One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ Xデーを想定の範囲内に by T2017/10/17

マリーゴルド、未だ咲き続けています
先日、近所の方が大病をされ、手術は成功したものの今までのように活発に行動できないと嘆いておられました。こういったことは人ごとではありません。どれだけ注意していたとしても病気や怪我によって突然現在のライフスタイルや生産性を維持できなくなることは誰にでもあり得ることです。

できることをする行動力と、できないことを諦める受容力と、できることとできないことを区別する知能力によって、来るべき時をシュミレーションし、Xデーをなるべく想定の範囲内にしようと夫婦で話し合いました。

また、病気や怪我でなくとも加齢によって行動力が鈍り現在の生活レベルを維持できないことも避けることができません。先日夫婦で3時間以上走った時、帰宅後はゆっくり行動せざるを得ませんでした。あたかも老後の暮らしをシュミレーションしているようだと話していました。

話は突然変わりますが、現在の日本の公的年金制度は自分の掛け金をプールし自分の年金を受給するシステムではありません。支払者と受給者が異なります。それは前世紀、日本の公的年金制度スタート時点において、掛け金を支払うことなく年金を受け取った第一世代があったということです。

また話は飛びますが、現在地球規模では人口爆発(人口増加)が問題になっているにも関わらず、日本においては少子高齢化が問題視されています。日本は人口密度が極めて高いにも関わらず、まだ人を増やせと叫ばれています。その理由を尋ねると多くの回答は、「社会保障制度、年金制度、社会福祉制度が維持できない」等の回答です。

つまり既存の大人が生きていくために、未存の子供を増やさねばならないという論理でしょうか。言い換えれば、子供の存在は大人の存在のための手段ということでしょうか?

僕は思うのですが、子供は子供自身が生きていくことを目的として生まれるべきではないでしょうか。人格は常に目的として扱われ、決して手段として扱ってはならないと述べたのはカントだったでしょうか。みなさんはどう思われますか?

私たち夫婦は二人暮らしです。親子間の共依存関係は回避することができる一方で、本当に頼れるのは自分しかいないという緊張感を持って将来の想定に努めたいと考えています。

と同時に緊張感を持って将来の想定に努め、選挙では大切な一票を投票したいと思っています。

■ 走れる幸せを誰かの幸せにつなげよう by T2017/09/27

第1回東京マラソンゴール付近
「走れる幸せを誰かの幸せにつなげよう」このキャッチコピーは東京マラソン財団のコピーです。走ることによって誰かを幸せにできるか否かは分かりませんが、少なくとも僕は走ることができるだけで幸せです。

だから、なぜ走るのかという疑問は持ったことがありません。疑問が湧く前に走ることのできる幸福感と有り難さが湧いてくるからです。

東京マラソンに限らず全てのマラソン大会では健康チェックの項目があります。つまり健康だから走ることができるというわけです。それが嬉しい。

それに、卵が先か鶏が先か分かりませんが、マラソンを走るようになって僕は以前より健康的になりました。

時々「お金を払ってまで、なぜ走るのか」と質問されることがあります。健康でマラソン大会にお金を払うことと、不健康で病院や薬にお金を払うことと比較すれば、断然前者の方を僕は選択します。

「お金を払ってまで、なぜ走るのか」といった質問は「お金を払ってまで、なぜタバコを吸うのか」と同系列の質問です。「お金を払ってまで、なぜお菓子を食べすぎるのか」と同等の質問です。要は「したいから」でしょう。

ともかくも、東京マラソン2018を走ることができるのは本当に嬉しいです。旅行好きの妻も東京へ行く口実ができて幸せだと言っていました。

■ 私見、最高の資産運用 by T2017/09/23

資産運用の一環としての菜園と薪
預金をしても利子がわずか、株や為替はリスクを伴う。あなたは将来に向けて何に投資しますか?不安を挙げればきりがありません。自分のできることにベストを尽くすだけです。

お金に限定して考えてみましょう。確かに貨幣価値は一定ではありません。でもそれを言い出したらきりがありませんから、ここでは現実的に資産金額を大きくすることに特化して考えてみましょう。

