One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 屋根裏から床下まで by T2017/10/14

屋根裏ロフト_左側に長持が見えます
昨日の妻の記事について追記です。妻は「我が家は1日活動すれば使わないスペースがない」と書いていました。それは本当です。

まず屋根裏ロフト。ここは物置として活用していますが、今のように季節の変わり目には頻繁に上ります。夏物衣類を収納し冬物を出す、網戸を収納する、毛布を取り出す等々。ここには親戚から頂いた木製長持(懐かしい)があり、この中に夏用布団やゴザが入っています。

次に大梁。五間ものの米松一本梁が吹き抜けの屋根裏を貫いています。幅が約40センチメートルほどありますから上を歩くことができます。煙突の屋根貫通部や妻部分のオペレーターガラス窓など、普通だったら足場や梯子を立てないと届かない場所の掃除をしたりメンテナンスしたりする動線として活躍します。

そして床下ベースメント。我が家の基礎の立ち上げは約2メートルほどありますから、床下にちょっとした空間ができたわけです。欧米の建築物には半地下のいわゆるグランドフロアがあって、ワイン貯蔵庫とかパントリーとして活用されていますが、我が家のベースメントは地面を掘らずに基礎内に作られています。現在は自転車のメンテナンスや冬場の木工作業場所として使われたり、保存野菜や採取種を保管しておくパントリーとして活用されています。また約5メートルの雪吊り用木棒や真竹も収納できます。収納されている上部は何とバスルームです。水洗トイレの床下も植木鉢やコンクリートブロックなどの保管場所になっています。

横五間、縦三間半の長方形で小さい家ですが、隅々活用するように努めています。小さい家ですが廊下や壁などで空間を仕切らないようにすれば、汎用性が高まります。

加えて小さいワンフロアの空間は暖房効率も上がります。我が家の唯一の薪ストーブ(ヨツールF500)はリビングやキッチンはもちろん、寝室(寝室には加えて蓄熱式暖房器がある)、トイレ、洗面所、脱衣場(脱衣場には電気温水器があり更に暖かい)、バスルーム、勝手口などすべての空間をセントラルヒーリングしてくれます。温度差によるヒートショックは防止できます。

小さい家を隅々まで、そして末長く。私たちはかなり欲張りです。

■ 補助暖房、使い始めました by M2017/10/13

補助暖房としての蓄熱式暖房器
昨日、今日と最低気温が10度程となりました。薪ストーブは焚けるばかりになっているのですが、火入れは週末までお預けとなっています。

そこで補助暖房を使い始めました。我が家の補助暖房は蓄熱式暖房器です。新築当初は薪ストーブで家全体を温めるつもりでした。薪ストーブの暖かさは格別ですし、我が家より広いスペースでも薪ストーブで十分に暖かい体験もしていました。

しかし、住んでみて甘かったことに気づいたのです。新築時、フルタイムでの共働きでした。早朝にストーブを点火するも2時間ほどで出勤。帰宅時にはすっかり冷え切った室内で、また点火。薪ストーブは焚き始めてから部屋が暖まるまでにかなり時間を要します。さらに、薪ストーブ初心者ですから、今ほど上手く着火できるはずもなく、冷え切った室内で震える毎日でした。

1シーズン目は何とか耐えたのですが、これが続くかと思うとゲンナリしました。そこで、寝室に補助暖房を入れることにしました。そこから私たちの暖房器探しが始まったのです。

当時はインターネットが今ほど発達はしていなかったので、書籍と口コミが主な情報源でした。さらに、上京の折にショールームやお店を周り、私たちの暮らしにあう暖房器を見つけるのに数ヶ月。

東京でこれという暖房器が見つからず意気消沈して帰宅したら、郵便受けに電機屋さんのチラシがポスティングされていました。そこに蓄熱式暖房器が紹介されていました。空気を汚さず、暖房原理が輻射熱というところが気に入りました。

ただ、ヒーターからの電磁波が気になり、即決はできませんでした。電磁波測定器を手にいれてショールームで測定し、一安心。機種を選ぶ段となり、シンプルで歴史のあるスティーベルの蓄熱式暖房器を選択しました。決め手はアナログで操作できるところでした。温度設定、風量設定はダイヤルです。最初のシーズンに色々と試して、今ではこのくらいの気温の日は、このくらいの設定で…という具合に手動でダイヤルを回しています。

蓄熱式暖房器のおかげで布団はふっくら(北陸の冬は湿度が高いため通常布団は湿ってしまいます)、朝は暖かく、寝起きが良くなりました。かつて使っていた電気毛布はお蔵入り。靴下をはかずとも快適に睡眠を貪れます。

