて、信頼している医療関係者が「健康診断時のX線撮影の被曝リスクも侮れない」という趣旨の発言をしていたことを思い出しました。さらにCT検査となれば、被曝リスクは増すばかりです。

ですから「CT 被曝リスク」で検索。
上位に掲載されグラフや表もあり分かりやすかったのが下記のサイトでした。
https://www.cataloghouse.co.jp/yomimono/140805/
サイトによると、胸部CT撮影の被曝線量が7.9ミリシーベルトとあります。一般の人は1年間で1ミリシーベルト以下と線量限度が法律で定められていますが、一度の検査でその8倍もの放射線を浴びることになります。できれば避けたい検査です。

情報が集まったので、次は戦略です。
健康診断を受けた病院に行き、再検査をすることにしました。「他の病院で受けた結果に責任は持てませんから、もう一度X線撮影をします」と言われないためにです。夫は過去にその経験があります。X線撮影による被曝量は小さいかもしれませんが、被曝リスクは小さいに越したことはありません。

そして、再検査に入る前に健康診断の画像をもう一度見てもらい説明を求め、それを聞いてから次の戦略を練ることとしました。その顛末が、昨日の記事だったわけです。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/03/04/8389609
ちなみに説明では、夫でも「骨」の影とわかるようなところに「?」と記入されており、医師は「これは骨ですね」と言ったとのこと。笑です。

医師の言い訳のようにも聞こえますが、近年「健康診断を受けた時には大丈夫と言われたのにがんだった」とのクレームが増えたため、要再検査と判定することが多くなったとのこと。さらに「ウチの病院はそれでも再要検査を出す割合は少ない方です。」と。病院ばかりを責めるわけにいかないようです。そして最後の医師の一言「動脈硬化の検査を受けてみませんか?すぐ終わりますよ。」は営業ですよね。

健康診断の時の担当医師には最後に「病院の食堂の売店に私の著書が置いてあるのでよろしければ購入してください。」と言われたたそうです。病院も営業活動をしないと経営が成り立たない時代になったのでしょうか。

私は以前より健康診断については懐疑的で、フルタイムで働いていた時代は血液検査と尿検査のために受けていました。貧血と数値で明らかに示され自覚症状があった時には、医者にかかる前に食事で解決しました。法律で健康診断の受診が義務付けられており、避けることはできませんでした。

独立行政法人労働政策研究・研修機構のサイトには…
http://www.jil.go.jp/rodoqa/08_eisei/08-Q03.html
「労働安全衛生法に規定された健康診断については、労働者は受診義務を負っており、事業者は受診命令に従わない労働者に対して懲戒処分をもって対処することもできます。」
とあります。健康診断を受けないと「処分」されることもあるってどういうことなのでしょうか?

私たちはしばしば「誰が得をしているか」という視点で物事を検証します。
・健康診断で「利益」を得ているのは…医療機関、医療機器の製造販売会社、製薬会社etc.
受診者は?事業者は?自治体は?納税者は?
また、「世界的にはどうなのか」という視点も取り入れるようにしています。しかし、時間に余裕がないと、考える時間が取れず、どうしても世の中の流れに流されてしまうことが多くなります。

インターネットで得た情報は、細切れでエビデンスの不確かな情報であることが多いと思います。ですから、エビデンスが明らかで、整理された分かりやすい情報を公的な機関やマスコミから出してもらえることを望みます。しかし、報道の自由度ランキングが2016年72位(前年比-11)のわが国では難しいことなのかもしれません。
http://www.asahi.com/articles/ASJ4N0SHDJ4MUHBI02M.html

となると自分で何とかせねばなりません。
ちなみに夫は一昨日は「来年以降、健康診断は受診しない」と言っていました。受診時のストレス、受診結果が来るまでのストレス、結果によってもたらされるストレスによって病気になるリスクの方が高いのではないかと…。

ですが昨日は「血液検査と尿検査はした方がいいかも」と少し柔軟になりました。フルマラソンを走る前に提出する宣誓書には「□ 過去1年の間に健康診断を受診し、異常がなかった。」という項目があります。ためらわずに□にチェックを入れるためにも健康診断は受けておいた方がいいですかね。

今回の診断の結果は、健康診断というものを見直す良い機会になりました。ともかく何事もなくよかったです。一昨日、ひな祭りの夕ご飯はそんな騒動で慌ただしく簡単に済ませてしましました。昨日は一昨日の分まで、美味しく楽しく夕ご飯をいただけました。

これが一番の健康の秘訣かもしれません。

---------------------------------------------
写真は、庭の水仙。今、鶯の初鳴きを聞きました。
3月2日には石畑池の白鳥がシベリアに向けて飛び立ちました。

■ タウの木さんが大阪タカシマヤに出展されます!2017/03/05

真鍮ムニョムニョブローチ

奈良県を中心にご活躍中のタウの木さんには、2015年及び2016年の11月に開催したイベント、One's Way-それぞれのあたりまえ-にご協力いただきました。そのタウの木さんが大阪タカシマヤに出展されます!


期間は3月8日(水)から14日(火)までの1週間です。
5階中央エスカレーター横:10時〜20時 (金・土曜は20時30分迄)
お近くにお住いの方はぜひ遊びにいらしてください。タウの木の中村ヨウイチさんにお会いされたらそのお人柄にほっこりされるのではないかと思います。


タウの木 中村ヨウイチさんについては、 One's Way-それぞれのあたりまえ-のサイト
One's Wayのイベントにご興味のある方は、こちらをご覧ください。