最も利率の良い投資商品は何か?それは終身年金に投資して且つ健康寿命を伸ばす努力をすることだと個人的に考えます。これが掛け金に対し最も利率の良い投資商品だと僕は考えます。

終身年金には公的年金と私的年金があります。公的年金の未来は決して明るくはありませんが、掛け金を支払わなければ絶対にもらえません。私的年金は終身となると掛け金は高くなりますが、ここががんばりどころの投資です。早死にしたら損だという言葉の誘惑に騙されてはいけません。早死にしたらそもそも将来の不安など考えなくても良いのですから。自分の経済力を鑑みベストを尽くして投資します。

と同時に自分の健康状態をベストに保つ努力をします。具体的には栄養のインプットとアウトプットに配慮します。良質の食事を摂取すると同時に服薬に依存しないインプット。そして摂取した栄養を運動や肉体労働など良質な新陳代謝でアウトプット。

万が一病気になった時に備え、最高のコンデションで自らのコンデションを回復できるように医療保険にも加入しておきます。そのくらいの投資は必要経費です。お金では幸せを買うことは 困難ですが、悲劇を乗り越える手段となり得ますから。

そうすれば健康に長生きすればするほど、掛け金の総額に対し受取金の総額を大きくすることができるでしょう。少なくとも現在の銀行預金の利息よりも大きくすることができるでしょう。

そして、たとえ日本経済が滅び日本円が無価値になったとしても、サバイバルに必須な健康でタフな心身を獲得することもできるでしょう。

■ 後戻りできない by M2017/09/22

精米中
写真は愛用の精米機です。平日は毎日夕食後、翌日に食べる分を精米し、研いでおきます。

この精米機に出会い精米が楽しくなりました。その理由は…
1 使用後、糠がついた精米部分を全て取り外し、洗うことができます。
以前は、精米部がブラックボックス化しており、残った糠に虫が卵を産みつけ大変なことになりました。

2 精米の加減を細かく選べます。
我が家では大抵2分づきにします。糠と胚芽の部分にビタミンやミネラルが含まれます。2分づきにすればそれらがほぼ残りながらも、短時間に炊き上げることができます。効率と栄養、共に実現できるというわけです。

3 見た目の美しさが許せます。
家庭用精米機というと野暮ったい印象でした。実際、山本電気の精米機に出会う以前に使っていた精米機は、見たくない代物でした。精米機にデザイン性を求めるのは酷なのかもしれません。しかし、この精米機は許容範囲でした。というより、悪くはない見た目でした。普段はシンク下にしまってありますが、精米時は台所の天板の上に出します。

※ 精米機の詳細は、山本電気のサイトでご確認ください。
http://www.ydk.jp/homeelectronics/michiba/rc52.html

ちなみに我が家では、鍋でご飯を炊いています。結婚してから26年半、同じ鍋で焚き続けています。そのメリットは、早く炊けること、壊れないこと、おこげを自由に作れること、美味しいこと。デメリットは、炊いている間、ガス台が一つ塞がることくらいでしょうか。と言っても、水が冷たい冬で25分ほど、夏でしたら20分ほどです。朝起きてすぐに火をつければ、全く問題を感じずに炊き上げることができます。

■ 健康野菜で周りを健康に by T2017/09/16

健康野菜、今日の一品
我が家の菜園で収穫される野菜を私たち夫婦は「健康野菜」と呼んでいます。その理由は無農薬・無化学肥料・無除草剤で育っているからです。外見上、非有機野菜と変りません。でも本当に大切なのは眼に見えないところだと、『星の王子様』のキツネは言ってくれています。

健康野菜は誰でも作ることができます。何せ私たち農業の素人が作れるのですから。

先日、知人から旅行のお土産を頂きました。そのお礼に健康野菜を差し上げました。
また先日、我が家を訪問してくれた知人がいました。健康野菜を持っていってもらいました。