■ 土間のない玄関 by M2017/10/13

土間のない玄関
今日は玄関の内側の話です。

我が家の玄関には土間がありません。玄関ドアの前にキリムのラグマットを敷き、その上で靴を脱ぎ履きしています。

こうなった理由は…
家の設計時、夫は広い土間が欲しいと設計士の天野さんに要望していました。その理由は、自転車のメンテナンスをするため。その一方で、小さくシンプルな構造も合わせて要望していました。その結果が、土間のない玄関となったのです。

天野さん曰く、土間でなくても自転車のメンテナンスはできるでしょう。土間は土間としてしか使えなくなり、居住スペースが減るのでもったいないとのこと。これに夫は納得して、土間がなくなったのです。

3年前に床下を土間打ちしたので、今はそこで自転車のメンテナンスをしています。以前は2階の書斎スペースにビニルシートを敷いて、自転車のメンテナンスをしていました。

小さい家ですが、暮らしているのは大人二人です。1日活動すれば使わないスペースがないほど、無駄なく使っています。天野さんの発想に脱帽です。

■ 玄関前の変化 by M2017/10/12

玄関前、少しずつ変化しています
写真は我が家の玄関です。門扉と一緒に作っていただいた手すりが左に見えます。来客が一人ですと心配ないのですが、来客が二人になると一方の方が後ずさりされて、橋から落ちるのではないかという心配がありました。

木製の橋に変わって、新たに鉄製の橋をかけたのが2010年でした。その時は手すりもいらないと言っていたですが、設計士の天野さんの提案で、片方だけ手すりをつけました。その手すりとデザインを合わせて今回、玄関前に作ってもらったのです。

2010年、もう一つ加わったのが、玄関前の照明です。
それまでは暗い玄関でした。梯子風なものをデザインして、鉄で作ってもらいました。それに脱衣場で使っていた照明を電気屋さんにとりつけてもらって完成。郵便受けは入居直後から使用していたものを再利用しています。新宿のCONRANショップで購入しました。

入居から16年と9ヶ月。少しずつ玄関前が変化しています。雨樋を取り付けたのはその後です。使い勝手が悪いところ、あるいは使い勝手を改善できるところを、できる範囲で少しずつ変えていくスタイルが私たちの家づくりのようです。

■ 本当の終わり by M2017/09/11

カマキリ
玄関アプローチの門扉が完成したのは8月24日でした。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/08/24/8654960
今日はカナテツさんへの支払いを済まし、門扉工事の本当の終わりです。

砺波在住の設計士の天野さんの事務所をお礼のために訪れました。天野さんとしては、フランス鍵も市販品ではなく、亜鉛メッキ仕上げにしたかったとのことでした。市販品はステンレス製で止めがついています。閉めた時は気にならないのですが、開けた時に目につくとのこと。

私たちには気にならないことでも、天野さんには気になることがたくさんあるのだと思います。景観もその一つでしょう。日本中、どこもかしこも同じような景観。新建材で建てられた家屋、店舗etc.デザイン的に自己主張が強く、景観になじまない、あるいは違和感を感じるバランス。

bue-dueのたまちゃんもですが、見える人なのだと思います。見えることによる疲労は、見えない人、あるいは見ようとしない人に比べて大きいことと思います。だからこそ、普遍的で違和感のないデザインを生み出せるのだと思います。

そのようなご縁に感謝の1日でした。

写真は今朝、家の壁に張り付いていたカマキリです。普遍的で違和感のないフォルム。自然界は偉大です。

■ 夏野菜の天ぷら、今年初 by M2017/09/04

夏野菜の天ぷら
今日の夕食に夏野菜の天ぷらを作りました。今更ですが今年初です。暑い間は揚げ物をする気になれませんでした。その上、この夏はナスが全くと言っていいほど花をつけませんでした。夏野菜の王様、ナスがない夏野菜の天ぷらはないでしょう。

ということで今年初の夏野菜の天ぷらになったということです。ナスはようやく成り出し、今日は5個収穫できました。また、今日の朝は15度ほどの涼しさ、寒さと言っていいほどでした。夫はウインドブレーカーを着て自転車に乗ったそうです。日中、気温は上がったとはいえ、汗をかかずに揚げることができました。

写真は、ナスのほか、ピーマン、シシトウ、オクラ、カボチャ、ゴーヤの天ぷらです。全て家庭菜園で収穫できた野菜です。ありがたいことです。

ところで、天ぷらの背後はコンロの周囲に貼られたレンガ調のタイルです。以前住んでいた家では揚げ物は全くしませんでした。壁が汚れるのが嫌だったからです。この家を設計してくださった天野さんが汚れても気にならないようにすればいいからという理由で採用された壁です。入居後、揚げ物をするようになりました。壁を掃除したことはありません。天野さんの発想に助けられている生活です。

