One’s Way[ワンズウェイ]のブログでは、里山暮らしのあれこれを綴ります。ヘンリー・ デイヴィッド・ソロー の影響を受け、エシカルな暮らしを追求中。薪ストーブを暮らしの核とし、菜園、ガーデニング、サイクリング、ランニングなどを楽しんでします。

■ 日暮里繊維街でリネンの端切れ購入、足踏みミシン4回目の登場です! by M2017/06/01

布巾を縫いました!
先週末、所用で東京へ行ったことはすでに記事にしました。2泊3日の日程にした理由は、29日(月)に日暮里繊維街へ行きたかったからです。繊維街のお店の多くは日曜が定休日のため、月曜日は朝から日暮里へ!

月曜日の午前中にもかかわらず、多くのお客様で繊維街は賑わっていました。外国からの観光客風な人も大勢見かけました。

上京前に下調べをし、土曜の夜に会った友人にもアドバイスをもらい、訪れたのはトマト本館、セレクト館、ノーション館、南和産業の4店でした。もう一店、安田商店3丁目店へも行ったのですがあいにく月曜日は定休日でした。

目的の一つがリネンの生地の購入でした。かなり前からリネン製の食器拭きを愛用中です。しかし、1枚800円と少々高額。そこで、生地を購入して縫おうと思ったということです。

あるある、特にトマト本館では様々な素材の生地がうず高く積まれていました。しかも安い!リネンも多数あったのですが、薄すぎたり、厚すぎたり、デザインがイマイチだったり…、結局、購入せずに南和産業へ向かいました。

南和産業は、土間に数本のリネン生地が置かれているだけでしたが、私が探していた色、質感の生地がありました。しかも、端切れが店先に置いてあり0.5mで400円弱と超お買い得でした。端切れを4枚購入しました。

そして、昨日の午後、2ヶ月ぶりにミシンを使用しました。前回は3月30日、この時も記事を書いています。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/03/30/8426699

結局、4枚端切れのうちの1枚はコースター用にとっておくことに。残り3枚の端切れから布巾を6枚作りました。1枚200円弱の材料費で完成です!が、交通費・宿泊費を考えるとお得だったのか否か…。

それはともかく目的は一つ達成しました。もう一つの目的は…、その時期が訪れたら記事にしたいと思います。

■ 水無月の庭で紫陽花咲き始める by M2017/06/01

今日から6月。庭の花にも変化がありました。

一番の変化は紫陽花が咲き始めたことです。トップを切って咲き始めたのは額紫陽花です。家の南西、妻部分のデッキ下に設けられた花壇には、造園当初はハマナスがありました。生育が悪かったため東側の花壇に移植し、後に紫陽花を定植しました。


ガクアジサイ
環境にあっていたのでしょう。定植後、紫陽花は毎年のように開花しています。同じ額紫陽花でも少しずつ色や形状が異なるので、違いも楽しめます。まず咲いたのが薄紫のものでした。


ユキノシタ
続いては、ユキノシタ。週末に訪れたGINZA SIX ガーデンでは既に花を咲かせていました。我が家の庭は、6月に入っての開花でした。


キョウカノコ
そして、キョウカノコ。ピンク色の小さな花が房状に咲いています。クヌギの下で山野草らしい佇まいです。


野バラ
野バラは、一昨年に私の実家の畑から移植しました。朝だけ日が当たる場所ですので、今年も花をつけてくれてホッとしています。


キンシバイとルー
そして車庫前の花壇では、キンシバイとルーの黄色が華やかさを醸しています。黄色は私の好きな色。エネルギーをもらえます。車庫前の黄色い花からいただいたエネルギーで今日も一日頑張れました。