健康野菜はコストがかかっていません。何せ農薬・化学肥料・除草剤を購入するコストが省けていますから。だから返礼といっても申し訳ないくらいです。

健康野菜で皆さんの健康と御多幸をお祈りいたします。

■ 灰も積もれば山となる by T2017/09/08

薪ストーブ
先日、薪焚き人の会の活動中での話題です。

薪焚き人の会メンバーの中には愛煙家もいます。空気の汚れた街中で禁煙しているより、空気のきれいな森の中で愛煙している方が、ひょっとしたら肺の中はきれいなのかもしれません。

一方で、一日にタバコ一箱のペースで愛煙すると、一ヶ月でおよそ1万4千円の出費。一年で17万円の出費とのこと。ならば禁煙して17万円で割られた薪を一年分購入できるのではないか。わざわざ苦労して山で木を伐り薪割りをする必要がないのではないか、という話になりました。タバコも薪もどちらも灰になるとはいえかなりの違いのようです。

タバコの害はタールが原因。タールが肺ガンなどの原因になるとのことです。薪ストーブの煙突掃除のように肺も毎年掃除できれば良いのですが、そうもいきません。

でも害はタールだけではありません。ニコチンの害も重要です。ニコチンの害は人間の幸福感を減少させるそうです。ドーパミンという脳内物質の分泌を減少させるとのこと。ドーパミンは期待感を喚起させる物質です。例えば食欲を例に言いますと、もうすぐ美味しい食事にありつけるという状況ならば、普通は食事がとても幸福に感じます。でもドーパミンが分泌されないと来るべき食事がさほど嬉しくなくなります。つまりニコチンは未来への期待感、生きる喜びを減少させるということでしょう。

「タバコ吸うと寿命縮めるよと」と言うと、「そんなに長生きしたくないから」と返ってきたことがあります。それは健康を犠牲にしてもタバコを吸う喜びを優先させるというより、生きる喜びそのものが減少しているのかもしれません。

タバコを吸う人も吸わない人もどちらにしても最後は灰になる運命です。でも、どうせ灰になるなら一度きりの人生を大いに楽しんでから灰になりたいと僕は思います。

■ 健康になった! by M2017/08/11

天然素材の防虫剤
夫も私もかつてアレルギーがありました。

夫はアレルギー性鼻炎でいつも鼻をかんでいました。私は原因不明の湿疹に悩まされていました。それも年末年始など、長いお休みになると必ずと言っていいほどでした。身体中に海に浮かぶ島のような膨らみが現れ、かゆみで何も手につかない様でした。夫も私も物心ついた時から、そうでしたので墓場までアレルギーと付き合うつもりでいました。

ところが、今はアレルギー疾患で悩まされることがないのです。いつのまにか消えていたのです。その要因を探ってみると…

1 仕事を辞め(変え)、ストレスが軽減した
2 市街地から里山へ居住地を変え、空気が綺麗になった
3 家をできるだけ天然素材を用いて建てた
4 安全と言われる食材を使うようにした
5 洗剤や防虫剤などの生活雑貨の安全性に気をつけるようになった

他にもあるかもしれませんが、すぐに思いついたのが上記の5点です。5点目の防虫剤には認知症を促進するものもあるようです。それを知って私の両親に比較的安全性の高い天然成分の防虫剤を購入しました。

防虫剤などなかった昔の人はどうしていたのでしょうね?カビ防止には乾燥した季節に着物を虫干ししていたようですが、防虫効果もあったのかもしれませんね。

私たちは進化しているのか、退化してしまったのかよくわかりません。何はともあれ、ここ数年、アレルギーに悩まされることなく生活できるのは本当にありがたいことです!

