One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 白銀の生クリーム by T2018/02/18

今朝、久しぶりに雪かきをしました。空気が張りつめ、とても清らか。そして静かです。本当に幸せを感じます。

昨晩から15センチほど新たに積もった雪は、まるでホイップした生クリームのよう。というわけではありませんが、今朝はホットケーキに生クリーム添え。我が家ではハッピーな時に出てくる定番メニューです。

白銀の世界

ホットケーキ生クリーム添え

食後は、ホイップクリームをコーヒーに浮かべて、グラスホッパー流ウインナーコーヒー。

グラスホッパーとは以前、金沢香林坊にあった喫茶店の名前です。酸味の強いコーヒーには、自分で好きなだけホイップクリームを入れることができました。店内の壁いっぱいに、ベルナール・ビュッフェの油絵が飾られていました。確か黄色と赤が印象的なザリガニ料理の絵だったと思います。一瞬にして好きになりました。絵もコーヒーも両方とも。

ホイップクリームがコーヒーの熱で溶けていきます。まるで春の淡雪のよう。


■ 異変あり! by M2018/02/10

自家製ヨーグルトに異変が起きました。この2週間ほど、酸味が強くなり、とうとう今朝はアルコールっぽい味になっていました。乳酸菌に異変が起きたようです。

そこでこの半月を振り返ってみると、1月末に味噌を仕込んだことを思い出しました。4kgの麹を使って味噌を仕込みました。仕込んだ場所は、リビングダイニングです。そして同時に自家製ヨーグルトもストーブの横で発酵させていたのです。

麹菌が乳酸菌に勝ったのでしょうか。我が家では自然酵母でパンも発酵させています。家中菌だらけになっていることと思いますが、菌と菌との相性や空気中の量や菌の強弱でヨーグルトに異変が起きたのでしょうね。

10年近く作り続けた自家製ヨーグルトに一旦終止符が打たれることとなりました。ヨーグルトの種を知人から改めて分けていただかないといけません。

■ ゆで大豆 by M2018/01/29

味噌作り用の茹で大豆
昨晩から水に浸してあった大豆を今朝からストーブの天板で茹で始めました。ストーブの穏やかな熱で吹きこぼれる心配なく茹でることができます。時々、茹で具合を確かめるのですが、煮豆用にするには程よい硬さにまでなりました。

明日の朝には、味噌用にできるまで柔らかくなっていることでしょう。後は、小人にお任せです。小人についてはこちらの記事を!
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/10/16/8706790

■ 穏やかな休日 by M2018/01/29

昨日は雪が降らない1日となりました。この大雪、降り始めたのが22日(月)午後、丁度TOYAMAハッピーライフキャンペーンのショートムービー撮影が終わった直後でした。撮影時には庭の積雪は少なく燃やし場の石が見えていました。

それから1週間、氷点下の日が続きとけることがないまま、降った雪がつもり続け70cmほどの雪が庭に残っています。昨日は、一昨日の日中に積もった雪の雪かきから始まり、その後、朝食。朝食の後、久しぶりに散歩に出かけました。冷気はまだ残っていましたが、前日までの寒さを耐えた後では、暖かく感じるほどでした。

石畑池の白鳥

家から5分ほどで石畑池に到着です。22年前、私たちがこの土地を買い求めたのと同時期に飛来し始めた白鳥が過去最高数観測できました。その数、43羽。ここ数年は十数羽ということが続いていました。多い時でも30数羽、初の40羽ごえです。池の一部は氷に覆われ、氷の上を歩く姿が微笑ましいこと。

遠くに我が家

我が家をズーム

さて、池の淵で振り返ると遠くに我が家が見えます。ここからの眺めを1週間前に坂本監督らが撮影して帰られました。今日は自分で撮影。ショートムービーが完成したら、プロのアングルとの比較をして見たいです。「同じ場所なのに坂本監督にはこんな風に見えているんだね」(真白の恋の一シーンに重ねて…)

