One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ Slow,Small,Simpleな家づくり(その1)2017/01/01

オープンハウス時の我が家
2002年9月に開催された、富山建築士会主催のオープンハウスに協力した際にまとめた文章を修正しました。

/////////////////////////////////////////////

Our House In Green Valley(蒼い谷の家)
Slow(ゆっくり)Small(小さく)Simple(簡素に)

/////////////////////////////////////////////

私たちの「家」は、まさに、この3つのSを目指しました。ゆっくり、ゆっくり、楽しみながら「家」を建てたかったのです。そして、私たちが心身共に変化するのに応じて、「家」にも手が加え続けられることでしょう。

完成の記念日は、決して設けたくはありません。どうして、急がなければならないのでしょうか。それは、新しいモノが尊ばれるからでしょうか。ゆっくりしていたら、さらにハイテクなモノが現れ、それが欲しくなるからでしょうか。時代遅れになるからでしょうか。取り残されるのが心配なのでしょうか。

いいじゃないですか。威風堂々と行きませんか。

A gentleman will walk but never run.
by Sting

■ Slow,Small,Simpleな家づくり(その2)2017/01/01

我が家の冬景色
2002年9月に開催された、富山建築士会主催のオープンハウスに協力した際にまとめた文章を修正したものです。

/////////////////////////////////////////////

Our House In Green Valley(蒼い谷の家)
Slow(ゆっくり)Small(小さく)Simple(簡素に)

/////////////////////////////////////////////

「適正規模」というものがあると思います。私たちは夫婦2人暮らしです。お互い、名前を呼んだら、家の中のどこにいても、返事ができる、そんな大きさがいいと思います。

我が家が狭いなと思うようになったら、それは、私たち自身の「物欲」が肥大化したのかもしれません。モノに囲まれ、身動きができなくなった証拠でしょう。


ひょっとしたら、「家自身の大きさが、ステイタスを表すのだ」というひとがいるかもしれません。でも、それは器の小さい人間を相手にしているから、そんな言葉が出てくるのでしょう。


私たちは、周りの環境との調和を考えなければなりません。私たちが相手にしているのは、大自然です。役者が違うのです。私たちの家は、蒼蒼とした谷の懐にあります。どんなに背伸びをして、大きな家を建てても、里山の大きな、そして暖かい包容力の前には陳腐なモノにしかなりえません。


それよりも、小さく、さりげなく、あたかも、冬のシベリアからの渡り鳥たちには、「あれ?鳥かごの中に、人間が越冬しているのかな?」と思えるくらいの大きさがいいんじゃないかと、私たちは考えています。


Hear me calling your name. Hear the wind within the trees.
by Led Zeppelin

■ Slow,Small,Simpleな家づくり(その3)2017/01/01

2002年冬の我が家
2002年9月に開催された、富山建築士会主催のオープンハウスに協力した際にまとめた文章を修正して掲載しました。

/////////////////////////////////////////////

Our House In Green Valley(蒼い谷の家)
Slow(ゆっくり)Small(小さく)Simple(簡素に)

/////////////////////////////////////////////

「簡素」、言うまでもありません。人間は、飢えに耐えるようにできているようです。欠乏には、強靭だということでしょう。生きる力です。


ところが反対に、余剰な状態には、極めて脆弱なようです。いつ何時、飢えるかもしれないという危機システムが作動して、蓄え続けます。そして、自分で自分の生命をも縮めます。「肥満」、はっきり言って醜いでしょう。家も同じです。スマート・シンプルな方が美しいと思います。


もし、将来、エイリアンに征服されたとしたら・・・万事休すだったら・・・未練なく、堂々と、何も持たずに家を去ることができるような、そんなフットワークの軽い家がいい。天国へは、家を運べません。



To say good-bye is to die a little.
by Raymond Chandler

■ Slow,Small,Simpleな家づくり(その4)人探し編(1)2017/01/01

車庫の木組みの様子2000.07.27
2002年9月に開催された、富山建築士会主催のオープンハウスに協力した際にまとめた文章を一部修正して掲載しました。

/////////////////////////////////////////////

Our House In Green Valley(蒼い谷の家)
Slow(ゆっくり)Small(小さく)Simple(簡素に)