■ 伊勢神宮の社殿のモデルは高床倉庫 by T2017/09/02

高床式倉庫
伊勢神宮の気持ちの良さは簡素の一言にあると思います。萱葺きのヒノキ造り。ムク板の垣を廻らした高床の切妻造り。

それは弥生時代、自然の恵みとしての米を貯蔵した穀倉つまり高床倉庫にそっくり。

穀倉を拝むことを通じてその背後に坐す神=自然を拝むということなのでしょうか。

そして高床の穀倉つまり社殿は20年で新陳代謝。形あるものにはこだわりがない。重要なのは背後にある無形・抽象。

無形・抽象まで削ぎ落とされると、これ以上簡素なものはありません。

我が家も高床の切妻造り。でも建築物としての家という有形物にこだわりすぎるのは、簡素な暮らしというコンセプトから離れていくのかもしれません。そんなことを伊勢神宮にお参りして感じました。重要なことは家の背後にあると。

■ 私見、門扉のデザインについて by T2017/08/27

デザインの意味
正直な話、門扉のデザインについては妻に任せっきりの僕でした。でも仕上がりにはとても満足しています。それは僕なりにデザインについて意味付けがあるからです。妻には妻の意味付けがあるでしょう。

僕が個人的に考えるデザインの意味を紹介します。

デザインの非対称性:自然界では規則的、左右対象的な表象物や風景は稀であり、違和感を感じます。一見不規則で不完全、でも何となくしっくりくる感じが気に入っています。

石垣・石畳を連想:大小様々不規則な石が全体としてまとまりをつくったようなフォルムを想像します。不思議とポップ。でも時間的には太古の人類黎明期に誘ってくれるようなデザインです。

見た感じ軽い:鉄という無機質で冷たい素材を、防錆のための亜鉛ドブメッキ加工しただけの扉です。重量は35~40㎏ほどでしょう。そんな門扉を軽妙かつプリミティブ(原初的)に見せてくれます。

雑木林の中の橋:ポール・セザンヌ作『マンシーの橋』という作品は大好きです。森の中の木橋を描いたその作品は、我が家の鉄製アプローチ橋を作った際も意識しました。その二次元世界をデフォルメ及びデザイン化するとこんな感じかな、と勝手に想像しています。

とまあ、こんな感じです。

※『マンシーの橋』についてはこちらをご参考に!
http://ashigara.art.coocan.jp/enjoypai/CezaMain.html

■ 夕暮れの姿 by M2017/08/25

昨日完成した門扉、夕暮れ時と夜間の姿を写真に収めました。夫と二人でその姿に再び満足しました。

夕暮れの門扉

夜の玄関アプローチ

夜の門扉

あーでもないこーでもないの一つに、上辺を斜めにするという案がありました。これは大成功!開けた時にコンクリート壁上面との傾斜のズレが気になりません。

また、閉めた時だけでなく、開けた時にも扉を固定するためにフランス鍵の落とし穴を開けてもらったことも功を奏しています。

今朝は起きて早速、扉を開けて来ました。これで玄関アプローチからのイノシシの侵入を防げます。が、昨晩、庭にイノシシが侵入した模様。イノシシの侵入をきっかけに門扉を作ることにしたのですが、イノシシとのおつきあいはまだまだ続きそうです。


■ 完成! by M2017/08/24

1月下旬に思いついた門扉取り付け、本日、無事完成しました!

門扉完成!


門扉デザイン案20170122

一昨日の午前中、設計士の天野さんから夫の携帯電話に連絡がありました。電話の内容は、門扉の鉄板が亜鉛どぶ漬の際にひよったとのこと。天野さんはその電話で、やり直しになるからもうしばらく時間がかかるとおっしゃったそうです。

その日の夕方、鉄工所カナテツの橋本さんから自宅に電話がありました。鉄板のひよりが治ったから24日に取り付けに行けます、とのこと。仕事から帰った夫にそのことを告げると、夫は??????。

今日24日の午前は夫は用事がなかったので、取り付けに来ていただくこととしました。大事をとって設計士の天野さんにも確認のために来ていただきました。私は、よりに寄って何ヶ月も前から申し込んでいた健康診断のため、朝から外出でした。

ちょうど昼ごろ帰宅した時には、すでに取り付け工事は終了していました。出来栄えには大満足です。あーだこーだと意見をかわし、途中、ちょっと不安にもなりながら、完成品に大満足です!

ここに扉ができる予定
※工事前の玄関アプローチ

玄関アプローチのコンクリート壁1
門扉デザイン
ダンボール製門扉模型1
工事開始!
門扉取り付け
※取り付け工事開始!

門扉取り付け
※フランス鍵用の穴を開けています。

門扉完成!
※開けたところ。フランス鍵で固定できるようになっています。

玄関先の手すりの増設も目論見通り。安心感が断然アップしました。
手すりのデザイン案
手すり完成
※完成!