雪に埋もれた椎茸原木

雪に埋まった菜園

30分ほどで集落を一周して帰宅。菜園も庭も雪に埋まっています。庭では椎茸原木が、菜園では猪垣も雪に埋まってしまいました。冬の雪が減ったことが猪の生息場所を拡大させたと聞いています。この雪で、今年は猪被害が減ることと願います。

猪肉のシチュー

と言いながら夕食は猪肉のシチューでした。朝から仕込んでトロトロになった猪肉は臭みもなく赤ワインに合わせて美味しくいただきました。夫が所属する「金山里山の会」の会員さんからいただいた猪肉。地元産のジビエの楽しみは失いたくはないのですが…。


穏やかな休日、午後は味噌の仕込みも。あと半分材料が残っているので、今日は茹でダイズ作りから再び始めます。明日には味噌の仕込み2回目となることでしょう。

■ 今年もやってきた! by M2018/01/26

自家製味噌材料
今年も味噌造りの季節がやってきました。寒中に仕込む味噌は、ゆっくりと熟成するので美味しくなるとかならないとか。

写真は「みどり共同購入会」で購入した大豆と麹です。共に富山県産、化学肥料も農薬も使用されていません。安心できる材料で作る味噌は、食べるときも安心です。ちなみに塩は、富山湾の海洋深層水を煮詰めて取り出した夫が作ったものを使います。自家製味噌を作り始めて今年で4シーズン目。勝手がわかってきたので当初ほど億劫でなくなりました。

明日から大豆を煮て仕込むのは日曜日か、月曜日になりそうです。

■ 撮影準備はキリがない by M2018/01/21

今日は一日、明日のショートムービーの撮影に向けて準備をしていました。

夫は庭の整備を…。9日前の雪で倒れた木を切ったり、ロープでおこしたりしていました。午後からは地域の集まりに出かけています。

私の方は室内中心に。
部屋の掃除の他、テーブルとキッチンカウンターにオイルを塗ったり、絵コンテで描かれていた「移住当初の写真」を探したり、料理をしたり、あっという間に日が暮れました。

写真は絵コンテです。
たった3分のためにここまで準備するのですね。感激です。おかげで不安はかなり軽減しました。楽しみの方が今は優っています。

絵コンテ1

絵コンテ2

絵コンテ3

ハッシュドビーフ 作ります

最後の写真は明日の食事シーンで食べるハッシュドビーフの材料です。椎茸は「金山里山の会」から購入した原木から収穫したものです。夫ら会員が里山からコナラの木を切り出し、菌を打った正真正銘地元産の原木椎茸です。ローリエは昨年の雪で倒れた月桂樹の木からとったもの。牛すじは和洋どちらの料理でも重宝するので、薪ストーブで煮込み料理が作れる季節は大抵冷凍庫に入っています。ワインは300円ほどのスペイン産テーブルワインです。トマトジュースは、コレステロール値が高めの夫が毎朝飲んでいるもの。

12月24日の監督との打ち合わせ時に得意料理を質問されたのですが、すぐには思いつかず「家にある材料で作る料理」と答えました。サラダもいつも家にある材料で作る予定です。


■ お弁当の時間 by M2018/01/19

お弁当の時間
写真は今日のお弁当です。
週に5日、お弁当を作っています。 結婚当初、お弁当作りに疲弊したり、他の事情があったりして、6年間、お弁当作りを休んでいましたが、 それ以降20年作り続けています。

私のご飯用弁当箱は結婚直後に購入したもの、おかず入れは昨年壊れてしまいましたが、かれこれ27年選手です。夫のご飯用弁当箱は金沢の雑貨屋さんで購入したもの。 おかず入れは昨年渋谷の東急ハンズで大きさ違いを買いました。ご飯用は木製、おかず用はステンレス製です。

お弁当の内容は毎日ほぼ同じパターンです。煮物、卵、サラダ、メイン(肉か焼魚)。昨日、卵をたくさん食べたので今日は珍しく卵抜きです。ご飯にはゴマを添えて。 つい最近まではご飯には「ゆかり」や「佃煮」などを日替わりで添えていたのですが、ゴマの美味しさに目覚め3カ月ほどゴマ続きです。 代わり映えしない内容でも「美味しい」と食べてくれる夫に感謝。