/////////////////////////////////////////////

「大工さん選びは、スーパーマーケット選びと同じ」
天野一男設計士の言葉より

== 大工さんに求めること ==

一生に一度有るか無いかの、我が家作りです。どの大工さんに依頼するか、私たちは迷いました。私たちが最初求めていた大工さんの条件は、

①木組みの伝統技を受けついている大工さんであること
②職人として腕がいいこと
③かかった費用の請求が、詳細・明確であること、そして
④遠い、近いにかかわらず親類ではないこと
でした。

①「木組みの伝統技を受けついている大工さんであること」について
我が家は、木造、束石上の柱立て、そして大事な構造部は金物を使わない木組みで固める在来工法(昔から行われてきた日本の建築工法)で建てることに決めていました。

人それぞれ好みがありますが、私たちは木の家が一番好きだったので、その木の家を、丈夫で長持ち、しかも補修しやすいものにするためには、在来工法が適していると思いました。ただし在来工法をうたっている大工さんの中には、金物を多く使う大工さんもおられるようです。私たちは時間がかかってもいいから、継ぎ手仕口を加工して、木組みで建ててくださる大工さんを求めました。


②「職人として腕がいいこと」について
誰でも腕のいい大工さんにお願いしたいものですね。大事な家ですから。


③「かかった費用の請求が、詳細・明確であること」について
この日までには入居したいという要望は、私たちにはありませんでした。家作りに3年かかろうが、5年かかろうが構いませんでした。いやむしろ、長くかかった方が、家を作る楽しみが長く続くので、むしろ歓迎でした。

職人さんには、暇な時に、心身共にもゆとりのある時に、いい仕事をしてもらいたかったのです。そして、1つの工程が終わった時点で、それぞれのかかった費用を支払っていきたいと思っていました。だから、1坪いくら、といったどんぶり勘定の支払いはしたくありませんでした。


④「遠い、近いにかかわらず親類ではないこと」について
この④番だけ、「・・ではない」といったネガティブな条件です。親類、特に遠い親類の大工さんの場合などは、どうしても自分たちの要望を言いにくい場合があります。私たちは、大工さんとドライな関係、要求や話し合いがしやすい関係を望みました。親類に限らず、要望を言いにくい人は遠慮したいと思っていました。

■ Slow,Small,Simpleな家づくり(その5)人探し編(2)2017/01/01

棟梁の宮田邦彦さん2000/07/28
2002年9月に開催された、富山建築士会主催のオープンハウスに協力した際にまとめた文章です。

/////////////////////////////////////////////

Our House In Green Valley(蒼い谷の家)
Slow(ゆっくり)Small(小さく)Simple(簡素に)

/////////////////////////////////////////////

== 家の建立、施主の自立 ==

人探し編(1)で記した考えのもと、伝統を継承している飛騨(古川)の匠や、古民家を再生しておられる八尾の棟梁などの情報を収集していた折、天野一男設計士さんより「大工さん選びは、スーパーマーケット選びと同じだよ」というアドバイスをいただきました。

この言葉の意味するところは、こういったことでした。「あなた達が、毎日の食材を買う際、どんなスーパーで買いますか?まず、家から近いスーパーでしょう。でも、一番近いスーパーとは限りません。質の良い、あなた達の好みに合った食材を揃えているスーパーを選ぶでしょう。」

つまり、家を建てるということは、建築中の一時のことではなく、そこに住み、将来的に家を維持管理していくことをも含んでいます。大工さんとの人間関係も、一時の関係ではなく、今後も末永くお付き合いできる関係が理想です。家の補修メンテナンスもあるでしょう。何より相談相手が近いところに住んでおられることは、とてもありがたいことです。距離的に近い人間関係はとても重要だと天野さんはおっしゃいました。

しかし、ただ近いから良いというわけではありません。施主の要望を真摯に聴いてくださり、それを具現化できる技術の持ち主を探しなさい、ということでした。

天野さんほどの方だったら、たくさんの腕のいい大工さんを知っておられると思います。中には、言葉で説明しなくても暗黙の了解で仕事ができる大工さんもおられることでしょう。にもかかわらず、私たちに、自ら探し、自ら選択し、自ら大工さんを決定する機会を与えられたのは、家を建てることそれ自体よりも、自分たちの家を建てることを通じて、大人になる、つまり社会的自立することを促されたのではないでしょうか。 

結局、私たちが我が家の新築の相談を持ちかけた大工さんは、初対面の宮田建築さんでした。