One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 自然素材が真骨頂を発揮 by M2017/07/25

湿度100%!?
昨日は梅雨末期の天候で朝から雨が降ったり止んだりの1日でした。日差しがほとんどなかったので気温はあまり上がらなかったのですが、湿度が非常に高い1日でした。ちょっと動くとべっとりと汗ばむ、湿度100%の状態でした。

ところで、我が家の壁材が自然素材だということは先日記事にしました。そのおかげで室温上昇が抑えらると…。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/07/20/8624296

昨日は調湿という点で壁材が真骨頂を発揮してくれました。いつも通り朝起きて窓を全開にしました。外気の湿度はほぼ100%だったのでしょう。室内の空気が屋外の空気と入れ替わり、温湿度計の湿度は100%を指しました。気温は25度ほどにもかかわらず、汗がじわじわとでてきます。

午前10時ごろ意を決して家中の窓を閉め切り、扇風機で過ごすこととしました。すると、100%を指していた湿度計の針が1時間も経たないうちに約90%まで下がりました。と同時に室内の空気のベタつき感がなくなり、心なしか杉板の床のベタつきも緩和され快適になりました。

その後、一切窓を開けることなく、扇風機だけで1日を過ごしました。食事時はキッチンで火を使いましたが、それでも1日、室温、湿度ともほぼ一定に保たれ、この気象の割には快適に過ごせたのではないかと思います。

漆喰と杉板の壁材、杉の床材、調湿効果のある素材を使った内装は、悪条件になればなるほど真骨頂を発揮してくれるようです。

今日も最高気温は低めなものの一日雨の予報です。我が家は真骨頂を発揮してくれるでしょう。

■ 移動する家で遥かなる旅路 by T2017/07/22

移動する家
災害の多い日本の場合、どこに住もうともその家に永住できるとは限らない。

そのため例えば耐震リフォームを新たに僕はするかと問われれば、僕はしない。そのお金を貯金しておいて家が倒壊した時は再建費用に当てる。かつて私たち夫婦は土地を購入し家を構えたが、さらにもう一軒分の建築資金をリスク管理として貯えておく。幸運にも被害に遭わなければそれはそれでさらに幸運。

でも今度家を構えるとしたら、僕はトレーラーハウス(キャンピングカー)を選択する。

小学生だった頃、僕は公園に展示してあったSL蒸気機関車を時々訪れ、そこに住みたいと本気で思っていたことがある。機動車両がキッチンで客車がリビング兼寝室。

中学生の時、映画『コンボイ』を観て、運転席の後ろにベッドルームを備えている大型トラックに憧れた。子供の頃からモバイルハウス(移動する家)に対する潜在的な憧れがあったのかもしれない。

地震、洪水、土砂災害に遭遇し、家が倒壊したと仮定する。土地そのものが消滅する可能性は低いと思われるので、その私たちの所有地を何とか復旧し、上下水道を修復し、そこにトレーラーハウス用の駐車スペースまたはガレージを整備するのだ。トレーラーハウスだったら自己資金を使わなくても地震保険金で入手でき、さらにお釣りがくるかも。

トレーラーハウスの暮らしは現在よりもさらにシンプルライフになりそう。僕は学生時代、キャンピング自転車にテント等生活道具を積んで旅をした。その経験から学んだことは、人間一人が生きていくのに必要なモノは自転車一台に積むことができるということだ。トレーラーハウスだったら夫婦二人分ぐらい充分キャパシティがある。

トレーラーハウスだと、平時はカーキャンピングでシニア旅行、非常時は家ごと避難場所へ移動。

何か不思議と楽しくなってきた。

■ 大工さん選びはスーパーマーケット選びと同じ by T2017/07/17

タマネギとジャガイモ
「大工さん選びはスーパーマーケット選びと同じ」これは我が家の新築の際、設計士の天野一男さんがおっしゃった言葉です。その意味するところはこういうことです。

大工さんを選ぶことは日頃買い物するスーパーを選ぶことと同じで、まず近隣の大工さんが好ましい。家は新築時だけのことではありません。新築後も補修やメンテナンス、リフォーム等ずっと継続するものだからです。でも近ければ良いというだけではありません。日頃のニーズを叶えてくれるスーパーを私たちは選ぶわけですから、大工さんもなるべく近隣で自分たちの願いを叶えてくれる大工さんを選びましょう、ということです。

新築から17年が経過しました。我が家を建てて下さった大工さんは、同じ町内にお住まいで、当時私たちには初対面だった宮田建築さんです。現在に到るまで毎年何らかの相談や仕事を依頼しています。宮田建築さんに建てて頂いて本当に良かったと思っています。

昨日、宮田さんと天野さんに例年通りお中元を届けて参りました。自宅に戻ってみると段ボール箱いっぱいのジャガイモとタマネギがガレージに置いてあるではありませんか。宮田さんが畑で取れた新ジャガと新タマを届けて下さいました。