■ 汝自身を鍛えよ、ただし鍛え難きは守れ! by T2017/08/05

オークリーサングラス
最近、根性とか我慢という言葉があまり聞かれなくなったのは僕だけでしょうか?皆が我慢し出すと経済効果が薄れインフレ目標が達成困難になるからでしょうか。

今日も真夏日、片道約15キロの道のりを元気に自転車で通勤しました。マイカーを使うとガソリン代だけで250円から300円かかるので、それだったら仕事帰りにお気に入りの甘処にてクリーム入り宇治ミルク金時を食べた方が得した気分です。

熱中症、熱中症!と連呼される昨今ですが、少しぐらい自身の身体に負荷をかけないと僕は自分の老後が心配です。可愛い我が身には旅と一緒に負荷をかけよ。

ですが、鍛えることができない器官があります。それは目、眼、メッ。

僕は1980年代からサイクリング、自転車競技をしてきました。ちょうどその頃オークリー社がスポーツサングラスという概念を確立した時で、記念すべきオークリーの「アイシェード」以来、必ず自転車に乗るときはサングラス着用です。今では普段かける眼鏡そのものがカーブのある度付きスポーツゴーグルです。僕にとって眼鏡は単に視力を矯正する道具に留まらず、鍛えることのできない眼を保護するアイテムと認識しています。ですから仕事でも調光レンズのオークリーフラックジャケットをかけたりします。調光レンズは今日みたいに自転車通勤にはベスト。室内ではクリアレンズに戻るからです。

そんな今日、オフィスで雑誌プレジデントのオンラインニューズを読んでいると、こんな記事がありました。

「部活サングラス禁止 リスクも  サングラスを禁止する甲子園の時代錯誤」

手前味噌になりますが、僕は3年ほど前からコミュニティラジオを通じ、どうして学校で、部活動で、サングラスを奨励しないのか問題提起してきました。将来、白内障や黄斑変性症の高リスクは眼に見えているからです。

おそらく大きなハードルになっているのは、集団協調、悪く言えば集団迎合事なかれ心理でしょう。

とにかく、自分の身を守るのは自分。僕はサングラスを着用します。皆さんはご自身で考えてください。

■ 高原を思わせる土曜日の朝 by M2017/07/15

今朝は窓からのひんやりとした空気に目が覚めました。まるで高原の避暑地のようです。階下に降りて、窓を開けるとその空気が一気に室内に流れ込み、空気が入れ替わりました。

連日の暑さで少々バテ気味だったのでしょうか。昨晩は久しぶりに熟睡しました。が、午前3時ごろふくらはぎが痙攣を起こしあまりの痛さに目を醒ましました。発汗によるミネラル不足を引き起こしたのか、あるいは、冷えによるのか、色々と要因は考えられますが、とにかくあまりの痛さに飛び起きました。ストレッチをして筋肉をゆっくりと伸ばし痙攣は治まりました。

6時前、日の出直前の庭と菜園を写真におさめました。


芝の庭を見下ろす
一昨日、暑い中で夫が芝刈りをしてくれたばかり。日中は小鳥が芝に降りて土の中の餌をついばんでいる姿が見られます。


玄関アプローチから見る庭
玄関アプローチから見下ろした庭です。成長した雑木が日陰を作ってくれ、猛暑の日でも爽やかな空気が残っています。


朝陽を浴びる菜園
最後は朝日を浴びる菜園です。今朝もカゴいっぱいの夏野菜が収穫できました。



■ カモミールの香りに包まれて by M2017/05/05

カモミール乾燥中
カモミールの花が咲き出してから2週間、しばらくは盛りが続きそうです。

朝露が乾いてから花を摘み乾燥させてカモミールティーにします。リンゴのような香りに包まれての花摘み、以前はじれったくなり続かなかったのですが、今は時間的にも精神的にも余裕があるからなのか、淡々と摘んでいられます。

そのカモミールの効能は何といっても鎮静効果。以前仕事をしていた頃、夜寝付けないことが度々ありました。そんな時のカモミールティーは効果抜群。乾燥させた花をティースプーン山盛り1杯ティーポットに入れ、お湯を注ぎ3分待つだけです。生花でももちろんOKですが、夜中に取りに行くのはちょっとはばかられるので…。

今は不眠に悩まされることはなくなりましたが、時々、リラックス効果を狙ってお茶をいただきます。来年の5月までこれだけあれば十分な量でしょう。