One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 富山市で37.3度を観測、猛暑となりました! by M2017/07/11

今朝の収穫物
今日の午後1時ごろ富山市で37.3度と観測されました。その頃私は高岡市の中心部にいました。おそらく40度ほどになっていたのではないかと思います。実際、車の温度計は11時ですでに38度を示していたそうです。

幸い(?)フェーン現象のため、空気が乾燥していたので地中海のような暑さでした(行ったことはないのですが多分)。ですから汗が流れないのです。熱風が肌を撫で汗がすぐに乾くのです。

今は家にいます。高岡市内で車の温度計は40度を示していましたが、開け放った我が家のリビングの温度計は31度を指しています。我が家の標高は約50m未満ですので気圧の降下によって下がる気温は理論上0.25度です。

ですから5度以上の気温低下は、土と樹木と西側にある丘陵(標高70mほど)のお陰でしょう。今朝の富山市の最低気温が24.9度だったようですが、私たちは冬用の布団を使っていました。さすがに暑かったので、今日ようやく夏用の薄い布団を出したところです。

どこでボタンを掛け違えたのか、そもそもボタンを掛け違えたと思っているのは私だけなのか、定かではありませんが、これ以上地球温暖化が進まないことを願うばかりです。

写真は今朝の収穫です。左からシシトウ、ピーマン、キュウリ、トマト、ナス、インゲン。花はヒオウギ、アジサイ、ラベンダーを切ってきました。朝露に濡れた野菜と植物は我が家に涼を運んでくれます。

■ 泣き面に蜂 by T2017/06/30

腫れた左腕
イノシシが庭に侵入し、ユリ根を食べられたことは昨日妻が記事にしました。その続きがあります。

シシ垣を補強するために割り竹を打ち込んでいると、左腕に激しい痛みが!アンダーウエアの上からアシナガバチが刺していました。見渡すと近くの割り竹のところで数匹のアシナガバチが巣作りをしていました。

毎年1回程度はアシナガバチに刺されています。最初はアレルギーショックを引き起こすかもしれないということで病院に行った事もありますが、最近はそのまま安静にして1時間ぐらい体調の様子を見るようにしています。丸一日経過したのでショック反応は回避されたと思われますが、しっかり左腕が腫れています。毒を絞り出したのですがダメでした。

ところでアシナガバチは、毛虫芋虫を捕獲してくれるので益虫と考えられています。だからアシナガ駆除をしない自治体もあります。我が家の近隣でアメシロ被害を見たことがないのはアシナガバチのおかげなのかも知れません。

何かを駆除しようとすると、何か別の問題が生じてくる。程々で折り合いを付けていくことが自然界を生きるには正解でしょう。

■ やられた! by M2017/06/29

今朝5時過ぎベッドでウトウトしていると、「やられた!」という夫の声で目が覚めました。イノシシが庭に侵入し、百合のスペースが掘られ、百合根を食べられたとのこと。

身支度をして庭に降りるとかすかに獣臭が残り、猪の足跡らしきものがありました。去年のお盆前にイノシシ被害にあったのをきっかけに竹で猪垣を作りました。

猪垣

猪猪

その後被害がなかったのですが、約11ヶ月ぶりに侵入されてしまいました。百合のほか、紫陽花の幼木の下、落ち葉を貯めてあった場所も掘られていました。美味しいミミズを食べて行ったのでしょう。

百合のスペース

倒された百合

侵入された原因として考えられることはガレージへのロープの張り忘れです。夜間ロープを張っていたのですが、昨晩はそれを忘れていました。もう一つ考えられることは、以前夫が設置したゲートの下側が広いためそこを潜って侵入したのかもしれません。石を置いて応急措置をしました。

ゲートの下に石を置いて対策

何はともあれ、次の対策が必要となってきました。朝食をとりながら、検討中です。


■ 今日はいろいろ by M2017/06/18

イエローガーデン
今日は朝から盛りだくさんの休日となりました。

早朝、6時からの地元の下条川の土手の草刈りに夫は出かけました。曇り空の元、里山では草刈り機のエンジン音が鳴り響いていました。土手は綺麗になったのですが、蛍は宿を失ったのではないかと少々心配です。その間に、父の日用のパウンドケーキを私は焼き上げました。

ホットケーキの朝食をとった後、設計士の天野さんが門扉の図面を持ってきてくださいました。津幡町で鉄鋼業を営んでいらっしゃる橋本さんが描かれた図面は非常にわかりやすく丁寧に描かれており、素人の私たちでも理解できました。3人であーでもない、こーでもないと議論すること約1時間半。何かが変わりました!結論に向かって舵が切られたのです。その後30分ほどで、納得できる開閉の仕組みとデザインにたどり着きました。

軽く昼食をとって、お互いの父親にケーキを持って行きました。私の実家では、そのついでに以前からお願いしていたキンシバイの株を頂いてきました。家に帰って花壇に定植し終えたところを写真に撮りました。石積みの花壇は夫作。一昨年の秋に移植したキンシバイが咲き誇っています。手前の空いたスペースに今日もらってきた株を定植しました。石積みの下には、ルーが花を咲かせています。

車庫前のイエローガーデンは、私たちの元気の源です。

■ 蛍の乱舞を目撃! by M2017/06/16

■ 蛍の乱舞を目撃! by M

金山里山に住んで17回目の夏を迎えようとしています。住み始めてしばらくした頃、近所の方から「この辺りでは6月になったら蛍が見れますよ」と聞いてはいたのですが、車で移動していたからでしょう、去年までは一度も蛍を見たことがありませんでした。

去年、初めて数匹の蛍が光を放ちながら飛んでいるのを見ました。そして、今日、何匹もの蛍を見たのです!町内会の集まりに参加した帰りでした。地区の公民館からの帰り道、川沿いに蛍を発見。その後も家に帰るまで何匹もの蛍の光を見ました。

帰宅後、庭に降りて崖下の川のあたりを見下ろすとそこにも蛍が…。いつの日か自宅の庭で蛍の鑑賞会ができればいいねと夫と話しました。

私が子供の頃は、蛍狩りによく行ったものです。実家の周りは水田で、うちわを片手にあぜ道を行くと、何匹もの蛍がフワッフワっと飛んでいました。

いつのまにか蛍を見なくなり、去年は約40年ぶりに蛍を見たのではないかと思います。今日は約40年前に見た蛍の乱舞以上に感激。

写真は、薄暮の庭の花たちです。

ショウブ
ショウブが花を咲かせていました。

マリーゴールド

センニチコウ
マリーゴールドとセンニチソウは、地元の高齢者学級の方からの贈り物。

バラ
バラは夕暮れの弱い光の中で楚々と咲いていました。