玄関アプローチ2017.06.01
最後に、今朝の玄関アプローチです。ネムノキもようやく葉をつけ始め、濃い緑に覆われたアプローチとなりました。


■ 富山県に竜巻注意報発令中、でも… by M2017/06/02

縄文時代の高床式倉庫を模した我が家の軒
現在、竜巻注意報が富山県に発令中です。30分ほど前には雷を伴って激しい雨が降りました。

そんな時、本領を発揮するのが我が家の軒です。家を持つにあたり、私たちが参考にしたものの一つに弥生時代の高床式倉庫があります。高床なのはもちろんですが軒が伸びているため、雨が降っても外壁に雨があたりません。そのため、倉庫内の穀物類が水や湿気から守られるようになっています。

その仕組みを我が家にも取り入れたく、設計士の天野さんには形状は納屋のようにして、高床、そして軒をできるだけ長く出して欲しいとお願いしました。福井県大野市に行った時に見た軒の支えも取り入れてもらいました。

その結果が写真の軒です。外壁に雨が当たらないので、雨が降っていても窓を開けておくことがでます。

さて、さっきまで降っていた雨が上がり今は日が出ています。私が10代の頃、地球の二酸化炭素濃度は330ppmと習いました。今日のニュースでは400ppmを超えているとのこと。激しい気象が今後、さらに増すのかと思うと…。

自分の気持ちを落ち着かせるために、今は、私にできることを日々淡々とするだけです。

■ パヴェ増殖中です by M2017/06/02

増殖中のパヴェ
以前、パヴェについて記事を書きました。
http://onesway.asablo.jp/blog/2017/04/29/8504788

パヴェとは石畳のこと。ヨーロッパの石畳の道路に憧れて、夫が石を敷き始めたのは一昨年のことでした。途方も無いことを始めたと思っていましたが、いつしか石が敷き詰められパヴェがうちの庭にもできました。

そして、今年の春、パヴェを広げるために新たに利賀石を購入していました。イベント等でバタバタしており、搬入されてから2ヶ月ほどは放置されていたのですが、最近になって石敷きを再開したようです。

朝、庭に出てみると前日よりも石畳が広がっていました。その一方で、放置されていた利賀石の山は心なしか低くなったように感じます。一朝一夕には広くはなりませんが、気づいたら広くなっているのが、夫が敷くパヴェです。

雨が降るとぬかるむ箇所ですが、パヴェになればぬかるみから解放されます。焦らずに完成を待つことにします。

■ 軽トラックはエンジン付き大八車 by T2017/06/03

エンジン付きダイハチ車
金山里山に住む農家の方が語っておられました。
「最近は営農組合で田圃するようになって、軽トラックを持たない百姓の家が増えてきた。」
この言葉を聞いて僕は思いました。今こそ軽トラックの買い時だ!と。

17年前、ここ金山里山に移住してきた時、ほとんどの家々に軽トラックがありました。僕も薪を運んだりするのに便利だなと思いましたが、ステレオタイプ化には抵抗感があり、必要な時だけ軽トラをお借りしていました。しかし最近は金山里山の会の活動で山に入る機会がものすごく増え、とても不便な思いをしていました。そんな矢先の言葉でした。

聞くところによれば、軽トラックはアメリカで大人気だそうです。自分でメンテナンスし易く、設備がプリミティブでシンプル。開拓者精神を受け継ぐ国民性にマッチしているのでしょうか。ゼロから始めねばならない開拓者にとって生業(なりわい)は多岐にわたります。一人でいろいろなことをこなし、いろいろな困難を独力で克服せねばならない。

そういえばここ金山里山でも軽トラックを所有しておられる家は、田圃だけではなく山仕事や畑仕事など生業が多岐にわたっている家が多い。これぞ正真正銘百の姓。「ひゃくしょう」ではなく「ひゃくせい」。

ところで僕の将来設計には脱クルマ田舎生活というヴィジョンがあります。僕の認識では軽トラックはクルマではありません。軽トラックはエンジン付きリヤカーつまりエンジン付き大八車です。というわけでOne’s Wayが選択した軽トラックはダイハツ製です。