家にある材料で作るお弁当なので、時には真っ茶色になることもありますが、それも夫の許容範囲内のようです。 今日のお弁当も色彩不足の感は否めませんが、キレイに食べつくしてあったのでほっとしているところです。

ANAの機内誌『翼の王国』にて連載されているエッセイにならって、ブログタイトルを「お弁当の時間」とさせてもらいました。

■ これも27年 by M2018/01/17

これも27年
私たちが結婚したのは1991年でした。このオーブンは結婚当初から使っていたので27年になります。

今日は今年初めてパウンドケーキを焼きました。お正月用として年末に3本焼いたのですが、とうの昔に食べ尽くし、そろそろ焼かねば…と思っていたところに大雪。先週は除雪作業に明け暮れ、今週の初めはその疲れが残っており、ようやく焼こうという気分になった次第です。

今回はイチジクのパウンドケーキに挑戦しました。秋に作ったイチジクのジャムをたっぷりと混ぜ込んでみました。この記事を書き終わる頃には焼きあがるのではないかと思います。あたりにはオーブンから甘い香りが漂い始めました。

シンプルな家電は長持ちするのが嬉しいです。ケーキやパンを焼いたり、グラタンなどのオーブン料理に使ったりと安い買い物でしたが重宝しています。多機能な家電が世の中を謳歌する時代に、このようなベーシックな家電を見つけるのが難しくなってきています。大事に使いましょう!

■ 無くて七草 by T2018/01/07

今日1月7日は七草粥の日。セリ、ナズナ、ゴギョウ、ハコベラ、ホトケノザ、スズナ、スズシロこれぞ七草。

とは言うものの、富山の新暦一月に七草全てを揃えるのは無理。例えばセリは3月頃から庭を流れる遣水沿いに生え、春には芹ご飯を作るくらいたくさん収穫できますが、1月は無理。

ダイコンの葉と小松菜

我が家の菜園で収穫できるのは最後のスズシロ。つまりダイコンです。昨年の内に掘り上げて保存してありますが、種を採取するために少しは菜園に植わっています。雪を被ったダイコンの緑葉を収穫して玄米粥に入れます。

七草粥?

昨晩から玄米を土鍋に浸し薪ストーブに置いておきました。里山の塩を入れ、家に在るもので七草粥。具材は無いようで探せば在るものです。そう思って菜園を見渡せば、ダイコンの横に小松菜の葉っぱが在りました。これぞ「無くて七草」。


■ 冬至に想う by M2017/12/22

冬至のかぼちゃサラダ
今日は冬至。12月12日の記事に書いた通り、昼の長さは一年で一番短いのですが、日の入り時刻は12月初旬に比べ遅くなっているのです。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/12/12/8747135

富山
今日の日の出時刻:07:00:12 AM
今日の日の入時刻:04:39:12 PM
今日の日長:9h 39m 0s
とのこと。

冬至になると思い出すのが1996年末に訪れたドイツのケルンの街です。
以前夫が記事にしていました。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/12/04/8741317
ちなみにケルンは
今日の日の出時刻:08:33:01 AM
今日の日の入時刻:04:28:39 PM
今日の日長:7h 55m 38s
とのこと。

1時間以上、日長が短いのですね。特に朝の暗さは印象に残っています。8時はまだ真っ暗でその中を子供達が登校していました。10時ごろにようやく明るくなったように記憶しています。日中も太陽高度が低いせいで夕方のようでした。

さて、今日は冬至ですので、かぼちゃとゆずをいただきました。かぼちゃは干しぶどうとサラダにして朝昼夜と3食。ゆずはゆず湯にするのがもったいなくて、汁を絞ってポン酢にして豚しゃぶをいただきました。

明日から日長が伸びます。寒さはこれからが本番ですが昼は長くなっていくなんて、不思議にはきりがありません。