One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 冷え込んだ朝の涙 …by M2017/02/01

今朝は久しぶりに氷点下に冷え込みました。ラジオでは10日ぶりの氷点下とのこと。雪がとけて土が見えているところは霜が降り、白くなっていました。

入居から7、8年ほど、朝冷え込んだ日は、雨漏りに悩まされていました。冷え込むのは雲のない天気が良い日の朝です。なのになぜ、雨漏り?

そうなのです。私たちも最初は何が起きているのかが理解できず、翻弄されていました。仕事から帰ると、床に雨漏りの跡が・・・。家にいる日ですと、10時ごろからポタリポタリと雫が野地板から滲み出てきます。1箇所ではありません、あちらからもこちらからも・・・。

水が落ちるところは限られていることがわかってからは、床にバケツを置いたり、家具をシートで覆ったりして対処していました。

床についた涙の跡

2年、3年と経つうちにその正体がわかってきました。
室内に充満していた水蒸気が屋根裏で凍り、それが太陽の日差しでとけ、野地板に染み込み、落ちる時刻が10時頃ということです。

涙を流す野地板

水蒸気は恐らく漆喰壁から出ていたのでしょう。新築工事中の2000年の秋は長雨が続き、日中でも暗い中で塗壁職人の高松さんが仕事をしていらっしゃったことを覚えています。漆喰に取り込まれていた水分が、少しずつ少しずつ蒸発し、室内を満たしていたのだと思います。

薪ストーブを焚くと空気が乾燥して大変だよと聞いていたのですが、当時、湿度が60%を切ることはありませんでした。

業を煮やし、私たちは決断しました。暖房効果は落ちるけれど、屋根裏に通気口を開けようと。ところが、設計士の天野さんとも相談し、次の春には着工と決断した冬、野地板は一度も涙を流さなかったのです。

その後、野地板は全く涙を流していません。屋根裏の通気口は開けずに済みました。漆喰壁の調湿効果は偉大です。その後、湿度計の目盛りは60%を切るようにはなりましたが、50%を切ることはありません。以前の住まいでは、冬になると洗濯物が乾かず苦労していたのですが、我が家では薪ストーブのおかげで丸1日で乾きます。冬にシーツを洗濯できるなんて夢のようです。

入居から5、6年、色々とトラブルもありましたが、今はいい具合に家と私たちが馴染んできたように思います。これからも、この家と良いお付き合いをしていきたいものです。

■ 縄文式のナイフフォークレストを! …by M2017/02/02

ナイフフォークレストになったカロリーメイト

週末は自家製パンでワインを楽しんでいることは先に記事にしました。


bue-dueのワイングラスラック

薪ストーブで焼くパン



この習慣が8年続いたことにわれながら驚きです。それ以前は、美味しい食事パンを求めて、名古屋のお店から取り寄せたり、富山市内のお店へ買いに行ったりしていました。


最初は試行錯誤の繰り返しでしたが、ある程度安定的に焼けるようになってからは、全粒粉の割合を変えたり、レーズンの替わりに干し柿をスライスして混ぜ込んだりして、変化を楽しんでします。


ところで、毎週のことですので、以前からナイフフォークレストを探していたものの、なかなか気に入ったものが見つからないのです。とうとう、自分で作ってしまいました。


きっかけは、加積焼作家濱元丈二さんの一言でした。「庭の土で焼けますよ。」


濱元さんは、唐津「隆太窯」で修行の後、東京でご活躍され、縁あって富山県滑川市で開窯されました。私たちと気が合いそうだからと、夫の後輩から紹介を受けた作家さんです。2015年の秋には、One's Wayのイベントにも協力してくださいました。


濱元さんは地元の土で作品を制作されていました。過去形なのは、2015年の6月に加積窯を閉窯されて、生まれ故郷の種子島へ帰られたからです。その濱元さんに「富山の里山ならどこの土でも陶器が焼けますよ。」と言われたのです。


ガーデニングや菜園での作業中に出た粘土(キメが細かいため、スコップを入れたところに光沢感が出ます)を夫にとっておいてもらいました。水を加えてこね、成形し、乾くまで放置しました。


夫が塩炊きをする時に火の側に置いて素焼きしてできたのが、写真のナイフフォークレストです。夫は、カロリーメイトと呼んでいますが…。納得できる出来栄えとはとても言えませんが、毎週末に使っています。