我が家の菜園では、米も含めジャガイモやタマネギ、ダイズのように一気に収穫する野菜は育てていません。このような種類の保存野菜は大農園で効率よくエコロジカルに生産したものを購入・保存した方がコストパフォーマンスや対労働効果が良いと考えるからです。

特に日本の米生産には補助金という形の公的資金(税金)が投入されているわけですから、私たち納税者は堂々と米を購入する権利を有していると僕は思っています。しかも米の自給率は富山県の場合100パーセントを軽く越えているでしょう。無理して個人で自産自消する必要もありません。

よって我が家の菜園では葉物や成り物のように基本毎日少しずつ収穫できる野菜に絞って栽培しています。それらの野菜は保存よりも鮮度と安心度が重要な野菜だからです。それに米と違って自給率も低い野菜ですから。

というわけで宮田建築さんからの贈り物は本当に有り難いです。スーパーマーケットで買わなくても良いです。

※大工さん選びについてはこちらの記事もご覧いただけると嬉しいです。
http://onesway.asablo.jp/blog/2016/12/27/8295310

■ 暖簾についての追記 by T2017/07/04

雨に濡れる紫陽花
妻が書いた暖簾についてのブログに付け加えます。

私たちは横移動のカーテンに当初から抵抗感を持っていました。話は約20年前のドイツ旅行に遡ります。

1996年から1997年にかけて年末年始のドイツを旅行しました。マイナス10度以下のクリスマス。窓辺を可愛く装飾した家々が立ち並び、そのほとんどがカーテン無しで室内も丸見えでした。夜も長く昼も薄暗いので外から室内がより観察できたということです。聞くところによればドイツ人にとってそれは想定の範囲内。外を歩く人から室内の家具、装飾を観られてもいいように、日頃から気合を入れてインテリアにこだわるということでした。絨毯一枚を買う際にも家族会義で選び抜くということでした。そんな真剣勝負のインテリアですからカーテンで見えないようにするなんて言語道断。

別に見られてもいいんだ。カーテンを付けたくなかったら付けなくていいんだ。私たちのカーテン嫌いをドイツ人に共感してもらえたようで嬉しかった記憶があります。

カーテン無しの数年を経過して、暖簾(のれん)を提げるに到った理由は妻が書きました。

暖簾は日本古来の寝殿造りに見られるような御簾(みす)や几帳(きちょう)のように縦に下げます。かつ移動可能です。設置方法も極めてシンプル。横棒に布を垂らすだけ。妻戸のような観音開きのデッキへの出入り口に垂らされた暖簾が揺れるとき、まるで風が生き物のように見えてきます。見えない風を視覚化できるのです。そしてその風は平安時代もさらに遡り、遥か太古から吹いている風なのです。

写真家の故星野道夫さんはエッセイに書いていました。「風は太古の生き物の化石である。」

有機物である自分もいずれは二酸化炭素と水蒸気となって風に同化する存在。暖簾はそんなメッセージを送ってくれます。

■ 富山県射水市で震度3を観測 by M2017/06/25

今朝7時2分、長野県南部で地震が発生し、射水市の震度は3と発表されました。丁度、朝食を摂っている最中でした。


今日の朝食
いつも通りNHK第1ラジオを聴きながら食事をしていると緊急地震速報が。ラジオからは「長野県南部で地震が発生しました」とのアナウンサーの声が聞こえてきました。長野県はお隣の県です。北部の小谷村は数年前に地震で大きな被害を受けています。「近いかも!」と身構えた直後に「ドッド」と揺れを感じました。食卓を照らすペンダントライトも左右に10cmほど揺れました。

しばらくして「富山県射水市で震度3を観測」との報道がありました。夫と私の体感では震度1から2かなという予想でしたが、市庁舎に設置された震度計は3を観測したようです。

以前、金山里山の会の会長さんから我が家が建っている土地は「地山だから安心だね」と言われたことを思い出しました。同じ地域でも昔、湿地帯だったところがあり、そのような場所は揺れが大きいようです。そういえば、昨年市庁舎が新しくなったのですが、その場所はかつては湿地帯だったところです。近隣の自治体の震度が2以下だったので、地盤の影響があったのかもしれません。

今から25年以上前、結婚直後から土地探しをしていました。当時、谷や沼を埋め立てて作った造成地で新築後数年で家が傾いたという報道が目につきました。そこで昔の地名に「沼」、「田」、「池」などの文字がついていないことに注意して土地を探したことを思い出しました。


ダイニングからの眺め
さて、今日の写真は、朝食とダイニングからの眺めです。メニューはプレーンオムレツ、ラディッシュの葉と自家製鶏ハムのソテー、スープ(自家製の人参とインゲンにコーン)、シリアル、トマトジュース、自家製パン(クリームチーズとマーマレード)でした。

長い軒があるので、雨の日でも風さえなければ窓を開け放つことができます。