同時に作った器は、焼いた時にヒビが入ったため、外の水場のタワシ置きに、2度目にはビー玉大のボールを作り、アロマテラピストの友人にあげました。


次は何を焼こうかな。


ちなみに我が家の川向うに縄文時代の遺跡があります。当時の土器と比べると、私が焼いた土器はとても稚拙なもです。縄文人が見たらなんと言うのでしょうね。


※加積窯の濱元丈二さんの詳細は、One's Way-それぞれのあたりまえ-のサイトをごらんください。

■ 我が家のコーヒーミル …by T2017/02/03

我が家のコーヒーミル
我が家のコーヒーミルは、カリタの鋳鉄製すりつぶしタイプのコーヒーミルです。結婚祝いとして職場の同僚から頂いたというか、これが欲しいとこちらから所望したコーヒーミルです。

同僚曰く、思ったより安かったそうで、コーヒー豆を入れるガラスの容器と、ペアカップもつけてくれました。カップの片方を割ってしまったので、こっそり同じものを購入し、今もペアで揃っています。

コーヒーミルなんてお洒落だけど、どうせ飽きちゃってすぐにブックスタンドか置き物になると揶揄されましたが、あれから四半世紀以上、一日に最低2杯は飲むであろうコーヒーを毎日挽いてくれています。

四半世紀の間に2度ばかり分解掃除をしました。刃物ではなく臼物なのでこまめに研ぐ必要もありません。一度も壊れたことがありません。そもそも壊れる心配のある箇所が見当たりません。

動力源は人間、回転速度の微調整など複雑な動きも人間が担当するので、コーヒーミル自体はシンプルそのものです。先に動かなくなるのは人間の方でしょう。その時は私たちを静かに看取ってください。

なんか『おじいさんの古時計』のような話になっちゃいました。

■ 富山の空にオ・スプレイ飛行中? …by M2017/02/03

窓ガラスにへばりつくクサギカメムシ
写真は、我が家の窓ガラスにへばりつくオ・スプレイです。何のことはない、カメムシです。

秋の終わり頃から室内を飛行し始め、気温が5度以下になると見なくなります。寒中とはいえちょっと暖かくなると、どこからともなくブーンと飛んでくるのです。

お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが「オ・スプレイ」は、カメムシの特性、強い臭気を噴出するところから、夫が命名しました。食事中に、料理の中に墜落することもしばしば。臭気を噴出する前に取り除こうとあたふたします。間一髪、間に合うこともありますが、時には料理から悪臭が・・・。

我が家で墜落するのは全長18mmのオ・スプレイですから、笑っていられますが、全長18mのオスプレイが上空を飛ぶとなったら気がきでないですね。

週末に向けて、気温が上がる予報が出ています。また、オ・スプレイと戦いながら食事をすることになりそうです。

■ ハプニングあり、薪用樹木の伐採 …by M2017/02/04

立春の今日、朝から雲ひとつない青空です。明け方は冷え込みましたが、日が昇るとともにどんどん暖かくなり、ゆっくりと朝食をとったあと、樹木の伐採に行ってきました。

去年の年末に、近所の方から薪用に自由に切って持っていっていいよと言われていた樹木です。谷間の水田にかかっており、実った稲穂に木の葉から露が落ちたり、落ち葉が水路を詰まらせたりして、厄介だったようです。

夫一人では危険だからということで、私がお供しました。防寒具に身を包み、いざ出陣。といっても私ができることは見守るだけ・・・。

急斜面に立つ3本のコナラ、1本目は思い通りに切り倒すことができたようで、夫は満足気な表情を浮かべていました。
足場の悪い中での伐採作業

2本目、絡まっていた藤づるを切ってから、倒れる方向に切り込みを入れました。樹形を見ながら木の重心と倒れる方向を考えて入れているようでした。ここまでは、順調にだったのですが‥。
この直後にハプニング

最初に入れた切り込みの反対側を切るのですが、なかなか倒れません。傾きもしません。ギギという音とともにチェーンソーの刃が挟まり動かなくなってしましました。樹木の上部でもう1本の木と絡まっていたのです。

二人ではどうしようもなくなりご近所さんにSOS。ご近所さんのチェーンソーで切るのですが、夫のチェーンソーは抜けません。そこで、くさびを打ち込み、夫のチェーンソー脱出に成功。2本目の木はほとんど切れていたので、3本目の木を切ることに。

ゴゴゴー、2本同時に倒れました。ちょうど通りかかった金山里山の会の会長さんと私は、拍手で伐採を讃えました。

ご近所さんと会長さんが現場を後にされ、ようやく私の出番がありました。夫がチェーンソーで切り倒した樹木を枝と幹に分けたものを運ぶという作業。1本分だけ行って本日の作業は終了しました。

夫いわく、今日は2本倒すつもりが、ハプニングのおかげで3本倒すことができたそうです。
災い転じて福となったようです。